<   2004年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2004年間アルバム・シングル売り上げランキング

●年間アルバム・シングル売り上げランキング



★★2004年度年間アルバム売り上げランキング★★



●年間売り上アルバム・シングル売り上げベスト10

★2004年度 ★2005年度 ★2006年度 ★2007年度 ★2008年度 ★2009年度 ★2010年度

2011年度 ★2012年度 ★2013年度 ★2014年度 ★2015年度



第1位 宇多田ヒカル シングルコレクション VOL.1
  (2004年3月31日発売)
b0033699_855531.jpg

宇多田ヒカルのコンピレーション・アルバム。
デビューシングル「Automatic/time will tell」から12thシングル「COLORS」までの全てのシングル曲が収録されている(COLORSはアルバム初収録)。
全曲リマスタリングされ、音質はこれまでのシングル盤から格段に上がっている。
b0033699_1315213.jpgデビュー直前まで1st single は 「Automatic」  ではなく c/w になった 『time will tell』 で、ジャケ写も左のパターンで決まっていた。※
基本的に発売順に並べられているが、デビューシングルの 「Automatic/time will tell」 のみ曲順が入れ替わっている(そもそもの宇多田ヒカル自体のブレイクのきっかけが「time will tell」のラジオオンエアであり、知名度を一気に高めた曲だからだそう。「Automatic」が全国のラジオでヘビーローテーションされるようになったのはその後)。初動売上150万枚を突破した作品。



第2位 Mr.Children/シフクノオト
 (2004年4月7日発売)
b0033699_19531579.jpg

『シフクノオト』 は、Mr.Childrenの11枚目のアルバム。
初動売上はオリジナルアルバムでは『DISCOVERY』以来3作ぶりに80万枚を突破し、2004年に発売されたオリジナルアルバムでは最高記録となった。また、Mr.Childrenが2000年代に発売したオリジナルアルバムでは最高の売上となっている。仮タイトルは『コミックス』で、アルバムタイトルには「至福の音」という意味や、ありのままを聴いて欲しいという意味で「私服の音」「至福ノート(譜面)」など複数の意味が込められている。



第3位 クイーン/クイーン・シュエルズ
b0033699_916544.jpg

日本編集によるベスト・アルバム。木村拓哉主演のフジテレビ系ドラマ『プライド』テーマ曲に使用された「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」や「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」ほか、全16曲すべてがヒット曲やタイアップ曲だ。1974年の「キラー・クイーン」から故フレディ・マーキュリーの没後に発表された『メイド・イン・ヘヴン』(1995)の3曲まで、新旧バランスのとれた選曲がなされており、もちろんそれらすべてが名曲ぞろい。クイーンの幅広い音楽性を本作1枚で語り尽くすことは不可能だが、その絢爛豪華な世界に足を踏み入れるには最適の入門編アルバムだ。(中級者向けだった従来のベストアルバムに比べ初期から後期までの名曲が1枚にまとまっているため、クイーンを知るための最適の入門編であり、「サウンドトラック兼ベスト盤」という位置づけであるとされる。



第4位 エグザイル/エンタテインメント
(2003年12月3日発売)
b0033699_955472.jpg


スマッシュ・ヒットを記録した「Together」(シングル「Breezin'~Together~」)を収録するほか、リーダーのHIROが在籍していたグループ、ZOOの代表曲「Choo Choo TRAIN」、ZEEBRA&MACCHO(OZROSAURUS)をフィーチャーした「LET ME LUV U DOWN」などの話題曲を満載した3rdアルバムがEXILE ENTERTAINMENT 。

ブラック・ミュージックを中心とするコアな音楽性を、決して趣味性に走ることなく、誰にでもわかるポップ・ミュージックとしてプレゼンテーションした本作は、まさにエンターテインメント・アルバム。「多くの人を楽しませたい」という真っ当な動機に支えられた力作だ。
ベストアルバム『PERFECT BEST』には、このアルバムから実に12曲が収録されている。またDVDに収録されているミュージッククリップも『PERFECT BEST』のDVDに収録されている。

本作でシングル・アルバム通じて自身初のミリオンセラーを達成。ミリオンセラーを記念し2004年3月には本作のSpecial Editionと『our style』『Styles of Beyond』の初回盤、携帯ストラップをセットにした『祝ミリオン・初回アルバム3枚組 BOX SET 〜Appreciation to the million breakthrough〜』が限定発売された。



第5位 浜崎あゆみ メモリアル アドレス
(2003年12月17日発売)
b0033699_164429.jpg

初の「CD+DVD」 と 「CDのみ」 の2形態で発売の通算6枚目のアルバム Memorial address (メモリアル アドレス)は、CD収録曲の全て(ボーナストラック除く)のPVがDVDに収録。
本作DVDに収録されているPV3曲が 「MTV Video Music Awards Japan 2004」 「SPACE SHOWER Music Video Awards 04」 で受賞した。29thシングル「&」のカップリング 「theme of a-nation '03」 は収録されていない。
Panasonic 『D-Snap』 CMイメージ・ソング 「ANGEL`S SONG」、Panasonic 『LUMIX FX5/FX1』  CMソング 「Because of You」 他を収録。



6位 Utada エキソドス
(2004年9月4日 世界発売)
b0033699_1724025.jpg

宇多田ヒカルの Utada 名義による全米デビュー・アルバム。
マーズ・ヴォルタの天才ドラマー、ジョン・セオドアが参加した 「Kremlin Dusk」、ビートの鬼才ティンバランドがプロデュースを手掛けた 「EXODUS `04」 「Wonder `Bout」 など、全14曲を収録。オルタナ、ポップ、ダンス、ファンク・グルーヴがミックスされたサウンドに、ウィットに富んだリリックと緻密に構成されたメロディーを注ぎ込んだ作品。 米国ではシングルカットされた 「Devil Inside」 がiTunes Music Storeで最高位1位となった。「EXODUS」 はビルボード総合アルバムチャートで最高位160位を記録した。

