カテゴリ:※オフコース( 4 )

オフコース 全作品

b0033699_1914329.jpgオフコース(OFF COURSE)
1970年小田和正・鈴木康博・地主道夫の3人でレコードデビュー。すぐに小田と鈴木の2人になり、叙情的なフォークユニットとして活動。
76年にギターの松尾一彦、ベースの清水仁、ドラムスの大間ジローが加わり、「愛を止めないで」「さよなら」に代表されるバンドサウンドとなる。以降も数多くのヒット曲を生み出し、時代を代表するビッググループになった。1982年鈴木が脱退後、4人で活動を続けヒット曲を連発し、変わらぬ人気を博する。1989年に解散。


小田和正 ソロ は別ページ




1970~1978

d0022648_9322563.jpg
1970.04.05
群衆の中で/陽はまた昇る 

(ジ・オフコース時代デビュー曲)

ジャケ写の裏は小田和正の自筆の歌詞ノート
b0033699_67266.jpg



d0022648_9334424.jpg
1970.10.05 
夜明けを告げに/美しい世界



b0033699_10444633.jpg
1971.03.21
この胸に/きみまつと
夜明けを告げに/出発の日



d0022648_9342965.jpg
1972.04.25 
おさらば/悲しきあこがれ




b0033699_15402155.jpg
1973.02.20 
僕の贈り物/めぐり逢う今



1st 1973.06.05 僕の贈りもの
僕の贈りもの/よみがえるひととき/彼のほほえみ/水曜日の午後/地球は狭くなりました/でももう花はいらない/歩こう/ほんの少しの間だけ/貼り忘れた写真/静かな昼下がり/さわやかな朝をむかえるために
d0022648_1311944.jpgd0022648_13115530.jpg
1970年のデビューから合計4枚のシングルをリリースし、メンバーの出入りも経つつオリジナルの2人(小田和正、鈴木康博)としてアルバムをリリース。


d0022648_13171352.jpg
1974.04.05 
もう歌は作れない/はたちの頃



2nd 1974.05.5 この道をゆけば
プロローグ/すきま風/はたちの頃/日曜日のたいくつ/別れの情景(1)/別れの情景Ⅱ~もう歌は作れない/新しい門出/あの角をまがれば/若すぎて/のがすなチャンスを/首輪のない犬/ わが友よ
d0022648_134687.jpgd0022648_13465050.jpg
一流スタジオミュージシャンの村上ポンタ秀一、大村憲治、小原礼、高橋幸宏、高水健司を起用。それぞれがストリングス編曲をこなせるレベルに達している。


d0022648_1351110.jpg
1974.10.20 
忘れ雪/水いらずの午後



ライブ 1974.12.20 ライヴ・イン・コンサート
WHAT’S GOIN’ON/竹田の子守唄/白い一日/悩み多き者よ~傘がない/青春/秋ゆく街で/水曜日の午後/僕の贈りもの/のがすなチャンスを/白い帽子/別れの情景Ⅰ/キリストは来ないだろう/でももう花はいらない/僕の贈りもの
d0022648_14222047.jpgd0022648_14225773.jpg
1974年10月26日中野サンプラザでの模様を収めたライヴ・アルバム。赤い鳥の 「竹田の子守唄」 、井上陽水、小椋佳、ビートルズなどの曲をカヴァー。



d0022648_14282757.jpg
1975.12.20 
眠れぬ夜/昨日への手紙

最高位 48位



3rd 1975.12.20 ワインの匂い
雨の降る日に/昨日への手紙/眠れぬ夜/倖せなんて/ワインの匂い/あれから君は/ 憂き世に/少年のように/雨よ激しく/愛の唄/幻想/老人のつぶやき
d0022648_14422418.jpgd0022648_14425838.jpg

