「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:●財津和夫( 2 )

財津和夫  全作品 1

Last Up Dated:2012.06.04

b0033699_13192688.jpg財津和夫 1948年2月19日生まれ、福岡県出身。 
1972年、東芝レコードより「魔法の黄色い靴」でデビュー。3作目の「心の旅」(1973年)がオリコン・チャート第1位を獲得後、「青春の影」 (1974 年)、「虹とスニーカーの頃」(1979年)等のヒット作を発表。コンサート1000回を記念し、よみうりランドを1日貸し切って「TULIP LAND」と題した「1000th LIVE」(1982年) 、芦ノ湖畔にシンボル・パゴタの塔を建てての野外コンサート「8.11 パゴタ」(1984年)など、チューリップは現在のJ-POPアーティストの先駆けとなる大イベントを数多くこなす。チューリップはアルバム34枚、シングル34枚を発表、1244本のコンサートを行い、1989年、18年間の歴史を閉じる。(尚、チューリップは1997年以降、期間限定で再結成し、全国ツアーを行なっている。)

チューリップの活動と並行して1978年からソロ活動をスタート。「WAKE UP」(1980年)はセイコーのCFソングとなり大ヒット、1993年には「サボテンの花~ひとつ屋根の下より~」がフジテレビ系ドラマの主題歌となる。作曲家として楽曲提供、アーティスト・プロデュース、ミュージカル音楽制作、俳優などとしても幅広く活躍している。

財津和夫 公式サイト




チューリップは別ページに

財津和夫 ソロ作品 1978~1992

1st 1978.05.05 宇宙塵 UCHUJIN 
アーティストやコンポーザー、そして俳優と幅広く活躍するチューリップの財津和夫が、1978年に発表した初ソロ・アルバム。スピルバーグに捧ぐ、とクレジットされた男のロマンと財津らしい遊び心が溢れる1枚。
●SOMETHING IN THE SKY/根雪/二人だけの夜/土砂降りの日/酒の唄/Blue Train (もしも今でも君がひとりなら)/もし、それが……/虚心未遂/悪魔の子守唄/光の輪
b0033699_14251946.jpgb0033699_1427185.jpg




b0033699_14332797.jpg
1st single
1978.05.20 
二人だけの夜/悪魔の子守歌




b0033699_14441314.jpg
2nd single
1979.12.20 
WAKE UP/ル・デクラン 




2nd 1980.04.25 I need you and YOU
アーティストやコンポーザー、そして俳優と幅広く活躍するチューリップの財津和夫が、80年にリリースした2ndアルバム。チューリップ充電期間に研ぎ澄まされた美メロを、隅々まで行き届いた音の響きが包む、優しく壮大な1枚。
●逃避行/まるで子供のように/不思議なときめき/My Sleazy Babe/恋と愛の間/君のせいじゃない/WAKE UP/I need you and YOU/あなたはだれ
b0033699_20382397.jpgb0033699_20385799.jpg




b0033699_1573091.jpg
3rd single
1980.10.05 
一枚の絵/そしてまたあなたへ 




ライブ 1980.12.25 The Round About Way
1980年9月22~26日渋谷パルコ劇場 (東京) でのソロライヴ

●OPENING MC/悪魔の子守唄/My Sleazy Babe/ぼくが愛した犬どんパ/まるで子供のように/一枚の絵/そして また あなたへ/ともだちのあなただから/私から年老いたあなた方へ/たしかな愛/Yesterday/スカイラインのテーマ/青春の影
b0033699_71842.jpgb0033699_703139.jpg




b0033699_1446121.jpg1985.06.01 今だから/B面 インストロメンタル

With 財津和夫、松任谷由美、小田和正

「オール・トゥゲザー・ナウ」 用制作された松任谷由美、小田和正、財津和夫の共作。B面はインストゥルメンタル。 ソロ・ヴァージョンはアルバム 「Z氏の悪い趣味」 に収録。


