「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:◆CAROL(キャロル)( 1 )

●キャロル 全シングル&アルバム

Last Up Dated:2011.12.30

b0033699_1427235.jpgキャロル(CAROL)
1972年デビュー、1975年解散。 3年という短期間の活動ながらも強いインパクトを残し、以降の日本ロックシーンに絶大な影響を与えた伝説のバンド。
プロデビューにおいては、内田裕也のレーベルか、ミッキー・カーチスのレーベルかでメンバーは迷った(ほぼ同時期に誘いを受けていた)。結局、バンドは内田に丁寧に侘びをいれ、ミッキーを選んだ。 しかし、金銭的にバンド側に著しく不利な契約を長期で結んでしまい、後にバンドはミッキーとも袂を分かつ。
ジョニーは当時、ドラッグに依存する生活ぶりで破綻をきたしていたこともあり、何度か失踪を繰り返していた。矢沢がバンド・マスターとしての地位を確立。暫くは3人での活動を進め、ジョニーを待ち、探したが出て来なかったので新しくメンバーを加えて活動した時期も。

◎矢沢永吉別ページ

◎ジョニー大倉別ページ

◎内海 利勝別ページ


矢沢永吉  ジョニー大倉  内海利勝 ユウ岡崎

b0033699_158425.jpg




1st single
1972.12.20 ルイジアンナ/最後の恋人
d0022648_7182078.jpg


2nd single
1973.1.25 ヘイ・タクシー/恋の救急車
d0022648_7192111.jpg


3rd single
1973.2.25 やりきれない気持ち (シングルバージョン)/ホープ
d0022648_7195591.jpg


4th single
1973.3.25 レディ・セフセンティーン/愛の叫び
d0022648_7203133.jpg


1st 1973.3.25 ルイジアンナ キャロル 
d0022648_19592291.jpgd0022648_20151362.jpg
A 
1.ルイジアンナ
2.ヘイ・タクシー
3.やりきれない気持
4.ホープ
5.恋の救急車
6.最後の恋人

B 
1.グッド・オールド・ロックン・ロール
d0022648_2017762.jpg2.メンフィス・テネシー
3.ワン・ナイト
4.トゥティー・フルティー
5.ジョニー・B・グッド
6.カンサス・シティー
3ヶ月連続シングルリリースという画期的なデビューシングル3枚とビートルズ等のカバー収録。ドラムスは相原誠「ホープ・ワンナイト」の他は岡崎ユウ。



5th single
1973.4.25 彼女は彼のもの/憎いあの娘
d0022648_7271677.jpg


6th single
1973.5.25 0時5分前の最終列車/二人だけ
b0033699_2255710.jpg

7th single
1973.6.25 ファンキーモンキーベイビー/コーヒーショップの女の娘
d0022648_7281471.jpg


2nd 1973.7.25 ファンキーモンキーベイビー
d0022648_21132676.jpg
d0022648_2114019.jpg
A 
1. ファンキー・モンキー・ベイビー
2. 憎いあの娘
3. レディ・セブンティーン
4. コーヒー・ショップの女の娘
5. 恋する涙
6. 二人だけ  

B 
1. 愛の叫び
d0022648_21211590.jpg2. ハニー・エンジェル
3. いとしのダーリン
4. 彼女は彼のもの
5. ミスター・ギブソン
6. 0時5分の最終列車
大ヒットの 「ファンキー・モンキー・ベイビー」他、キャロルの名をしらしめたオリジナルアルバム。毎月リリースのシングルもタイトルチューンまでの6枚で一区切り、



ライブ 1973.12.21 ライブ・イン リブ・ヤング
d0022648_21353883.jpgd0022648_21361919.jpg
A 
1. ヘイ・タクシー
2. 最後の恋人
3. レディ・セブンティーン
4. コーヒー・ショップの女の娘
5. 憎いあの娘
6. ファンキー・モンキー・ベイビー 