■「眠れぬ夜」、「愛の唄」も収録され、フォーク・ポップ・コーラスの魅力が増し、後々のオフコースの方向性が生まれた作品。



d0022648_1455350.jpg
1976.05.05 
ひとりで生きてゆければ/あいつが残したもの



d0022648_1456287.jpg
1976.10.05 
めぐる季節/ランナウェイ



4th 1976.11.05 SONG IS LOVE
ランナウェイ/ピロートーク/こころは気紛れ (アルバムバージョン)/ひとりで生きてゆければ/ひとりよがり/青春/めぐる季節/おもい違い/青空と人生と/恋はさりげなく/冬が来るまえに/歌を捧げて
b0033699_14392568.jpgd0022648_18352477.jpg

メンバーは小田和正、鈴木康博の2人だったが、ステージやレコーディングの現場ではドラムスの大間ジロー、ギターの松尾一彦、ベースの清水仁も加わり5人での活動が増えていく。


b0033699_10362781.jpg
1977.02.05 
こころは気紛れ (新録音)/あなたがいれば



d0022648_15491693.jpg
1977.08.05 
秋の気配/恋人よ そのままで



5th 1977.09.05 ジャンクション
INVITATION/思い出を盗んで/愛のきざし/潮の香り/秋の気配/変わってゆく女/あなたがいれば/恋人よ そのままで/HERO
d0022648_18381676.jpgd0022648_11283456.jpg
ヒットシングルの 「秋の気配」 を収録し、音楽ファンのみならず一般的な人気が高まっていった時期の作品。アコースティックな香りを残しつつ、オフコースのサウンドはよりポップ・テイストを強めていった。グループ名もここから「オフ・コース」から「オフコース」へと変更。


d0022648_15503751.jpg
1977.11.20 
ロンド/思い出を盗んで

最高位 89位



d0022648_15515287.jpg
1978.04.05 
やさしさにさようなら/通りすぎた夜



ベスト 1978.05.05 SELECTION Ⅰ 1973-78
やさしさにさようなら/通りすぎた夜/僕の贈りもの/でももう花はいらない/水曜日の午後/のがすなチャンスを/別れの情景1/眠れぬ夜/ワインの匂い/愛の唄/こころは気紛れ/青春/潮の香り/秋の気配
d0022648_18411780.jpgd0022648_18415326.jpg
1stアルバム  『僕の贈りもの』  から5thアルバム  『JUNKTION』  まで、第一期オフコースの魅力を凝縮した作品。アルバムに収録されていないシングル曲 「やさしさにさようなら」 「通りすぎた夜」 を収録。


d0022648_1651145.jpg
1978.07.20 
あなたのすべて/海を見つめて

最高位 82位



6th 1978.10.05 FAIRWAY
あなたのすべて/美しい思い出に/いつもふたり/夢/この空にはばたく前に/夏の終り/季節は流れて/失恋のすすめ/去っていった友へ-T氏に捧げる-/心さみしい人よ
d0022648_18514140.jpgd0022648_18521616.jpg
アルバムはメガ・ヒットの予兆を感じさせる内容で、シングル 「あなたのすべて」 と名曲 「夏の終り」 を収録。


次の ↓ ↓ ↓ ↓ ページへ
[PR]

by cress30 | 2003-09-10 11:50 | ※オフコース

オフコース 全作品

1979~1983  

d0022648_19555120.jpg
1979.01.20 
愛を止めないで/美しい思い出に

最高位 31位



d0022648_19573928.jpg
1979.06.05 
風に吹かれて/恋を抱きしめよう

最高位 41位



7th 1979.10.20 Three and two
思いのままに/恋を抱きしめよう/その時はじめて/歴史は夜つくられる/愛を止めないで/SAVE THE LOVE/汐風のなかで/愛あるところへ/生まれ来る子供たちのために 「いつもいつも」
b0033699_14374353.jpgb0033699_14382230.jpg
松尾一彦、清水仁、大間ジローの3人が正式メンバーとなった5人編成の第1作。「愛を止めないで」「生まれ来る子供たちのために」を含む、ロック色が強く出た仕上がり。