●オール・トゥゲザー・ナウについて ※ 右画像はクリックで717×1023サイズに拡大設定 ↓
b0033699_11211712.jpg
1985年6月15日に国立競技場で行われたニュー・ミュージック系アーティストが一同に介したジョイント・コンサート。財津和夫はブレッド&バター、チェッカーズとともにアカペラで 「涙のリクエスト」、バックに姫野、宮城と松本淳を加えて 「心の愛」 を共演。さらに松任谷由美、小田和正らとシングル発売した 「今だから」 を歌った

■当日のセットリスト

おまえが欲しいだけ/Yes-No (吉田拓朗、オフ・コース)/星空のディスタンス (アルフィー)/君の友達 (ラッツ&スター、アン・ルイス)/こっちをお向きよソフィア (山下久美子)/チャンス (白井貴子)/贈る言葉 (武田鉄也)/涙のリクエスト/心の愛 (財津和夫、ブレッド&バター、チェッカーズ)/神田川 (南こうせつ、さだまさし、イルカ)/さよならアメリカ、さよならニッポン (はっぴいえんど)/ダウンタウンボーイ/シンガプーラ/中国女/渚・モデラ-ト/ブレイキング・ポイント/シンガプーラ (松任谷由美、加藤和彦、高橋幸宏、高中正義、後藤次利、坂本龍一)/今だから (松任谷由美、小田和正、財津和夫)/ヤング・ブラッド/ニュー・エイジ (佐野元春&ハートランド)/夕方ホールド・オン・ミー (サザン・オール・スターズ、佐野元春)




b0033699_14445451.jpg
4th single
1986.01.01 
償いの日々 (with 原みどり)/愛にふれたとき


b0033699_158443.jpg
5th single
1987.01.01 
ラブ・ストーリーを君に/サボテンの花




3rd 1987.01.01 City Swimmer
杉真理、松尾清憲、ケラ、呉田軽穂 (松任谷由美) らに曲を提供してもらっただけでも、興味がわく。サウンドは重みがあり、都会の夜を感じさせ、アルバムコンセプトに完全にマッチしている。それらを地方出身の財津和夫が見事に歌い上げている。
●真夜中のルビー/にせ者のシンデレラ/ドリームレス・ナイツ/シティ・スウィーマー/僕のエントゥランスメント(間奏:幻想即興曲op66)/都会の月/償いの日々/愛にふれたとき/湾岸ビルヂング
コロムビア移籍第一弾
b0033699_20403342.jpgb0033699_20407100.jpg




b0033699_15372237.jpg
6th single
1987.10.01 
太陽のゴール /ONE AND ONLY


b0033699_450153.jpgb0033699_451556.jpg
1988.03. Straight Way (非売品)

近畿ろうきんが1988年財津和夫にイメージソングを依頼した曲。
この曲はのちに97年チューリップ再結成の翌年、ソロ活動開始後、ソロアルバム 『ONE WORD(98年10月21日リリース)』 に収録された。制作音楽出版会社はパイオニアLDC株式会社。




4th 1987.12.21 Z氏の悪い趣味
●白いパラソル/ラブ・ストーリーを君に/サボテンの花/ふたつの鍵/今だから/LOVE SONG/心の糸/青春の影/水色の朝~エピローグ
b0033699_6413295.jpgb0033699_20442740.jpg


b0033699_9252290.jpg
1988.11.21 ナイト・ビフォー・クリスマス

子供たちのためのクリスマス(5:04)
冬のメイン・ストリート (4:38)
■オムニバスアルバム 『THE NIGHT BEFORE CHRISTMAS』 はコロムビア企画物。財津和夫作詞作曲のクリスマスソングは翌月、シングルカットされた。




b0033699_15381265.jpgb0033699_1539381.jpg
7th single
1988.12.01 
冬のメインストリート/子供たちのためのクリスマス