全曲英語詞。米国の大手レコードレーベルであるIsland Def Jam Music Groupと契約したのは2003年で、日本での東芝EMIとは別系列のレコード会社と異例の同時契約を結んだことで話題。「Utada」 が 「宇多田ヒカル」 とは別名義の洋楽アーティストとして扱われるのはそのため。

オリコンの初動売上は洋楽での最高を記録。初動セールスは7105枚。累積売上は約5万5000枚(サウンドスキャン調べ)。ビルボード最高位160位。全世界での累計出荷枚数は135万枚(Universal Music)。



第7位 倉木麻衣 ウィッシュ・ユー・ザ・ベスト
(2004年1月1日発売)
b0033699_1743513.jpg

倉木麻衣初のベスト・アルバム。第19回日本ゴールドディスク大賞でロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞している。100万枚以上の出荷を記録。
1stシングル 「Love, Day After Tomorrow」 から、17thシングル 「風のららら」 までの中から、A面曲、 「Start in my life」、 「Can't forget your love」、 「PERFECT CRIME -Single Edit-」、 「Make my day」、 「Kiss」 以外は収録。

音源はシングル発売時にレコーディングされたものにリマスタリング処理をしたものを収録している。
80年代風のアメリカン・ポップスのテイストを基本にしながら、ブラック・コンテンポラリー、AORを上品に取り込んだ彼女の楽曲は、J-POPの新しい流れを感じさせてくれる。



第8位 アヴリルラヴィーン アンダーマイスキン
(2004年5月12日発売)
b0033699_17551296.jpg


2002年のデビュー作『レット・ゴー』が全世界で1500万枚、日本だけでも200万枚というセールスを記録し、一躍スターの座を手にしたアヴリルのセカンド・アルバムだ。キュートでパンキッシュなサウンドはそのまま、ヴォーカルの声量と表現力が大幅にパワーアップ。シングル「ドント・テル・ミー」を筆頭に、大人になりかけの女性ヴォーカルをじっくり腰を据えて聴かせるロック・アルバムとなっている。元エヴァネッセンスのベン・ムーディー、元マーヴェラス3のブッチ・ウォーカーほかソングライター陣も充実していて、アップテンポの「ヒー・ワズント」などイキの良いナンバーもあり。アヴリルのバク進はまだ止まらない。日本盤のみ2曲ボーナス入り。
ビルボード200やUKチャートで1位を獲得したほか、日本のオリコンアルバムチャートでも、自身初となる週間1位を獲得、日本での売上は同社集計でミリオンセラーを突破した(スペシャル・エディションとの合算)。日本での出荷枚数は150万枚[1]。



第9位 ポルノグラフィティ PORNO GRAFFITTI BEST BLUE’S
b0033699_1804410.jpg

第10位 ポルノグラフィティ PORNO GRAFFITTI BEST RED'S
b0033699_1813234.jpg

(2004年7月28日発売)

デビュー5周年となる3人組ロック・バンド、ポルノグラフィティによるベスト・アルバムの`BLUE`S`盤。`COOL`をテーマに全13曲を選曲。デビュー曲にして大ヒットを飛ばした「アポロ」をはじめ、「サボテン」「アゲハ蝶」「ヒトリノ夜」他、シングル7曲+アルバム5曲+未発表曲で構成。

『PORNO GRAFFITTI BEST RED'S』(ポルノグラフィティ・ベスト・レッズ)、『PORNO GRAFFITTI BEST BLUE'S』 (ポルノグラフィティ・ベスト・ブルーズ)は、ポルノグラフィティのベスト・アルバム。2004年7月28日に2作同時にリリースされた。
それぞれ 『RED'S』 『BLUE'S』と略記。
『BLUE'S』  『RED'S』  でオリコンチャート1位2位を独占し、同一アーティストによる3週連続のオリコンアルバムチャート2作同時TOP3入りはイエロー・マジック・オーケストラが記録して以来24年2ヵ月ぶりの快挙となった。 『BLUE'S』 はポルノグラフィティのアルバムで初のオリコン1位獲得作品である。

両作 「シングル7曲+ライブでの人気曲5曲  (『ロマンチスト・エゴイスト』 2曲 『foo?』 1曲『雲をも掴む民』 2曲 『WORLDILLIA』 2曲)+新曲1曲」という構成で、新曲としてRED'Sには「フィルムズ」、BLUE'Sには「まほろば〇△」が収録された。
RED`S』は、大`HOT`をテーマに全13曲を選曲。ヒット曲 「ミュージック・アワー」 「サウダージ」 「愛が呼ぶほうへ」 をはじめ、シングル7曲+アルバムやライヴでの人気曲5曲+未発表曲1曲などで構成。

シングル曲とカップリング曲は全てシングルバージョンが収録されており、収録曲は全曲リマスタリングされている。『BLUE'S』  『RED'S』  でオリコンチャート1位2位を独占し、同一アーティストによる3週連続のオリコンアルバムチャート2作同時TOP3入りはイエロー・マジック・オーケストラが記録して以来24年2ヵ月ぶりの快挙となった。 『BLUE'S』 はポルノグラフィティのアルバムで初のオリコン1位獲得作品である。