B 
1. 彼女は彼のもの
d0022648_21371131.jpg2. やりきれない気持
3. 愛の叫び
4. ルイジアンナ
5. 恋の救急車
6. ジョニー・B・グッド
1973年10月23日にフジテレビ第一スタジオで収録したリブヤングの中でのライブ。演奏された曲はこの他にもあったが、当時のアナログ時代の収録時間からこの収録になった。



b0033699_10533475.jpgb0033699_10565544.jpgこちらはカセット盤。

アナログでは収録がカットされた

トラックが収められた。

セットリストの曲順も異なる。


(画像クリックで拡大します)



8th single
1974.2.05 涙のテディーボーイ/番格ロックのテーマ
d0022648_7543110.jpg


9th single
1974.7.25 夏の終わり/泣いてるあの娘
d0022648_755624.jpg


3rd 1974.7.25 キャロル・ファースト
d0022648_21491976.jpgd0022648_21501360.jpg
A 
1. CAROL(子供達に夢を)
2. ヘイ・ママ・ロックン・ロール
3. 夢の中だけ
4. 素敵な天使
5. カモン・ベイビー
6. 甘い日々 

B  
1. ズッコケ娘
b0033699_1526386.jpg2. ふられた男
3. 娘(クーニャン)
4. ビブロス・ピープル
5. 雨のしずく
6. 悪魔の贈り物
7. CAROL
解散の噂もあったころに製作されたオリジナルアルバム。タイトルのファーストの意味はメンバーが初めて作詞作曲を担当したことからによるもの。同時リリースシングルは未収録



10th single
1974.12.10 ラストチャンス/変わりえぬ愛
d0022648_7555186.jpg
d0022648_7561517.jpg


ベスト 1974.12.25 キャロル・ゴールデン・ヒッツ
6ヵ月連続のシングル発売と,伝説になるべくデビューを飾ったキャロル。1975年の衝撃的な解散までの3年の間に、音楽の垣根を超えてさまざまな影響を残して駆け抜けた伝説のロックンロールバンド、キャロル。全盛期のヒット曲を満載したベストアルバム。ジョニー大倉のつづる繊細な詞をつつむ甘い声と矢沢永吉のキャッチーで美しいメロディの上で踊るヴォーカルが絶妙にからみ合う。ロックンロールを見事に開花させたオリジナルアルバム未収録曲の 『夏の終り』 『番格ロックのテーマ』 『泣いてるあの娘』 『涙のテディー・ボーイ』 4曲が収録されたベスト。
d0022648_9121299.jpg

A 
1.夏の終り 
2.番格ロックのテーマ 
3.泣いてるあの娘 
4.ヘイ・タクシー 
5.やりきれない気持ち 
6.憎いあの娘 
7.恋の救急車 
8.ファンキー・モンキー・ベイビー 

B 
1.涙のテディー・ボーイ 
d0022648_91436.jpg2.彼女は彼のもの 
3.ハニー・エンジェル 
4.いとしのダーリン 
5.レディー・セブンティーン 
6.愛の叫び 
7.0時5分の最終列車 
8.ルイジアンナ



1975.3.25
ルイジアンナ/涙のテディー・ボーイ/ファンキー・モンキー・ベイビー/番格ロックのテーマ
d0022648_20263737.jpg


1975.4.25 GOOD-BYE CAROL
b0033699_15472535.jpgd0022648_0421238.jpg
A 
1. ルイジアンナ 
2. ヘイ・タクシー 
3. やりきれない気持ち 
4. 恋の救急車 
5. 最後の恋人
6. 涙のテディー・ボーイ
7. ラスト・チャンス 
8. 捨てたはずのコイン 
B
d0022648_0463117.jpg1. ドライヴィング・スクール(試作)
2. ファンキー・モンキー・ベイビー 
3. 同
4. 憎いあの娘
5. グッド・オールド・ロックン・ロール~のっぽのサリー
6. メンフィス・テネシー
7. 緊急電話


b0033699_19314876.jpg● A面の (1~5) はデモテープで全曲英語。6.7は、シングル用のデモテープ。8は、ソロ活動を控えていた 「恋の列車はリバプール発」 の原曲デモ。B面の3~6は、1975.1.19の日大講堂に於けるライブ音源。7は最後のスタジオ録音トラック。全体にデモカセット音源で構成された矢沢所有のテープがレコード化。ジャケ写真も初回分 (左) は無地で、再発 (中) でも大してデザインの変化はない。画像クリック拡大