ベスト 1990.01.18  14ENTRANCE 財津和夫ソロ・ベスト
東芝からの財津和夫ソロとしての初ベストアルバム。
●切手のないおくりもの (2:23)/一枚の絵 (3:48)/根雪 (2:44)/二人だけの夜 (3:13)/酒の唄 (6:00)/Blue Train (3:41)/もしそれが… (3:03)/光の輪 (5:07)/逃避行 (3:22)/まるで子供のように (4:07)/不思議なときめき (4:00)/WAKE UP (4:29)/I need you and You (10:11)/ あなたはだれ (2:24)
b0033699_2125257.jpgb0033699_21243726.jpg




b0033699_15564616.jpgb0033699_15572794.jpg
8th single
1990.06.10 
Dream With You/青春の影 (アルバム未収録ヴァージョン)




5th  1990.10.01 I must be crazy
5作目となるソロ・オリジナルアルバム。チューリップ解散後の初ソロ作品だけに,回顧的と思える5をはじめとして落ち着きを感じさせるが,彼にとってのひとつの時代の終りと別れを告げる作品と聴こえたりもする。淡々と歌われる感傷だけに。
●ふたりだけのスクリーン/サイド・シート/白いシャツの君/永遠の日々/12才/君の指/未来を残さないで/Dream With you/3フィートの高さから
b0033699_21272063.jpgb0033699_21265541.jpg




b0033699_4575293.jpgb0033699_4581977.jpg
1991.04.01 この道を歩いて来たから  (非売品)

福岡出身の財津和夫が地元の短大からの直接依頼で作詞作曲した校歌。このころの財津は外部依頼の仕事を積極的にこなしている。この道はの詞が多く使われている。
このCDも制作音楽出版会社はパイオニアLDC (2003年にジェネオン エンタテインメントに社名変更) が制作。




ベスト 1991.10.01  The Best of Kazuo Zaitsu

●償いの日々(with 原みどり)/City Swimmer/ラブ・ストーリーを君に/冬のメイン・ストリート/青春の影/今だから/サボテンの花/君の指/ふたりだけのスクリーン/愛にふれたとき/子供たちのためのクリスマス/Drem with you
コロムビアからのベスト
b0033699_21303361.jpgb0033699_2130631.jpg




b0033699_1655180.jpgb0033699_16553227.jpg
9th single
1991.11.21 
子供たちのためのクリスマス/冬のメイン・ストリート/青春の影




b0033699_16561597.jpgb0033699_16564367.jpg
10th single
1992.04.25
ミス・ベスト・ワン/時が経てば




6th  1992.04.25 もうひとつの愛
●もうひとつ」の愛/ミス・ベスト・ワン/君の部屋のソファ/愛してる/急行の停まる街/満月の夜の罠/僕の気持ち、君の気持ち/君のそこが/時が経てば
パイオニアLDC移籍第一弾
b0033699_533572.jpgb0033699_531052.jpg




b0033699_16572699.jpgb0033699_16575754.jpg
11th single
1992.11.11
誰が許す君のわがままを/本当の言葉




b0033699_574398.jpgb0033699_582871.jpg
1993.04.01 風はみらい色 (佐賀県イメージソング・ 非売品)

財津和夫が佐賀県の依頼で作った曲。
『風はみらい色』 の歌詞は佐賀県内外に公募して選ばれた。
作曲と歌を財津和夫が担当し、佐賀のイメージソングとして県内で使用(県庁の電話保留音など)されている。著作権は佐賀県が持っている。パイオニアLDC株式会社が制作。




7th  1992.12.10 CALL
新曲は1曲だけで、残りはすべて昔の曲をリメイクしたアルバム。アレンジも変え、サウンドも新しくて、少しは楽しめたけど、歌っている人が同じだと結局、雰囲気が変わらない。肉声は一番の楽器と言われるゆえん。新曲 「誰が許すの君のわがままを」 がこのアルバムのサウンドと一番合っていた。
●銀の指環/ハーモニー/ぼくがつくった愛のうた/WELCOME TO MY HOUSE/逆回転/一人の部屋/そんな時/魔法の黄色い靴/サボテンの花/心の旅/誰が許すの君のわがままを
b0033699_552278.jpgb0033699_545882.jpg