d0022648_1959562.jpg
1979.12.05 
さよなら/汐風のなかで

最高位 2位



d0022648_6223038.jpg
1980.03.05 
生まれて来る子供たちのために/この海に誓って

最高位 48位



ライブ 1980.05.05 LIVE
愛を止めないで/Run Away/恋を抱きしめよう/雨の降る日に/思いのままに/風に吹かれて/汐風のなかで/失恋のすすめ/老人のつぶやき/さわやかな朝を迎えるために/Chili’s Song/歴史は夜つくられる/君を待つ渚/SAVE THE LOVE/生まれ来る子供たちのために/さよなら/のがすなチャンスを/愛を止めないで/僕の贈りもの(インスト)
d0022648_86177.jpgd0022648_863846.jpg
バンド色を明確に打ち出した。79~80年に行ったツアー「Three and Two」を中心に、それ以前の貴重なコンサート音源も収録したライヴ盤。



d0022648_624150.jpg
1980.06.21 
Yes.No/愛が終わる時

最高位 8位



8th 1980.11.21 We are
時に愛は/僕等の時代/おまえもひとり/あなたより大切なこと/いくつもの星の下で/一億の夜を越えて/せつなくて/YesNo/私の願い/きかせて
d0022648_8304970.jpgb0033699_854251.jpg
シングル 「Yes-No」 をはじめとして、「時に愛は」 「一億の夜を越えて」 を収録。この作品のレコーディング時に鈴木康博がグループの方向性に疑問を投げかけ、脱退の気持ちをメンバーに伝えている。 鈴木脱退の気配を漂わせた作品。


d0022648_6251548.jpg
1980.12.01 
時に愛は/僕等の時代

最高位 35位



d0022648_6261558.jpg
1981.01.21 
I LOVE YOU/夜はふたりで

最高位 6位



ベスト 1981.09.01 SELECTION Ⅱ 1978-1981
風に吹かれて/夏の終り/愛を止めないで/せつなくて/生まれ来る子供たちのために/さよなら/Yes-No/愛の終わる時/一億の夜を越えて/いくつもの星の下で/I LOVE YOU
d0022648_8365929.jpgd0022648_8374716.jpg
オリジナル・アルバム作品に収められていなかったシングルの 「さよなら」、「I LOVE YOU」、「生まれ来る子供たちのために」を収録し、メガ・ヒットとなっている。オフコース中期のベスト選曲の内容。



d0022648_6272014.jpg
1981.12.01 
愛の中へ/Chistmas Day

最高位 23位



9th 1981.12.01 over
心はなれて/愛の中へ/君におくる歌/ひととして/メインストリートをつっ走れ/僕のいいたいこと/哀しいくらい/言葉にできない/心はなれ
d0022648_845953.jpgd0022648_8454531.jpg
 『We are』 に続きビル・シュニーをエンジニアに起用、安定感のあるオフコース・サウンドに崇高感さえ漂う音作りとなったアルバム。タイトルや収録曲は、翌年の鈴木康博の脱退を匂わせている。



d0022648_6281159.jpg
1982.02.01 
言葉にできない/君におくる歌

最高位 37位



d0022648_6285717.jpg
1982.06.10 
Yes.Yes.Yes/メインストリートをつっ走れ

最高位 6位



10th 1982.07.01 I LOVE YOU
YES-YES-YES/素敵なあなた/愛のゆくえ/哀しき街/揺れる心/きっと同じ/かかえきれないほどの愛/決して彼等のようではなく/I LOVE YOU (アルバムヴァージョン)
d0022648_10995.jpgd0022648_1095951.jpg
東芝EMIがその技術を駆使して贈る、完全デジタル・マスタリング盤。オフコースのシリーズでは5本目となる本作は「YES-YES-YES」や「I LOVE YOU」をはじめ、「哀しき街」、「きっと同じ」など、往年の名曲を9曲収録。クリアかつ、迫力あるサウンドが楽しめる。



サウンドトラック 1982.09.21 NEXT
メドレー/流れゆく時の中で/眠れぬ夜/さよなら/一億の夜を越えて/さよなら/NEXTのテーマ~僕等がいた/流れゆく時の中で/アイ・ラヴ・ユー/YES-YES-YES/NEXTのテーマ
d0022648_962123.jpgd0022648_97039.jpg
1982年9月に放送されたTBSテレビ 『テレビ・シティー・スペシャル』 のサウンド・トラック盤。オフコースのひとつのピークの時点に作られた記念アルバム。


b0033699_88115.jpg
1983.8.21 愛をよろしく/ラララ.....