★★年間シングル売り上げランキング★★


第1位 平井堅 瞳をとじてb0033699_2134267.jpg
デビュー9周年を目前にした20thシングル。大ベストセラー小説 『世界の中心で、愛をさけぶ』 の映画化にともない、その主題歌としてリリース。累計出荷枚数は100万枚を記録。2004年度の 『第55回NHK紅白歌合戦』 に出場を果たし、トリから2番目に披露した。2014年度、国内でもっとも売れたシングル。ちなみに、翌2005年にNHKが実施した、紅白出場者選考アンケート「スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜」では白組6位にランクインした。 
(2004年4月28日発売)



b0033699_0411381.jpg第2位 Mr.Children  Sign  (サイン)
サインはミスチル26枚目のシングル。TBS系ドラマ 『オレンジデイズ』 主題歌。
2004年に発売されたシングルでは最高の初動売上を記録し 『innocent world』 以来、2度目となる日本レコード大賞を受賞した。オリコンチャートでの登場週数が46週を記録し、自身らのシングルでは 「CROSS ROAD」 の50週に次ぐロングセラーとなった。『スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜』 では、ミスチルの楽曲で最高順位を記録した。
 (2004年5月26日発売)



b0033699_1343812.jpg第3位 平原綾香 Jupiter (ジュピター)
同年4月、高校卒業したばかりのデビュー。豊かな中低域を持つその声は、独得のスケール感と深みを持っている。デビューにあたって、ホルストの原曲に日本語の歌詞をのせて歌うことを提案したのは平原自身。歌詞の一部は、自らが書いた言葉「私の両手で何ができるの?」「ありのままでずっと愛されている」などが織り込まれている。2006年にはシングル出荷が100万枚、着うたダウンロードは160万件を突破するロングセラーとなっている。オリコン週間チャートで1位を獲得せずにデビュー曲がミリオン突破した。
 (2003年12月17日発売)



b0033699_7251542.jpg第4位  ORANGE RANGE    
初のミリオンセラーとなったオレンジレンジ泣けるナンバー。8枚目のシングルは1年の締めくくりとも言える壮大なバラードで、2004年秋の話題映画 『いま、会いにゆきます』 の主題歌。オリコン初登場1位。以来通算4週1位を獲得(連続ではなく、3週目は1位とは3000枚差で2位)。オリコンシングルチャートの集計開始以来899曲目の1位獲得であった。また、6週連続売り上げ10万枚突破。累計売り上げ枚数では上位3組を抜いている。 
(2004年10月20日発売)



b0033699_7414320.jpg第5位  Mr.Children 掌 / くるみ
アフリカの民族楽器をイメージさせる音色を導入した真摯なメッセージを込めた 「掌」。「ねぇ くるみ」という優しい語りかけではじまる、暖かく優しいフォーキー・チューン「くるみ」。1両A面マキシ・シングル。本来のポップ感と実験性を両立させたこの2曲、そして、ラジオ・オンエアのみで発表された「タガタメ」は、‘00年代以降のミスチルにとって大きな意味を持つ楽曲となるだろう。
いずれも、日本のポップスの新たな可能性を感じさせる名曲だ。 
(2003年11月19日発売)



b0033699_7495599.jpg第6位 柴咲コウ  かたち あるもの
女優だけでなく、映画やドラマの主題歌も歌うシンガー・柴咲が定着した1曲。TBS系ドラマ 『世界の中心で、愛をさけぶ』 の主題歌。オリコンシングルチャートでは初登場で自身最高位の2位にランクイン。ドラマのヒットもあってロングヒット。またオリコンのシングルチャート10位以内に8週連続でランクインした。これは「月のしずく」の7週連続という記録を上回った。シングルでは、RUI名義の 「月のしずく」 に次いで2番目の売上を記録している。 シングルCDの累計出荷枚数は80万枚。
(2004年8月11日発売)



b0033699_852097.jpg第7位 ORANGE RANGE  ロコローション
オレンジレンジ6thシングルは、大塚ベバレジの微炭酸飲料 {MATCH} CMタイアップ曲。
前作 「ミチシルベ#~a#road#home~」 とはうってかわって、これぞレンジ節といえる、夏を感じさせる逸品だ。かつていた外国人女性デュオ“シャンプー”を彷彿とさせる脱力あふれるナンバーではあるが、そのユルさ加減が妙に気持ち良い。
ORANGE RANGEのシングルとしては、2012年現在3番目の売り上げを記録している。
 (2004年6月9日発売)



b0033699_875832.jpg第8位 サザンオールスターズ  君こそスターだ  
「彩~Aja~」 に続く夏シングルが登場。TOYOTA 「MORE THAN BEST」 キャンペーンソングの 「君こそスターだ」、「FLY! JAL!」 キャンペーンソング 「夢に消えたジュリア」 の両A面シングル。
「君こそスターだ」 は翌2005年春に開催された第77回選抜高等学校野球大会の入場行進曲に選ばれている。アルバム 『キラーストリート』 には、「君こそスターだ」 のテイク違いのアルバム・バージョンが収録されたため、シングルバージョンということになる。 
(2004年7月21日発売)



b0033699_816454.jpg第9位 河口恭吾 
2003年4月に日立マクセル系会社から「桜」をリリースする。3月~7月まで有線ラジオ放送問い合わせチャートでダントツの1位を記録する。しかし会社解散で、ワーナーミュージックから同年12月10日に再リリースし大ブレイク。『桜』が、徳永英明が1993年に発表した楽曲『僕のそばに』に酷似している、という疑惑があがった。当時ネットでも話題になり、疑惑検証サイトまで立ち上がるほどだったが、マスコミはまったく取り上げなかった。河口本人はこの疑惑を否定しており、サイトのBBS削除という手段にまで発展し否定した。
 (2003年12月10日発売)


b0033699_0284831.jpg第10位  Gorie with Jasmine & Joann  Mickey
ハワイ・オアフのマスコットガールに選ばれたのをきっかけに、フジテレビ系 「水10! ワンナイR&R」 よりゴリエがついにCDデビュー。
ハワイオアフ島イメージソング 「Mickey ~Hawaii version~」 収録のCDとハワイで撮影した特典映像DVDの2枚組。
 (2004年9月8日発売)