次のページへ
[PR]

by cress30 | 2001-04-29 12:55 | ●財津和夫

財津和夫  全作品 2

財津和夫 1993~2012


b0033699_1701676.jpgb0033699_1704649.jpg
1993.04.21
サボテンの花 (87Version)/青春の影 (90Version)
コロムビアが版権の旧譜音源からリリース。
アルバム 「Z氏の悪い趣味」 からの87年ヴァージョン。
●サボテンの花 (87Version) 4:36 
●青春の影 (87Version) 4:30




b0033699_1714313.jpgb0033699_17295.jpg
12th single
1993.04.28 
サボテンの花 (オリジナルサウンドトラック)/しわくちゃのスーツ





ベスト 1993.06.09 MINI BEST from TV
●サボテンの花<ひとつ屋根の下より>/ミス・ベスト・ワン/本当の言葉/誰が許すの君のわがままを/銀の指環/君の部屋のソファ
b0033699_573386.jpgb0033699_57514.jpg




8th  1993.10.08 ネイキッド・ハート
しっとりと落ち着いた財津節を,聴かせてくれる。20年以上のキャリアで,幾度かの大きな節目を経ている彼。ソロ活動開始も転機のひとつだったのだろうが,何度目かの安定期を迎えたようだ。誰もが一聴して彼のものと解る音楽を悠々と紡ぎ出している。
●Naked Heart/愛を待たせてる/メルティング/昼のジェラシー/1962で抱きしめたい/ホテル リゾナーレ/何も考えないで/Jodie/Mexicoへ青い空
b0033699_5264275.jpgb0033699_5261816.jpg




b0033699_1725245.jpgb0033699_1731735.jpg
13th single
1993.11.10
メルティング/Mexicoへ青い空




ベスト 1995.02.22  ビッグアーティストベスト 財津和夫
東芝在籍時音源からのベスト、6枚のシングル(1.3.9.11.12.13)に、他はファースト、セカンドアルバムからのセレクト。 ラストの 『切手のないおくりもの 』 は、MHKみんなのうたでon air された貴重なトラック (初CD化)
●一枚の絵 (3:46)/根雪 (2:42)/二人だけの夜 (3:09)/酒の唄 (5:57)/Blue train(3:38)/もし、それが(2:58)/光の輪 (5:04)/逃避行 (3:19)/WAKE UP(4:25)/I need you and you(10:09)/悪魔の子守歌 (3:47)/ル・デクラン (3:56)/そして また あなたへ (4:10)/まるで子供のように (4:04)/不思議なときめき (3:57) /切手のないおくりもの (2:19)
b0033699_5304454.jpgb0033699_5302198.jpg




b0033699_20172987.jpgb0033699_2018521.jpg
14th single
1995.04.26
Everlasting/愛はちっとも難しくない/バタートーストかじって




9th  1995.05.12 愛はちっとも難しくない
財津和夫の特徴のひとつは“優しさ”であるが、その“優しさ”が今回は際だっている曲が多い。聴いていて幸せな気持ちにさせてくれ、気分も明るくなる。「愛はちっとも難しくない」ははったりでなく、愛がいっぱい詰まったアルバム。
●愛はちっとも難しくない/プロポーズの手紙/約束の海/君がいない朝/Everlasting/愛の森/別れという愛/信じない者は救われない/バタートーストかじって/ふたりのステージ
b0033699_528235.jpgb0033699_5275554.jpg




b0033699_20183843.jpgb0033699_2019795.jpg
1996.05.22  サボテンの花/Weekday love woman
財津本人が出演の宝焼酎 『純レジェンド』 のTV-CFイメージ・ソングに使われたことでリリース。
録音は1993年リリース時の4:45テイク。