鈴木康博

オフコース脱退後のソロデビュー曲



ベスト 1983.11.03 YES-YES-YES
僕の贈りもの/眠れぬ夜/秋の気配/やさしさにさようなら/愛を止めないで/さよなら/生まれて来る子供たちのために/Yes-No/時に愛は/I LOVE YOU/言葉にできない/YES-YES-YES
d0022648_8502794.jpgd0022648_8512341.jpg
1982年7月30日の日本武道館でのコンサートを最後に一度解散した、オフコースのアナログ盤でリリースされたベスト。ジャケット写真に脱退した鈴木康博も使用した公式ベスト盤。この作品は未CD化のため、多くのライナーノートで、大手アマゾン等でもジャケット写真が掲載されていない。




次のページ ↓ ↓ ↓ ↓ は 再結成後へ
[PR]

by cress30 | 2003-09-10 11:49 | ※オフコース

オフコース 全作品

1984~88

d0022648_6444560.jpg
d0022648_16284630.jpg
1984.04.21 
君が、嘘を、ついた/愛よりも

最高位 2位



b0033699_8165833.jpg
1984.05.01 ALONE/夏が過ぎても

鈴木康博

ソロ 第二段



11th 1984.06.21 The Best Year of My Life
恋びとたちのように/夏の日/僕等の世界に/君が,嘘を,ついた/緑の日々/愛を切り裂いて/愛よりも/気をつけて/ふたりで生きている
d0022648_16411247.jpgb0033699_17422394.jpg
4人になって第1弾の三年間という限定活動期間を設けて再スタート。シングルの 「君が嘘をついた」 「緑の日々」 を収録。



d0022648_16304323.jpg
1984.07.18 
夏の日/君の倖せを祈れない

最高位 15位



b0033699_8225645.jpg
1984.09.01 SO LONG/愛のないラブソング

鈴木康博

ソロ 第3段



d0022648_16315052.jpg
1984.09.21 
緑の日々/CITY NIGHTS

最高位 14位



b0033699_9182371.jpg
1984.11.21 
STARLIGHT SERENADE/素敵にシンデレラ・コンプレックス

鈴木康博

ソロ 第4段



d0022648_1732765.jpg
1985.02.21 
call/2度目の夏

最高位 7位



d0022648_1743247.jpg
1985.05.21 
たそがれ/LAST NIGHT

最高位 7位



12th 1985.08.01 Back Streets of Tokyo
フール(ホワット・ダズ・ア・フール・ドゥ・ナウ)/セカンド・チャンス/ラヴズ・デタミネーション/ハー・プリテンダー/アイズ・イン・ザ・バック・オブ・マイ・ハート/メロディ/ラヴズ・オン・ファイア/エンドレス・ナイツ
d0022648_16563232.jpgd0022648_16571722.jpg
自作の曲をすべて英語で歌うアルバムを発表。発音も専門家の手ほどきを受けてすべてに完璧を期す。タイトルも英語。コンサートは常に超満員。ハーモニーとサウンドの美しさはやはり一級品



ベスト 1985.08.31 BEST COLLECTION
★SIDE A  群衆の中で / 陽はまた昇る /夜明けを告げに/美しい世界/もう歌は作れない/はたちの頃 /眠れぬ夜   ★SIDE B  愛を止めないで (シングルヴァージョン)/さよなら/Yes-No (シングルヴァージョン) /I LOVE YOU/YES-YES-YES (シングルヴァージョン)
b0033699_15115398.jpgb0033699_15122240.jpg
ベスト・コレクションはオフコース通算4作目のベストアルバム。ジ・オフ・コース名義でリリースした  「群衆の中で」 「夜明けを告げに」 のシングルを中心に編纂された、レコード会社主導によるベスト・アルバム。
すべてシングル・ヴァージョンが収録されているところが特徴。既に脱退している鈴木が在籍時のオリジナル音源。アルバムの製作スタッフおよび楽曲ごとのパーソネルの記載はなく、歌詞カードにはメンバーの集合写真、レコード中袋にはライブステージの演奏写真がそれぞれ掲載されている。