[PR]

by cress30 | 2004-12-31 23:59 | ●年度別売上アルバム・シングル

ロバータ・フラック

ロバータ・フラック

Roberta Flack

ノースカロライナ州ブラックマウンテン生まれ。父はピアニスト、母はオルガニストという音楽一家に育った。15歳のときに黒人学生のピアノコンクールで優秀な成績を収めてハワード大学に進学、クラシック、声楽を学ぶ。大学を出た後は音楽教師やナイトクラブでのピアノ演奏をしながらキャリアを積み、1969年にアトランティック・レコードからデビュー。

1972年に映画「恐怖のメロディ」に使われた 「The First Time Ever I Saw Your Face (愛は面影の中に)」 が全米1位の大ヒットを記録し、グラミー賞の最優秀レコード賞を受賞(この曲は元々1969年のデビューアルバムに収められていた)。続く1973年には「Killing Me Softly with His Song (やさしく歌って)」も全米1位の大ヒットを記録。

これにより、グラミー賞の最優秀レコード賞、最優秀楽曲、最優秀女性ボーカルの三部門で受賞した。Record Of The Year(最優秀レコード賞)を2年連続で受賞したのは、彼女のほかにはU2のみである。



Killing Me Softly with His Song (やさしく歌って)
b0033699_22223914.jpg


トラブル・メイカー
b0033699_222210100.jpg


終わりの時
b0033699_2223346.jpg


永遠の想いを
b0033699_22235933.jpg


愛はどこに
b0033699_2383799.jpg


メイキング・ラブ
b0033699_2225386.jpg


恋の炎
b0033699_22252643.jpg


愛のセレブレイション (ビーボー・ブラウン&\ロバータ・フラック)
b0033699_22255092.jpg


メイビー (ビーボー・ブラウン&\ロバータ・フラック)
b0033699_2227098.jpg


The First Time Ever I Saw Your Face (愛は面影の中に)
b0033699_6122114.jpg


愛のためいき
b0033699_21455727.jpg


私の気持ち
b0033699_75437.jpg


我が心のジ
b0033699_1392953.jpg


愛のセレブレイション (ビーボー・ブラウン&ロバータ・フラック)
b0033699_19513176.jpg


The Closer
b0033699_200852.jpg


やさしく歌って 愛は面影の中に
b0033699_22231023.jpg


愛はどこに
b0033699_10254452.jpg


ユー・アー・マイ・ヘヴン (ロバータ・フラック&ダニー・ ハサウェイ)
b0033699_11255957.jpg


オアシス
b0033699_22401827.jpg


ラストクリスマスイヴ
b0033699_22534073.jpg


私の気持ち
b0033699_22503742.jpg


やさしく歌って 
b0033699_2252171.jpg



b0033699_12443024.jpgb0033699_12445363.jpg
時間よとまれ


※矢沢栄吉のカバー



b0033699_0111451.jpg



b0033699_0114270.jpg



b0033699_012512.jpg

[PR]

by cress30 | 2004-12-29 11:49 | ◆ロバータ・フラック

ダスティスプリングフィールド

b0033699_2229498.jpg




b0033699_17262689.jpg




b0033699_14373417.jpg




b0033699_14383420.jpg




b0033699_14391743.jpg




b0033699_1440184.jpg




b0033699_14421359.jpg




b0033699_14425897.jpg




b0033699_14434149.jpg




b0033699_14553436.jpg




b0033699_14565999.jpg




b0033699_14575887.jpg




b0033699_14585187.jpg




b0033699_1503699.jpg




b0033699_15164390.jpg




b0033699_23361028.jpg




b0033699_23374772.jpg





b0033699_2339392.jpg

[PR]

by cress30 | 2004-12-23 14:45 | ダスティスプリングフィールド

岡田有紀子 自殺の真相2

b0033699_14491968.jpg


女性週刊誌記者を九年勤めた後、梨元勝がテレビの芸能リポーターに転身したのは昭和五十一年。いまから十年前のことである。まもなく二十年になるその取材活動の中で、彼が自殺事件を取材するのは三度目だった。

一度目は昭和五十三年十二月二十八日に起きた俳優・田宮二郎の「猟銃自殺事件」。二度目は同五十八年六月二十七日、俳優・沖雅也による「飛び降り自殺事件」である。そして三度目のニュースは、さる昭和六十一年四月八日の午前十一時五十分、彼の耳に飛び込んできた。

その第一報は警視庁記者クラブからで「歌手の岡田有希子が南青山の自室で手首を切り、ガス栓をひねって自殺未遂!」というものだった。

それを彼は日本テレビのスタジオで聞いた。しかし、この段階ではまだ梨元勝は平静だった。
それは「未遂」という二文字があったからという理由からではない。

「岡田有希子」というタレントについて、彼がさしたる認識を持っていなかったためである。「自殺未遂」という言葉には敏感に反応しながらも、彼の脳裏ではその顔と名前がすぐに一致しなかった。

 「岡田有希子ってどんな娘だったっけ?」

梨元勝の質問に若いスタッフの一人が答えた。

「ほら、一昨年のレコード大賞新人賞をとった歌手ですよ。サンミュージックが“ポスト聖子”と言って売り出したコ……」

その言葉に、彼は即座に反応した。

「そりゃ大変だ。サンミュージックならば秘書室の直通番号を知ってるよ。うん、とにかく電話してみよう」

使い古されたアドレス帳を開くと、彼はすぐにその番号を回した。ところが顔見知りの相沢秀禎社長は歯医者に行っていて不在との返事だった。困惑気味の社長秘書に「自殺未遂」の事