ベスト 1997.4.23 ベスト オブ 財津和夫 サボテンの花~ひとつ屋根の下より
この頃、1年間の限定で活動を再開していたチューリップ。本作は、その中心メンバーである財津和夫がソロとして発売した作品の中から、ヒット曲を中心にセレクトしたベスト盤。「サボテンの花」などは、チューリップの歌と聴き比べてみるのも面白いかも。
●サボテンの花 〈ひとつ屋根の下"より〉(4:43) /ぼくがつくった愛のうた ~いとしのEmily~ (3:47) /銀の指環(2:43) /一人の部屋(4:21)/WELCOME TO MY HOUSE (3:40) /ミス・ベスト・ワン(4:14)/(4:16)/誰が許すの君のわがままを(4:33) /1962で抱きしめたい(3:48)/メルティング(4:28) /本当の言葉(5:05)/Weekday love woman(4:50)/バタートーストかじって(1:50)/Everlasting(4:42)/約束の海(4:17)/心の旅(5:29)/魔法の黄色い靴(3:34)/サボテンの花(5:06)
b0033699_5321190.jpgb0033699_531472.jpg




b0033699_2019417.jpgb0033699_20203630.jpg
15th single
1997.04.23  ひまわりの家/ひまわりの家 (オリジナルカラオケ)
映画 「クレヨンしんちゃん・暗黒タマタマ大追跡」 エンディング・テーマ。財津和夫がはじめて子供向けアニメの曲を担当。劇場用だったので観覧した者以外はあまり耳にする機会がなかった。 「ひまわりの家」 はアルバムには未収録でこのCDシングルのみのリリース。




b0033699_20211071.jpgb0033699_20215180.jpg
16th single
1998.05.21  
ユア・ベスト・フレンド/ちょうど




b0033699_20224626.jpgb0033699_20231461.jpg
17th single
1998.09.23  
ストーヴ/ぼくは君のゴミじゃない




10th  1998.10.21 ONE WORD
メンバーであった宮城伸一郎がプロデューサーとして参加して、TULIPファンなら気になる作品。50歳を迎えて、財津和夫の音楽に対する心境の変化がうかがえる。アルバムは、決して懐古趣味におちいらず、今の音楽制作を楽しんでいることを感じさせる。佳作が並ぶ質の高い作品に仕上がっていて、特に「ストーヴ」は一押し。
●ONE WORD/闘う男/ぼくは君のゴミじゃない/君もいつかはシルバーシート/My Dear/ふたりだから/Straight Way/ちょうど/夜明けの街角/ユア・ベスト・フレンド/ストーヴ
ビクター移籍第一弾
b0033699_6272865.jpgb0033699_6265765.jpg




b0033699_20234438.jpgb0033699_2024973.jpg
18th single
1999.06.23  
FOR YOUR SONG/それがボクのおとうさん




b0033699_20245836.jpgb0033699_20252997.jpg
19th single
1999.09.22  
GOAL/この世の端(はし)でも




11th  1999.10.21 PRIVATE MOON
ショート・ストーリーのブックレット付きのアルバム。物語に沿って曲をつくるやり方は、チューリップの時代に「ぼくがつくった愛のうた」で行われていたが、さらに遡ると、ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」が思い出されるのではなかろうか。これらの作品は、冒険の物語を題材にしていたが、今回の物語は、悲しくて残酷な大人の童話である。財津独特のメランコリーな世界観がいっぱい楽しめる作品に仕上がっている。
●プロローグ/PRIVATE MOON/夢の鍵/見えないパラダイス/ここまでおいで/バラ色のドア/あなたをください/あなたの知らないこと/どこまでも追いかけて/この世の端(はし)でも/GOAL
b0033699_6282942.jpgb0033699_6275726.jpg