b0033699_8304310.jpg
1985.06.21 
City Woman/ある晴れた日に

鈴木康博




d0022648_17211729.jpg
1985.09.21 
夏から夏まで/ぜんまいじかけの嘘

最高位 9位



d0022648_17223785.jpg
1985.11.30 
ENDLESS NIGHTS/
EYES IN THE BACK OF MY HEART
b0033699_5504454.jpg

最高位 26位



b0033699_91289.jpg
1985.11.30 
微笑のうしろに/琥珀色のつぶやき

鈴木康博



b0033699_8355120.jpg
1986.06.23 
TOGETHER/エンドレスサマー

鈴木康博



b0033699_15524188.jpg
1986.11.01 1985/哀しみを、そのまま

小田和正のソロ1作目シングル
(オフコース在籍時に制作)



d0022648_17235092.jpg
1987.03.04 
ITS ALL RIGHT/ITS ALL RIGHT (インストロメンタル)

最高位 20位



b0033699_22355235.jpg
1987.01.21
君について

鈴木康博


13th 1987.03.25 アズ・クロース・アズ・ポッシブル
もっと近くに/イッツ・オール・ライト(エニシング・フォー・ユー)/ガラスの破片/白い渚で/タイニー・プリティー・ガール/ラヴ・エヴァーラスティング/アイム・ア・マン/心の扉/シーズ・ゴーン/嘘と噂
d0022648_1984763.jpgd0022648_1992585.jpg
1986年1年の各自個別の活動が見事にじわりと効いた熱い手応えの新作。冷静な視線がくっきりと今を見通している。それだけに耳あたりのよさが必要なのだろう。シニカルに気持をひるがえしても誰もすくわれはしないということ。ホーンの薬味がよく効いている



b0033699_9195540.jpg
1987.05.25 
もっと近くに/Tiny Prety Girl

CX系 『なるほど! ザ・ワールド』 テーマ
最高位 29位



b0033699_2394542.jpg
1987.06.10
STEP INTO THE SUNSHINE/遥かなる願い

鈴木康博



ベスト 1987.07.05  SELECTION Ⅲ 1984~87
IT’S ALL RIGHT/君が,嘘を,ついた/夏の日/君の倖せを祈れない/緑の日々/call/たそがれ/LAST NIGHT/夏から夏まで/ぜんまいじかけの嘘/時代のかたすみで (せめて,今だけ)
d0022648_6192335.jpgd0022648_620126.jpg
オフコース通算5作目のベスト。4人になってからは初のベストトラック。セレクションシリーズ第三弾のタイトルでリリース。Ⅰ、Ⅱとコンセプトが異なり、アルバム未収録シングル曲を中心に選曲された。



b0033699_21475982.jpg
1987.10.26 
おやすみマイ・ラブ/MOONLIGHT SERENADE

鈴木康博



d0022648_18253934.jpg
1988.01.25 
君住む街へ/君住む街へ(インストロメンタル)

最高位 11位



b0033699_15552060.jpg
1988.03.05 
僕の贈りもの/After Forever

小田和正2作目のシングル。オフコースのデビュー曲の焼き直し。
(オフコース在籍時に制作)



14th 1988.06.09 STILL A LONG WAY TO GO
君住む街へ/シーズ・ソー・ワンダフル/アイ・キャント・スタンド・ディス/陽射しの中で/夏の別れ/スティル・ア・ロング・ウェイ・トゥ・ゴー~また会う日まで/多分その哀しみは/逢いたい/悲しい愛を終らせて/僕らしい夏/昨日見た夢
b0033699_1440596.jpgd0022648_19373336.jpg
オリジナルラストアルバムでアナログ盤としても最後。この後、2枚のシングルをリリースし、オフコースとしての活動に終止符。安心のブランドとなって久しいオフコースだけに,ブランド・イメージを保つ品質の作品を指示している。コンピュータもの多用の音作りと生音ハーモニーとの均衡を崩している。



d0022648_18265389.jpg
1988.07.25 
Shes so wonderful/陽射しの中で

最高位 80位

b0033699_554550.jpg
ITS ALL RIGHT/昨日見た夢



d0022648_18275560.jpg
1988.10.25 
夏の別れ/逢いたい

(オフコース、ラストシングル)