実を確認すると、

「いや、それはガス管が古くなっていて、ガス漏れしたんです……」

という答えが返ってきた。

しかし、そんなワケはない。警視庁からの第一報は「自殺未遂」
である。梨元は「そうですか」と応えながらも、相手の次の言葉でピンときた。
「社長も帰ってきますし、本人もたいしたことはなくて、まもなく病院から事務所に帰ってき
ますから……」

 これは、やがて社長の口から何らかの説明が行なわれるということのようだ。

彼はサンミュージックに直行することにした。他のスタッフは彼女が運ばれたという北青山
病院に急行した。

千代田区二番町の日本テレビから新宿区四谷四丁目のサンミュージックまでは、車で十分足
らずである。ハイヤーに飛び乗った梨元の胸中は、まだ平静だった。「未遂」という二文字が
事件の衝撃性を多少なりとも弱めていた。

車は渋滞気味の新宿通りを進み、四谷三丁目の交差点を越えて、まもなくサンミュージックの入っている「高橋・大木戸ビル」が見渡せる地点まで来た。四谷四丁目の信号機が青に変わり、交差点を右折すれば目的地だ。しかし昼休みという時間帯でも渋滞するこの通りでは、もう一度信号機にひっかかるかもしれない。

そう思いながら彼は何気なくビルのある角地を見た。
 その時である。救急車のサイレンが彼の耳に響いた。いや、目をこらして見るとそれは救急
車ではなく、捜査の車だった。そして、ものすごい数の人だかり。

「いったい何だろう……」

 彼の心臓の鼓動が急に高まった。

「運転手さん、ここで降ります」

 彼は渋滞する道路を横切って、その場に駆けつけた。毛布が被せられた遺体のようなものが目に飛び込んだ。路上に血のようなものが溢れ、勾配に添ってこちらに流れて来る。彼を見つけて、現場で待ち合わせていたカメラマンがかけよって来た。

「いやあ、スゴイんですよ」と興奮気味に語るカメラマンも、毛布の中身が男性なのか女性なのかもまだわかっていないらしい。肩にかついだカメラはまだ作動していなかった。

「女性マネージャーらしい……」というディレクターの一言が耳に入った。

「よしッ、ここから回そう!」

打ち合わせる間もなく、その遺体を背にVTRがスタートされる。とっさに腕時計を見て、彼はしゃべり始めた。

「えー、いま現在、十二時三十五分になります。僕はいま、この四谷の交差点のところにあるサンミュージックのビルの前にいます。いま着いたんですけど、状況が詳しくわかりません。どうもマネージャーの人が飛び降り自殺したという状況のようです。いま、ディレクターが確認してますので……」

カメラが毛布からはみ出て、こちらに流れてくる鮮血をとらえる。「捜査」という腕章が彼の目に飛び込んだ。三人の捜査官が飛び散ったピンクの固体を弁当屋のビニール袋に採取している。

その横でサンミュージックの溝口伸郎マネージャーが呆然とした表情で立ちつくしている。白バイ姿の警官がピンクの紐を張り、人混みの整理を始めた。その情景をカメラがなめてゆく。

「僕もいろいろ取材してますけど、直接の現場と言いますか、こういうところに来たのは初めてです。ちょっと足のところと言いますか、スカートが……しかし細かいことはわかりません」

息を切らしながら、そこまで一気にしゃべると、彼は人混みをかきわけて角の公衆電話にかけよった。ディレクターが局のデスクに確認をとっている。その受話器をとりあげると、彼は早口で相手に聞いた。

「で、どんな感じなの。うん、だから、誰が自殺したの?」

同時にカメラマンに言った。

「そのまま回して!」

電話の向こうでも正確な情報は確認できていないようだった。

「もしもし、いまフィルムを回してますが、誰が亡くなったということなの、これは」
 
相手も早口で答える。

「あ、マネージャーかもしれないということ……あ、そう、わかりました。ハイ、どうも。すいません、ハイハイ、どうも」

受話器を置くと彼は横にいるディレクターと一瞬、目を合わせた。そのディレクターが残りの十円玉を取り出し口から戻している様子までカメラがとらえている。彼らはピンクのロープを乗り越えて、ビルの入り口に向かった。

この時点での梨元は、入手している情報から次のような状況判断をしていた。まず「岡田有希子の自殺未遂事件でマネージャーが責任をとって飛び降りた」。

そして「病院から戻った岡田有希子本人が上にいる」、つまりやがてはこの間の事情説明がとれるだろうという判断である。

「えー、このままですね、映りにくいかもしれませんが……六階のサンミュージックでまず確認をとってみます」

エレベーターが開いて、飛び乗った彼は六階のボタンを押しながら、同乗したカメラマンとの質疑応答もそのまま収録させた。

「いま、すぐだったの。何時ごろだったかわかる? 来た時は」

彼より先に現場に到着していたカメラマンがファインダーをのぞきながら答える。

「あのう、二十分ぐらいだったと思います」

点滅する階数表示盤を目で追いながら、さらに梨元が聞く。

「その時にはどんな状態だったの?」

「梨元さんと会う約束になってましたよね。そして来てみたら、もうとにかく人だかりがあって、中に人が倒れているわけです。そこであわてて車を止め直して。そしたらすぐ救急隊が来まして、例のシートをかけたわけです」