ベスト 1999.12.22   BEST SELECTION
パイオニアLDC在籍時の楽曲から選りすぐった名曲ばかりを集めたベスト盤。大ヒット曲 「サボテンの花」 を筆頭に、シンプルで美しいメロディを存分に味わえる。
●心の旅/Ever lasting/銀の指環/急行の停まる街/ぼくがつくった愛のうた~いとしのEmily~/1962で抱きしめたい/約束の海/一人の部屋/ハーモニー/バタートーストかじって/誰が許すの 君のわがままを/メルティング/魔法の黄色い靴/時が経てば/サボテンの花
b0033699_629415.jpgb0033699_629885.jpg




b0033699_9303396.jpg
2000.03.21 ガラスの地球を救え
大阪ABC朝日放送が主催で2000年3月から始まった手塚治虫の残したメッセージ 「ガラスの地球を救え」 から地球環境を考えるキャンペーン。
このキャンペーンは現在も行われている。財津和夫パートは2001年2月~3月のテーマソングとして作られた 『さわぐ心』 。当初この曲は2001年秋リリースのアルバムに収録予定とされていたが結果、2001年6月21日リリースの初マキシの3曲目に収録される。




b0033699_20372841.jpg
20th single
2001.06.21 
ふたりなら/小さな奇蹟/さわぐ心




12th 2001.09.21 rainbows
コンセプトは60年代サウンド。ハートウォーミングな歌声はいつの時代においても不変。あるミュージシャンとの会話の中で 「1960~70年代の録音と現在の音の違いは何か?」 という話題になった。彼が即座に答えたのは、マイクとアンプの間に存在する「空気」が入っているかいないかの違いだ、とのこと。今回の作品でJ-POPのオリジネイターの1人財津和夫がこだわったのは、その時代のアナログ風な空気感をいかに再現するかということである。どの曲からも聴こえてくるアコースティックギターや歪んだギターの音色は、現在のデジタルな音と違い暖かく優しいあの時代のポップスサウンドを届けてくれる。
●虹の雫/虹色の心~あるいは母の掌/金色の草原/in the rain/遠い約束/青春の季節/あなたをみている/止まった時計/あの日見た虹/エピローグ
b0033699_6305253.jpgb0033699_6302545.jpg




b0033699_20375065.jpgb0033699_20382293.jpg
2001.09.22 ファーストシーン/ファーストシーン(カラオケ)

藤和不動産の秋の販売促進キャンペーンソング。
財津和夫のアーティスティックなイメージ、信頼感、安心感、親しみやすさ、メッセージ性が社の目指すイメージと合致するということで、キャンペーン・キャラクターに起用。




企画 2002.08.07 SONGS~CINEMATIC
チューリップ時代の超名曲の数々を映画音楽を意識したオーケストレーションで再構築した好企画盤。どの曲も心象風景が浮かぶような詩的なアレンジで、オリジナルとはまた違った美しい表情を見せる。要所に少しずつ織り込まれる財津のヴォーカルも効果的。
●たしかな愛/サボテンの花/さよなら道化者/MEDLEY/心の旅~一人の部屋~娘が嫁ぐ朝/I LOVE YOU/約束/魔法の黄色い靴/青春の影/MEDLEY/虹とスニーカーの頃/MEDLEY~愛の窓辺 ~ぼくがつくった愛のうた
b0033699_632212.jpgb0033699_6313416.jpg




アカペラ 2003.10.22 ZAITSU SONGS~ア・カペラ~
いまだに根強い人気を誇るチューリップの財津和夫がアカペラアルバムを企画しました。あの伝説の兄妹デュオ、カーペンターズのリチャード・カーペンターも参加し、海外の豪華アーティストと本人の共演で財津サウンドの名曲を見事にリメイクしています。
●サボテンの花/たしかな愛/セプテンバー/I dream/Someday Somewhere/魔法の黄色い靴/ふたつの鍵/メドレー 1)虹色の心(あるいは母の掌)/HEART OF RAINBOW(OR LOVE THROUGH MOTHER'S PALM) /心の旅/虹とスニーカーの頃/WAKE UP/私のアイドル/青春の影/星をちりばめて/サボテンの花~メルティング
b0033699_633329.jpgb0033699_6323254.jpg