最高位 82位


b0033699_23332437.jpg
1988.11.26
A MERRY LITTIL Xmas

鈴木康博




ベスト 1989.02.01 君住む街へ 1984~88
昨日見た夢/夏の日/イッツ・オールライト/君の倖せを祈れない/白い渚で/逢いたい/気をつけて/エンドレス・ナイト/もっと近くに (アズ・クローズ・アズ・ポッシブル) /シーズ・ソー・ワンダフル/アイム・ア・マン/君が,嘘を,ついた/夏の別れ/タイニー・プリティ・ガール/緑の日々/君住む街へ
d0022648_6261084.jpgd0022648_6265051.jpg

オフコース通算6作目のベストアルバム。初CD化としいうこともあって、収録曲を意識したという。アルバムに未収録だった2枚のシングルを含むベスト。片翼飛行のハーモニーになってからのオフコースのベストで,色の濃淡を表現するグラデーション部分にかなりムラが出ているが,以前陰になっていた部分に光を当てて浮き立たせてもいる。結果として静かに収束へと向かっていたのだと納得させる。




次のページ ↓ ↓ ↓ は 代表的なベストへ
[PR]

by cress30 | 2003-09-10 11:45 | ※オフコース

オフコース 全作品

2006.12.06 i (ai)
今までのベストとは一線を画す、全ての時代を網羅した東芝EMIとしてよりリリースする初のオールタイムベストであり、メンバー公認の通算7枚目の公式ベストアルバム。ファンの人気投票上位曲を反映するなど、ファンとつくったベストであり、アルバム・アーティストであるオフコースの世界を今に伝える選曲。 DVD 「TRACE THE HISTORY OF OFF COURSE」 付!

01 愛を止めないで
b0033699_6464016.jpg02 Yes-No
03 言葉にできない
04 秋の気配
05 さよなら
06 めぐる季節
07 水曜日の午後
08 僕の贈りもの
09 別れの情景(2)~もう歌は作れない
10 愛の唄
11 眠れぬ夜
12 夏の終り
13 風に吹かれて
14 思いのままに
15 私の願い
16 心はなれて


b0033699_649132.jpg 2
01 僕等の時代
02 YES-YES-YES
03 時に愛は
04 愛の中へ
05 哀しいくらい
06 せつなくて
07 一億の夜を越えて
08 いくつもの星の下で
09 Christmas Day
10 I LOVE YOU
11 君が、嘘を、ついた
12 夏の日
13 緑の日々
14 君の倖せを祈れない
15 君住む街へ
16 生まれ来る子供たちのために


DVD
01 愛を止めないで
02 さよなら
03 YES-NO
04 言葉にできない



TWIN BEST
b0033699_1254518.jpgb0033699_716368.jpg

TWIN BEST
1996年9月19日にリリースされた企画編集ツインベスト。各15曲ずつ収録された2枚組ベスト・アルバム。1枚目は「さよなら」「Yes-Yes-Yes」「言葉にできない」「愛を止めないで 」などヒット曲を中心に、2枚目はアルバム収録曲を中心に構成。 マニアの間で、選曲等で評価が高い作品。ジャケット写真にイラストが使われた。

武道館コンサート1982.6.30
b0033699_739267.jpgb0033699_7401415.jpg

これはDVD。解散ライブがいまだにCD化されていない分、映像としてリリースされたのが本作。

シングルス 21
上は 1989年12月20日に発売 (TOCT-5620-22) で初期価格5000円と高額だった。
1973年の 『僕の贈り物』 ~1982年の 『YES-YES-YES』 迄のオリジナルメンバー鈴木康博在籍時に発表した全シングルAB面の曲をリリース順に収録したベスト。オリジナルアルバム未収録のトラックも多数あり、マニア向けの編集。ライナーノートにディスコグラフィーのジャケ写が掲載されていないのが難。
b0033699_15213989.jpgb0033699_9164059.jpg