1975.4.25
ラストチャンス/やりきれない気持ち/夏の終わり/レディセブンティーン
d0022648_2027568.jpg


ライブ 1975.5.15 ラスト・ライブ 1975.4.13
d0022648_0554036.jpgd0022648_111590.jpg

A
1. ファンキー・モンキー・ベイビー  
2. 憎いあの娘  
3. グッド・オールド・ロックン・ロール  
4. メンフィス・テネシー  
5. 涙のテディ・ボーイ  
6. やりきれない気持  
d0022648_152312.jpg7. 変わり得ぬ愛  

8. ビブロス・ピープル  
9. ユーヴ・リアリー・ガッタ・ホールド・オン・ミー  
10. 愛の叫び  
11. ヘイ・ママ・ロックン・ロール  

12. ヘイ・タクシー  
d0022648_182874.jpg13. 夏の終り
14. ゲスト紹介  
15. ジョニー・B・グッド  
16. ズッコケ娘~スローダウン  
17. ルイジアンナ 
D 
18. エニタイム・ウーマン  
19. ファンキー・モンキー・ベイビー  
20. ラスト・チャンス

72年から75年の解散までの3年間という短い活動期間ながら、日本を代表する伝説のバンドとしてファンを魅了し続けているキャロル。1975年4月13日、東京日比谷野外音楽堂で行われた解散コンサートのドキュメントをライブ収録。



1975.5.15
ルイジアンナからファンキーモンキーベイビー、ライブ・イン リブ・ヤング、キャロル・ファーストの4枚が解散を機にデザインが一層され再リリースされた。このジャケ写はのちにオリジナルに戻るこの時期のみのものだった。
d0022648_18134075.jpgd0022648_1814672.jpgd0022648_18153377.jpgd0022648_1816987.jpg


b0033699_132429.jpgb0033699_1331995.jpg


ベスト 1975.9.25 キャロル アプローズ
2枚組ベスト。とい言っても、1stアルバム 『ルイジアンナ』 と 2ndアルバム 『ファンキー・モンキー・ベイビー』 の2枚をAB面をそれぞれ差し替えただけのもの。当時の価格が3800円なので、それぞれそろえるより安価だった
d0022648_928490.jpg
1.ルイジアンナ
2.ヘイ・タクシー
3.やりきれない気持
4.ホープ
5.恋の救急車
6.最後の恋人
B 
1. 愛の叫び
2. ハニー・エンジェル
3. いとしのダーリン
4. 彼女は彼のもの
5. ミスター・ギブソン
6. 0時5分の最終列車  
d0022648_942087.jpgC 
1. ファンキー・モンキー・ベイビー
2. 憎いあの娘
3. レディ・セブンティーン
4. コーヒー・ショップの女の娘
5. 恋する涙
6. 二人だけ  
D 
1.グッド・オールド・ロックン・ロール
2.メンフィス・テネシー
3.ワン・ナイト
4.トゥティー・フルティー
5.ジョニー・B・グッド
6.カンサス・シティー



1975.11.25 
ルイジアンナ/ホープ/ミスターギブソン
d0022648_2042972.jpg
 
ヘイ・タクシー/いとしのダーリン/番格ロックのテーマ
b0033699_236594.jpg

ファンキー・モンキー・ベイビー/コーヒー・ショップの女の娘/ジョニー・B・グッド
d0022648_20424337.jpg

ハニー・エンジェル/憎いあの娘/恋する涙
d0022648_20431360.jpg
 
0時5分の最終列車/最後の恋人/二人だけ
b0033699_9564281.jpg

レディ・セブンティーン/恋の救急車/ハニー・エンジェル
b0033699_235228.jpg
 
涙のテディ・ボーイ /愛の叫び/彼女は彼のもの
b0033699_21175148.jpg



1976.3.5
キャロルとディスコ・パーティー

キャロルはA面のみ
B面は、クック・ニック&チャッキー、つのだ・ひろ、ミッドナイト・スーパー
b0033699_9314425.jpgb0033699_9212274.jpg
b0033699_9252424.jpg