セルフ 2004.09.01 サボテンの花~grown up
財津和夫のセルフ・カヴァー・アルバム。
チューリップ時代、ソロ、そして他アーティストへの提供曲まで、彼のキャリアを辿ることができる1枚。すべて新録音。

●WAKE UP/娘が嫁ぐ朝/君でなければ/生きるといふこと/恋人への手紙/サボテンの花/バイバイもうさよならさ/届かぬ夢/切手のないおくりもの/会いたい/心の旅/恋と愛の間(ライブ)/サボテンの花(ライブ)/青春の影(ライブ)
b0033699_639133.jpgb0033699_6384981.jpg




13th 2009.10.28 ふたりが眺めた窓の向こう
音楽活動38年の財津和夫が、他アーティストによる作品提供・共作コラボレーションを含む8年ぶりの最新オリジナルソロアルバム「ふたりが眺めた窓の向こう」をリリース。
これまでソングライターとして600曲以上の楽曲を作り、200曲以上の楽曲を提供してきた財津さん。今回の作品は、長年のキャリアを背景にした人々との「繋がり」をテーマに、自らの新曲だけでなく、いろいろなアーティストからの楽曲提供も含んでの発表。

愛の力/幸せは始まっていたのに/こもれび/風のみえる部屋/クイズ/今 君を抱くから/窓の中のふたり /不器用な男/手紙にかえて/愛していたい/バイバイロマンス/昨日からのメッセージ/世界一好き
b0033699_10105791.jpgb0033699_10103888.jpg




ベスト 2009.12.06 財津和夫の曲たちI ~究極!財津和夫の名曲ここに集結!!
貴重な永久保存版 !TULIPリーダー財津和夫として、初となるソロ・オフィシャル・ベスト・アルバム。1990年以降、数々のソロ・ワークスで見せた珠玉の楽曲が、垣根を越えて収集
1. WAKE UP
b0033699_1018057.jpg2. 一枚の絵
3. 太陽のゴール
4. ONE AND ONLY
5. 冬のメイン・ストリート
6. 子供たちのためのクリスマス
7. Dream With You
8. サイド・シート
9. 白いシャツの君
10. 君の指
11. サボテンの花 <ひとつ屋根の下より>
12. メルティング
13. 「ストーヴ」
14. ふたりだから
15. GOAL
16. さわぐ心
17. 会いたい
18. 心の旅
19. 切手のないおくりもの



b0033699_1415317.jpgオムニバス   2009.12.16 財津和夫の曲たち Ⅱ
TULIPのリーダー、財津和夫が多くのアーティストに提供してきた楽曲、および、他アーティストによる財津和夫楽曲のカバーを集めた作品集。 松田聖子「白いパラソル」、沢田知可子「会いたい」 、 RAG FAIR「君でなければ」、 平原綾香「 星つむぎの歌」ほか名曲集。

松田聖子、吉田栄作、沢田知可子、MOOMIN、平原綾香、木ノ内みどりなどへ提供した楽曲を各々が新録で収録。




ベスト 2012.03.21 財津和夫ワークス~40周年を記念して~
国内ポップ・シーンの礎ともなったバンドTULIP時代からソロ活動に至るまでの財津和夫の音楽史的ワークス集。TULIPのデビュー40周年(2012年時)イヤー第一弾企画作品。財津和夫作詞作曲による財津和夫名義、もしくはTULIP名義でリリースされた楽曲で構成。色褪せることのない佳曲が改めて堪能できる保存盤
1. 魔法の黄色い靴
b0033699_10211152.jpg2. 心の旅
3. 夢中さ君に
4. 青春の影
5. サボテンの花
6. ロック地獄
7. 夕陽を追いかけて
8. 切手のないおくりもの (初CD化)
9. 虹とスニーカーの頃
10. 愛の窓辺
11. WAKE UP
12. 一枚の絵
13. さよなら道化者
14. 12才
15. 急行の停まる街
16. 「ストーヴ」
17. My Dear
18. この世の端でも
[PR]

by cress30 | 2001-04-29 12:52 | ●財津和夫