「じゃあ、その前の飛び降りるところは見てなかったわけね。それで女性だったんですか?」
「女性でした。黒い服、着てました」

 エレベーターが五階を通過する。梨元はしゃべりつづけた。

「マネージャーではないかという話なんですが……とにかく細かい状況はわかりませんので、いま上で聞いてみようと思います」

ドアが開いた瞬間、開け放しの事務所内の騒然とした光景が目に入った。全員が一斉にこちらをふりむく。その中心にいる相沢秀禎の目と目が合った。

「あ、相沢さん。すいません、どんな状況か、ちょっとわからないので」
 
相沢は瞬間的に「ハイッ」と応えた。

「あ、ちょっと、いまは……」

事務所の若いスタッフがあわてて扉を締めようとする。

梨元の声が自然と大きくなる。

「だから状況だけ、ちょっと教えて下さい。ちょっとだけ、一言ですぐに終わりますから」

締まりかけた扉の向こうで背をそらしながら相沢が応答した。

「あ、それじゃ、いま、ちょっと待って。すぐ行きますから」

相沢の声を聞きながら、梨元はふりむいて後方にある社長室のドアにかけよった。そのまま勢いで開けると取材メモを持った記者風の男が立っていた。報知新聞の細貝記者である。まんざら知らない仲でもないが、興奮状態の中で思わず質問が敬語になってしまう。

「あ、すいません。どんな状況だったかわかりますかねェ」

一拍おき、小声で質問をつづけた。

「誰が自殺したんですか?」

思いがけない答えが返ってきた。

「岡田有希子ですよ……」


彼は即座に質問をつづけた。

「あ、ここに来て、もう一回、飛び降りたわけですか?」

細貝記者がうなずいた。瞬間、彼はもうカメラのほうにふりむいて状況を語りはじめていた。

「えーとですね、再度、もう一度ここへ来て。ですから病院から戻ってきて、飛び降りたということです。岡田有希子本人ということです。すみません、先程のマネージャーというのは間違いでありまして、本人ということですが……」

この間、早口で知られる梨元の語りは止まることなくつづいている。この時の模様はそのまま当日の『うわさのスタジオ』でオンエアされた。番組終了後に何人かのスタッフから彼は同じ感想を言われた。

いずれも

「梨さん、あの時はひじょうに冷静だったね」というものだった。しかし本人の心中はちがっていた。「自殺したのは、岡田有希子本人……」

という事実はあまりにも強烈だった。

ドラマの効果で例えるならば、画面が一瞬真っ白になるような感じすら覚えた。ところが頭のどこかで「カメラが回っている」という意識があった。

「えッ」と驚きながらも、彼の脳裏で

「次の瞬間、ふりむいて説明しなければ……」という意識が働いた。

それでも「あそこにもっと驚きがないの?」とスタッフたちから言われると、

「いや、ちがうんだ」という気がする。

たとえば「森進一と森昌子が結婚!」とか「神田正輝と松田聖子が結婚!」というニュースのほうが単純に驚けると彼は思った。それは多少なりとも予測されていたケースであり、

「やっぱり」という事実の確認である場合が多いからだ。

が、この人気アイドルの自殺は、芸能リポーター十年選手の彼にもあまりに唐突すぎた。

「電撃結婚!」といった類いのニュースに対する驚きとは違った、もうひとつ大きな、もうひとつ向こうに突き抜けてゆくような衝撃であった。しかも現場とその遺体を自分の目で目撃した直後である。その情景と「岡田有希子本人」という事実が結びついた瞬間の彼の驚きはいうまでもないだろう。

しかし、十年選手のリポーターは次の瞬間にこう思った。「この状況を全部カメラにおさめなければならない」。この職業意識が彼を部屋の中へと招き入れた。彼の目が既に福田時雄専務の姿をとらえていた。

「ちょっと、このまま、すみません」

目でカメラマンに合図すると、彼は福田専務のデスクに近寄った。

「すいません、福田さん、申し訳ありません。いったん病院から彼女、戻ってきたわけですか?」

突撃インタビューである。その勢いの中で相手も思わず答えていた。

「ええ、僕が連れて帰ってきたんです、ハイ」

「その時はどんな状態だったんですか?」

「割におちついてました、ハイ」

「あ、そうですか。それで……」

「そのまま社長の部屋に入れて、それで付き人の女の子と僕と三人でいろんな話をしてたわけです。割に、本人、素直にうなずいていたんですけど……。それでちょっと僕は電話をかけるんで出てまして、そのスキに付き人の目を盗んでいなくなって。僕が電話してるところに付き人が震えて『有希子がいないッ』と。で、捜したら、屋上の入り口にスリッパが置いてあったんです。そこで、屋上を捜しておったんです。そしたら、下で大騒ぎになりまして……」

「それじゃ、それは、いまからちょっと前ですか?」
「えぇ、十二時二十分ぐらいですかね」
「ハハァ、ところで何でもそのォ、南青山の自宅で手首を切って、ガス栓をひねったという……」

「ええ、そういう話を……それで北青山病院に行って、傷はたいしたことないということなので、連れて帰ってきたわけです」

「ハハァ、それでこっちへ帰ってきたのは十二時ごろですか?」

「十二時ちょっと過ぎぐらいですね」

「で、本人はどんなふうに話してました?」

「いや、割りに車の中では何も。タクシーですから……」

ここで女性の声で内線電話が入った。が、福田専務は「ちょっと待って」とふたたび話をつづけた。
「それでここに入れましてから、『昨日は何時に帰ってきたの?』などと聞いてたんですけど、『昼間、映画を観た』とか『家には十時ごろ帰ってきた』とか、そんな話をしてましたので……。