1976.4.25
d0022648_2074411.jpg
d0022648_1955754.jpg
b0033699_14122260.jpg
d0022648_19553573.jpg
d0022648_1956639.jpg


ベスト 1976.5.25 ゴールデン・ヒッツ・マークⅡ
チャック・ベリーの代表曲を陽気にカヴァー、好きな女の子にもてあそばれるジレンマを描いたポップなロックナンバーなど、第一弾ベストとタブらない選曲。73年の1stアルバム 『ルイジアンナ』 から1974年の
d0022648_9531578.jpg4thアルバム 『キャロル・ファースト』 までの作品。アルバム未収録だったラストシングル曲 『ラスト・チャンス』 『変わり得ぬ愛』 をセレクト。いわくつき (録音を逆回転した箇所がワイセツ音) だった 『緊急電話』 も選曲された。洋楽ロックへのあこがれやバンドの勢いが伝わってくる熱いベストアルバムの第2段


A 
1.緊急電話 
2.ジョニー・B・グッド 
3.ズッコケ娘 
4.素敵な天使 
5.ワン・ナイト 
d0022648_9561756.jpg6.ヘイ・ママ・ロックン・ロール 
7.娘(クーニャン)
8.変わり得ぬ愛 
B 
1.ラスト・チャンス 
2.グッド・オールド・ロックン・ロール 
3.夢の中だけ 
4.ビブロス・ピープル 
5.カモン・ベイビー 
6.悪魔の贈り物 
7.カンサス・シティー 
8.キャロル



1977.6.10 イントロデューシング・キャロル
d0022648_10591026.jpg
このアルバムは当時のフォノグラムがプロモーション用の音源の便乗の発売だったもの。A面はファーストアルバムの 「ホープ」 を除くもの。これは、ドラムの相原誠が脱退したため、ホープのレコーディングのクレジットを除くための苦肉の策。B面は音楽業界者のイナタビュー。 『やりきれない気持』  『恋の救急車 』 はオリジナルとは別ミックスが収録されている。

A
1.ルイジアンナ
2.ヘイ・タクシー
d0022648_1114829.jpg3.やりきれない気持
4.恋の救急車
5.最後の恋人

B
1.星加ルミ子 (元ミュージック・ライフ編集長)
2.篠山紀信 (写真家)
3.井上尭之 (音楽家)
4.木崎義二 (音楽評論家)



1979.6.25 キャロル・ゴールデン・ヒット
b0033699_20204849.jpg1975年12月25日にリリースしたベストに 「ミスター・ギブソン 」 「コーヒー・ショップの女の娘」 「最後の恋人」 「二人だけ 」 の4曲を追加編集したもの。当時の矢沢のソロ活動に便乗したもの。
A
1. 夏の終わり
2. 番格ロックのテーマ
3. 泣いてるあの娘
4. ヘイ・タクシー
5. やりきれない気持
6. ミスター・ギブソン
7. 憎いあの娘
8. 恋の救急車
9. コーヒー・ショップの女の娘
b0033699_20234579.jpg10. ファンキー・モンキー・ベイビー

B
1. 涙のテディー・ボーイ
2. 彼女は彼のもの
3. ハニー・エンジェル
4. 最後の恋人
5. いとしのダーリン
6. レディ・セヴンティーン
7. 二人だけ
8. 愛の叫び
9. 0時5分の最終列車
10. ルイジアンナ



