カテゴリ:■村下孝蔵( 1 )

村下孝蔵 全シングル

Last Up Dated:2010.03.05

b0033699_0304610.jpg村下 孝蔵 (むらした こうぞう) 熊本県水俣市出身。
1980年シングル 「月あかり」 で公式デビュー。地道なライブ活動でファンを獲得した事が実り、1981年 「春雨」、1982年に 「ゆうこ」 が話題となる。1983年に発売したヒット曲 「初恋」 は、三田寛子と田尾安志がCMでカバーして話題となった (三田は単独でシングルとしても発売)。続いて発売した 「踊り子」、 「少女」、 「夢のつづき」 も好評だった。これらのヒットにより、英語を使わずに日本語を用いた丁寧な情景描写による歌詞と、旧来の歌謡曲と洋楽や日本のグループサウンズのメロディーを融合させた様な、繊細かつ親しみやすい曲調を奏でるシンガーソングライターとして認知される。
「初恋」 ヒット時、テレビ番組への出演は所属レコード会社の意向で一切無くて控えられていたが、本人は至って前向きな姿勢で後年機会があれば出るようになった。とくに、1990年代半ば、憧れだった加山雄三とテレビ番組で共演してからはかなり積極的になり、さらに村下のファンであった山田邦子と意気投合し、彼女の出演している番組に度々呼ばれるようになった。
1999年6月20日、東京駒場のスタジオでコンサートのリハーサル中に突然体調不良を訴え、当初は救急車も呼ばずスタッフ付添のもと自力で病院を訪れたが、診察で高血圧性脳内出血と判明した直後に昏睡状態に陥り、4日後の24日に死去した、46歳没。
曲風と本人の人柄のためか生前はやや地味な存在であった。しかし、作詞作曲能力・歌唱力・ギターテクニックはいずれも非凡であった。コンサートでは「ひとりベンチャーズ」なるギターソロを披露したこともある。あまりにも早い死を惜しむ声は今でも多い。




村下孝蔵 全シングル

村下の幻のデビューシングル。公式でも触れられていない。
1st single
1973.9.30 ひとりぼっちの雨の中/街
d0022648_1003289.jpg


2nd single
1980.05.21 月あかり/松山行きフェリー
d0022648_2024271.jpg


3rd single
1981.01.21 春雨/歌人
d0022648_20245886.jpg


4th single
1981.06.21 帰郷/未成年
d0022648_948197.jpg


5th single
1982.04.21 ゆうこ/陽炎
d0022648_20313428.jpg


6th single
1983.02.25 初恋/丘の上から
d0022648_2036372.jpg

d0022648_20321058.jpg


7th single
1983.08.25 踊り子/冬物語
d0022648_20324391.jpg


8th single
1984.04.01 少女/花れん
d0022648_20505456.jpg


9th single
1984.09.21 夢のつづき/似顔絵
d0022648_20512638.jpg


10th single
1986.04.21 かざぐるま/幸せの時間
d0022648_20515590.jpg


11th single
1986.11.21 ねがい/とまりぎ
d0022648_21223381.jpg


12th single
1987.05.21 哀愁物語/美し過ぎるミステイク  (村下孝蔵&中林由香)
d0022648_9594658.jpg


13th single
1987.09.21 陽だまり/白い花の咲く頃
d0022648_20534422.jpg


1988.07.01 初恋 ミニアルバム
b0033699_22542537.jpg


14th single
1988.11.21 風のたより/ネコ
d0022648_11405597.jpg


1989.03.21 初恋/少女
b0033699_2245372.jpg


1999.01.21 初恋/踊り子
b0033699_2248233.jpg


プロモ盤 
ソネット/幸せのメロディ
d0022648_9294054.jpg


15th single
1990.06.21 ソネット/禁じられた遊び
d0022648_219394.jpg


16th single
1991.03.21 アキナ/タカハシ
d0022648_11393019.jpg


17th single
1991.11.21 この国に生まれてよかった/帰宅
d0022648_11402134.jpg


18th single
1992.09.21 一粒の砂/ひとりごと
d0022648_123439.jpg


19th single
1992.11.21 ロマンスカー/ピンボール
d0022648_11424543.jpg


20th single
1994.07.01 つれてって/りんごでもいっしょに
d0022648_2111374.jpg


21st single
1996.06.21 16才/あなた踊りませんか
d0022648_211125100.jpg


22nd single
1998.10.31 同窓会/素直
d0022648_11384275.jpg


※「哀愁物語」 と 「美し過ぎるミステイク」 と中林由香について
b0033699_12564844.jpgこの2曲はもともと中林由香という九州の音楽祭に優勝し、当時の村下の事務所のトップがスカウトした高校生の曲として書かれた。
村下孝蔵の曲の前にTVドラマに使ったにもかかわらず売れなかったシングルを出し、そのトップの面子にかけても売ろうということで、村下孝蔵が曲を書かされた。
しかし彼女には学校もありキャンペーンも思うように企画できず (色々と予定が変わり) 結局途中で学校に戻ってしまった。
この曲は始めてシングルになったデュエット曲だが、中林由香にはキーが高く、村下孝蔵には低いということで機械処理された。中林由香は1986年 TBS系テレビ 愛の劇場 「わが子よⅥ」 のオープニング曲 『輝きたいの/ガラスのハイヒール』 で、すでにレコードデビューも果たしていた。




2005.06.22 七夕夜想曲~村下孝蔵最高選曲集
01.月あかり [4:13]
02.春雨  [4:36]
b0033699_7304410.jpg03.帰郷  [3:32]
04.ゆうこ  [3:23]
05.初恋  [3:39]
06.踊り子  [4:08]
07.少女  [3:43]
08.夢のつづき  [3:52]
09.かざぐるま  [3:13]
10.ねがい  [3:23]
11.陽だまり  [4:00]
12.哀愁物語 ~哀愁にさようなら~  [4:11]
13.風のたより  [4:26]
14.ソネット  [3:34]
15.アキナ  [4:01]
16.この国に生まれてよかった [3:24]
17.一粒の砂 [5:15]
18.ロマンスカー  [5:39]
19.つれてって  [4:21]
20.16才  [5:03]
21.同窓会  [4:24]
22.ひとりぽっちの雨の中  [4:27]
23.雪が降る日に (ライブ音源)  [3:11]
24.氷の世界 (ライブ音源)  [3:44]
25.影を慕いて (ライブ音源)  [2:53]
26.22才の別れ (ライブ音源)  [3:36]
27.夜行列車  [4:15]
■全シングル盤A面 (1~21) と未発表だったカヴァー曲のライヴ・テイク4曲を収録した2枚組ハイブリッド仕様の編集盤。
[PR]

by cress30 | 2002-10-03 19:52 | ■村下孝蔵