それで、『ま、いろいろ人生あるから、皆がついているんだから頑張ってやれよ』と言いましたら、うなずいていたんですよね」

外の気配を感じて、梨元はさらに早口で聞いた。

「あのォ、何に、悩んでいたんですか?」

福田時雄は一瞬、首をかしげて答えた。

「わからないんですよね」

「遺書とか、そういうものは……」

「遺書があったとしたら、その青山のほうの警察の方が持ってるかもしれません。そこまではまだ……」

「うーん、ここのところ福田さんがついてらして何かを悩んでたとか、思い込んでたとか、そういうことはないんですか?」

「ひじょうに、そのォ躁鬱の激しい娘ではあるんですけど。仕事面ではこのあいだの土曜日が渋谷公会堂で、昼夜二回とも満員。次の日はふるさとの名古屋でコンサートをやって、やはり満員でしたし、ドラマも明日から入る予定でした。仕事面では悩みはないはずです」

梨元が次の質問をしようとした時、捜査員が社長室に入ってきた。

「おい、おい、あまり捜査の邪魔するなよ」

という捜査員に、

「ハイ、ハイ、いますぐ終わりますから」

というやりとりがあって、インタビューは中断された……。

次のページへ

その日、報知新聞編集局文化部の細貝武記者が自分のデスクに着いたのは午前十一時四十分頃だった。館内のスピーカーから共同通信の第一報が流れたのはその直後である。

「アイドルの岡田有希子がガス自殺を図り……」

瞬間、彼の脳裏にはデビュー前から知っている可憐な少女の笑顔が浮かんだ。その愛くるしい表情の記憶と「自殺」という単語が、自分の中でどうにもうまく結びつかない。しかし、机上の謎解きをしている暇はなかった。騒然とした雰囲気の中で、すぐに取材班が組まれた。ひとつの班は警察へ、もうひとつの班は岡田有希子のマンションへ、そして細貝を中心とするチームはサンミュージックへ、と即座に取材分担が決められた。

ベテランカメラマンのA、この四月に入社したばかりの新人Bを同行し、彼が会社の車に飛び乗ったのが十一時五十五分。あたりは特に車の往来が激しい。通常ならば千代田区平河町の東京本社からサンミュージックまでは十五分近くはかかる。しかし、この日はさしたる渋滞もなく、「報知新聞」の社旗を翻した車はスムーズに進み、十分ほどで目的地に到着した。

四谷四丁目の交差点で赤信号につかまったのが十二時六分。細貝は見慣れた「高橋・大木戸ビル」を指差して、新人のBに説明しかけた。

「ほら、あそこに看板が見えるだろう、あれがサンミュージックだよ」

細貝にとっては何度も取材で訪れたことのある場所、いわばそれは見飽きた風景だった。も
し新人のBを同行していなければ、そのビルを見上げることもなかっただろう。

だが、新人研修で文化部に配属されていたBには、ひとつひとつのことがものめずらしかった。しかも今日は「アイドルの自殺未遂」という事件の取材である。多少の興奮を抱きながら、ベテラン記者の言葉にうなずき、ビルを見上げた。

その時である。二人の目に上から落ちてくる何か黒いものが映った。

まるで空を飛んでいたスーパーマンが急降下で降りてくるような感じの何か。それは直角に落ちるのではなく、やや角度をつけて落下してきた。細貝の目には、髪の毛らしきものがやたらにヒラヒラとしているのが見えたが、それが何なのかはわからない。しかも地面に到着した瞬間、二本の棒のような何かがバウンドしたのが見えた。

「…………」

ベテラン記者と新人は一瞬、目を合わせた。そして、お互いに「見たよな」という顔をした。

先に口を開いたのは細貝だった。

「いまのマネキン人形じゃないか?」

 首をかしげながら、新人が答えた。

「えッ、黒いゴミ袋みたいでしたよ」

同乗のカメラマンと運転手は二人とも「何も見てないよ」と言った。

事実、落下地点に目を戻すと通行人たちは何事もなかったように平然と歩いている。やがて信号が青に変わり、彼らを乗せた車は右折しながらビルの横を通過した。

「ほら、やっぱりゴミ袋ですよ。ゴミのオレンジがくだけちゃってるもの」

新人が勝ちほこったように笑った。

路上に弾けたのが人間の脳ミソだと気づいたのは、車を降りてからだった。

「おい、人間だよ……」

もちろん、この段階では、それが「岡田有希子」とは誰も気づいていない。落下したのが人間だとわかった瞬間も、細貝の心は自分でも不思議なほどに冷静だった。ジャーナリストとしての眼が、目の前の惨状をクールに観察し、事態を分析しようとした。

(あッ、女だな)

(中年だ)

これが最初の判断である。

(ストッキングを履いている)

(黒いスカートだ)

彼の中でひとつの謎が解けた。

(バウンドしたのは足だったのか)

(足が動かないな……)

(即死!)

次に遺体の損傷具合に目がいった。

(地面に顔がメリ込んでいる)

(あッ、血が流れてきた!)

そして、ひとつの推理がなされた。

(付き人だろうか?)