1979.7.25 
ファンキー・モンキー・ベイビー/ルイジアンナ
d0022648_20572184.jpg


1979.8.25 
夏の終わり/涙のテディー・ボーイ 
d0022648_2058324.jpg


1979.10.25 ゴールデン・ヒッツ・マークⅡ
b0033699_20325960.jpg同名の76年5月の既発盤に 「ふられた男」 「トゥティ・フルティー」 「甘い日々」 「雨のしずく」の4曲を追加編集したもの。こちらの編集はアルバムから選曲されたものが多い。

1. 緊急電話
2. ジョニー・B.グッド
3. ズッコケ娘
4. 素敵な天使
5. ふられた男
6. ワン・ナイト
7. ヘイ・ママ・ロックン・ロール
8. トゥティ・フルティー
9. 娘(クーニャン)
b0033699_20471233.jpg10. 変わり得ぬ愛


1. ラスト・チャンス
2. グッド・オールド・ロックン・ロール
3. 夢の中だけ
4. ビブロス・ピープル
5. カモン・ベイビー
6. 悪魔の贈り物
7. 甘い日々
8. 雨のしずく
9. カンサス・シティー
10. キャロル(子供達に夢を)



1979.11.25 
ファンキー・モンキー・ベイビー/ルイジアンナ
b0033699_10484544.jpg


1992.11.26 レア・トラック~ラスト・チャンス
1973年10月23日フジテレビ・「リブ・ヤング」 で、73年リリースのライブ盤に未収録だった音源(8~14) と、オリジナルアルバムに未収録だったシングルテイク(1~6) に最後のスタジオ録音(7) を一枚のCDにまとめたもの。マニア向け作品。
d0022648_1792517.jpg1. 涙のテディ・ボーイ
2. 番格ロックのテーマ
3. 夏の終り
4. 泣いてるあの娘
5. ラスト・チャンス
6. 変わりえぬ愛
7. 緊急電話
8. グッド・オールド・ロックン・ロール
9. スローダウン
10. メンフィス・テネシー
11. ユーヴ・リアリー・ガッタ・ホールド・オン・ミー
12. ヒッピー・ヒッピー・シェイク
13. トゥティー・フルティー
14. ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイング・オン


2003.1.31 ザ・ベスト キャロル
d0022648_173499.jpgキャロルの代表曲を完全に網羅したベスト・アルバムがデビュー30年を祝してデジタル化。皮ジャン、グリースで固めた髪型、眼光するどいルックスといった表面的なイメージから、「昔の不良(または地方のヤンキー)のための音楽」というとらえ方をされることも多いキャロルだが、このアルバムを聴けば、彼らのロックンロールが純粋に音楽として優れていることが、はっきりとわかるはずだ。美しいメロディを持つ楽曲、繊細に組み立てられたアレンジ、レイザー・シャープなバンド・アンサンブル。それはまるで、ハンブルグ時代のビートルズのように、永遠の輝きを放っている。

d0022648_17505485.jpg1. ファンキー・モンキー・ベイビー  
2. ルイジアンナ  
3. 二人だけ  
4. やりきれない気持ち  
5. 涙のテディ・ボーイ  
6. GOOD OLD ROCK’N’ROLL  
7. 憎いあの娘  8. ハニー・エンジェル  
9. カモン・ベイビー  
10. ヘイ・タクシー  
11. 愛の叫び  
12. 夏の終り  
13. ミスター・ギブソン  
d0022648_17532955.jpg14. 0時5分の最終列車  
15. 彼女は彼のもの  
16. CAROL (子供達に夢を)  
17. レディ・セブンティーン  
18. ズッコケ娘  
19. 番格ロックのテーマ  
20. 恋の救急車  
21. コーヒー・ショップの女の娘  
22. ラスト・チャンス  
23. ホープ  
24. 甘い日々  
25. 緊急電話



★ジョニー大倉が激白! 仰天死亡説の真相からキャロル再結成の行方
[PR]

by cress30 | 2005-04-10 09:39 | ◆CAROL(キャロル)