下は1998年3月28日に再発した『シングルス21』 でジャケ写デザインと価格が一新された。ブックレットの代わりにオリジナル・ジャケット両面をCDサイズにコピーした歌詞カードが封入されたのが目玉。価格も3000円と安価になった。

b0033699_1561672.jpgb0033699_924711.jpg




スーパー・ベスト
ディスク:1
1. 僕の贈りもの
b0033699_2353422.jpg2. 水曜日の午後
3. でももう花はいらない
4. 歩こう
5. さわやかな朝をむかえるために
6. 別れの情景2~もう歌は作れない
7. のがすなチャンスを
8. 倖せなんて
9. ワインの匂い
10. 雨よ激しく
11. 愛の唄
12. 幻想
13. こころは気紛れ
14. 青春
ディスク:2
1. めぐる季節
2. 歌を捧げて
3. 思い出を盗んで
4. 潮の香り
5. 秋の気配
6. ヒーロー
7. あなたのすべて
8. 夏の終り
9. 心さみしい人よ
10. 思いのままに
11. 恋を抱きしめよう
12. 愛を止めないで
13. セイヴ・ザ・ラヴ
14. 生まれ来る子供たちのために~いつもいつも
ディスク:3
1. 時に愛は
2. 僕等の時代
3. 一億の夜を越えて
4. イエス・ノー
5. 私の願い
6. 愛の中へ
7. メインストリートをつっ走れ
8. 言葉にできない
9. 心はなれて
10. イエス・イエス・イエス
11. 素敵なあなた
12. 揺れる心
13. アイ・ラヴ・ユー
14. さよなら

エキスプレス時代のオフコースの3枚組ベスト。全42曲,ファンなら一気に聴いちゃうんだろうなあ。たしかに,曲づくりも上手いし,サウンドも心地良く,飽きない。売れて当然だった,と再確認した。「さよなら」はKGBバンドのやつも聴いてしまいました



グレステスト1969~1987
公式デビュー曲から36枚目のラストシングルまでのA面36曲を収録したシングル集。東芝からファンハウスまでのレーベルで初の一通ベスト。
b0033699_0233233.jpgb0033699_022044.jpg



レアトラック
オリジナルアルバムに未収録だった音源を集めたベスト。初期価格が2300円と安価だった。
b0033699_0253062.jpgb0033699_0263168.jpg


A面コレクション
YES‐NO~シングルA面セレクション
地主道夫がメンバーだった幻のデビュー曲 「群衆の中で」 が収録されている。この時期は既存トラックをあの手この手で駆使した企画物が数多くリリースされているが、これもオフコース公式ライブラリーに記載されていない。

b0033699_0292281.jpgb0033699_0324910.jpg


B面コレクション

シングルB面セレクション
これは裏ヴァージョン。とはいえライヴでおなじみの曲も多く、B面としたのが不思議と思うような曲ばかり。A面と比較して小田和正以外のメンバーの曲が多い。このベストも95年8月10日にレコード会社主体の企画で発売。オフコースでは非公式扱いとなっている。

b0033699_0302172.jpgb0033699_037989.jpg



スーパー・ベスト 30b0033699_23363181.jpgb0033699_23373674.jpg




オフコースボックス
ファーストアルバム 「僕の贈りもの」 からオリジナルサウンドトラックの 「NEXT」 まで、 オフコースのオリジナルとライヴをセットにした缶入りBOX。1998年11月21日、オリジナル・アナログからリマスタリングで初回限定で1万セット発売。
b0033699_1134118.jpg

b0033699_11361478.jpgb0033699_11393443.jpg



上記掲載以外のベストは近々アップ準備中 (2003.9)
[PR]

by cress30 | 2003-09-10 11:40 | ※オフコース