(もしや岡田有希子の自殺未遂の責任を取ったのでは……)

そこまで推理した時、ふと我に返った。そして横で唖然としているカメラマンに、彼は、

「とりあえず写真を撮っておこう」

と指示を出した。

b0033699_145037.jpg


しかし細貝本人もその写真が「一大スクープ」になろうとは自覚していなかった。いわば職業的判断から「押え」の写真を指示しただけにすぎなかったのである。次の瞬間、ビルから飛び出してきた溝口伸郎マネージャーの姿が彼の目に映った。毛布を持ったその顔は完全に青ざめている。

「可哀相に……可哀相に……」

顔なじみのマネージャーがそう口走っているのを耳にして、細貝は五階のサンミュージックに直行した。
 そして、事務所に飛びこむと彼は叫んだ。

「おい、いまの誰ッ?」

その場にいた社員をつかまえて、彼は質問をした。聞かれた相手は窓の外をちらりと見ながら、こう答えた。

「わかんないよ。誰だか知らないけど、ウチのビルを使って自殺するなんて、迷惑な話だよな、まったく」

細貝は苛立って、もう一度その社員に言った。

「とにかく女子社員を数えてみろよ!」

相手はしぶしぶ社員名簿を取りだし、そのフロアにいる女子社員の顔を数えはじめた。

「一、二、三、四……」

確認を終えて相手が答えた。

「ほら、ちゃんといるよ」

ではなぜ、溝口マネージャーが……。ここでは埒があかないと判断した細貝は、六階に駆けのぼり社長室に飛び込んだ。そこには相沢社長と福田専務の二人が呆然として立ちすくんでいた。

「いまの誰?」

細貝の問いに、相沢秀禎がやや間をおき言葉を絞りだすように答えた。

「本人だよ……」

女性秘書が手にストロベリージュースを持ったまま、震えて泣いていた。思わず細貝は聞き返した。

「本人?」

もう一度、相沢が応じた。

「岡田有希子だよ……」

その瞬間、細貝の脳裏で、落下してゆく物体が地面で弾けるシーンが再現された。そして三年前、はち切れんばかりの水着姿で「絶対にがんばります!」と誓った少女の姿がオーバーラップした。

やや遅れて到着した梨元リポーターの質問に、彼は相沢社長と同じ口調で答えた。

「本人、岡田有希子……」

細貝武記者が初めて岡田有希子に会ったのは三年前の春。彼女がデビューする直前のことである。所属のサンミュージックでは各スポーツ紙の芸能担当記者を招待し、岡田有希子とサイパン同行取材ツアーという企画を主催した。新人歌手のデビューにあたってはよくこの種の招待旅行が催される。いわば「今後ともよろしく」という意味でのプロダクション側の挨拶代わりみたいなものである。

細貝も報知新聞の記者として、そのサイパン行きに同行した。これが最初の出会いだった。そして旅先のサイパンで、彼は他のスポーツ紙記者とある賭けをしたことをいまでも覚えている。それは「岡田有希子はスターとして成長するか否か」というものだった。相手の記者はこう言ったものである。

「性格的にもあんなに暗い感じの娘じゃ、まず無理だと俺は思うな」

事実、同年代の少女タレントたちに比べて、その新人歌手は極端といっていいほど「ネクラ」っぽく細貝にも思えた。常夏の島、開放的な気分のサイパンにおいてさえ、それが感じられるのだ。
「スターになるのは無理」と賭けるほうにも一理あった。

しかし、細貝は「可能性あり」のほうに賭けた。その理由として、こんな説明をしたことを彼は覚えている。

「いざマイクを持てば、違うものだよ。結構、明るくなるのがこのタイプさ。ステージの上の明るさとプライベートでの暗さ、むしろそんなギャップがあったほうがいいかもしれないよ。スターには不可欠な不思議要素としてね」

また、言葉ではうまく説明できない「ある予感めいたもの」をこの未知の少女に感じたのも事実だ。さらにこの『取材ツアー』を通じて、彼女にたいする個人的な好感を抱いたことも手伝っていた。

細貝の「予感」は的中した。その年の暮れ、岡田有希子は「強力ライバル」であり「本命視」されていた吉川晃司を抜いて「レコード大賞新人賞」を受賞した。

その時も細貝は、各スポーツ新聞芸能担当記者に与えられる一票を彼女に入れた。

その理由は三つあった。ひとつはサイパンの時の「予感」を実現させたかったこと。もうひとつは個人的に「好感」を持っていたこと。そしていちばんの理由は、歌手・岡田有希子の可能性にたいする「期待」という点だった……。




次のページへ その3
[PR]

by cress30 | 2004-12-22 09:00 | ●岡田有紀子

岡田有紀子 自殺の真相3

b0033699_14522374.jpg


岡田有希子の遺体が四谷署に着いたのは十二時四十分だった。

同じ時刻、サンミュージックでは相沢秀禎を囲んでスタッフの緊急会議が始まった。

その間にも報道陣が続々と「大木戸ビル」に押しかけている。

各テレビ局のスタッフが場所を取り、記者会見の準備をそそくさと始めている。誰もが興奮していた。会場にあてられた六階の会議室は異様な熱気に包まれていた。なかには「岡田有希子」の顔すら知らない記者がいる。

「どんな曲、歌ってる娘?」

明らかに「アイドル」の取材とは無縁に見える一般紙の遊軍記者もかなりいた。

「いや、俺も全然知らないんだ。とにかく四谷に飛べと……」

その会話からも事件の異常さが感じられる。

記者会見が始まったのは午後一時三十分である。

 出席したのは相沢秀禎社長、福田時雄専務、溝口伸郎マネージャーの三人だった。

「ふだんから何か悩んでいたことは?」

福田専務がひと通りの経過報告をした後、ひとりの新聞記者が質問した。

「感情の起伏が激しい娘だったことは事実だったんですか」

さらに同じ記者が質問する。

「線の細い娘、という感じはなかったですか?」

その熱気に少しネクタイをいじりながら福田が応える。

「シンは強い娘だと思っていたんですけどねえ……」

事件直後のやりとりを思いだして梨元が質問した。

「先程、躁鬱が激しいみたいなことをおっしゃってましたよねえ。そういう部分は見受けられなかったんですか?」

下を向きながら福田はポツリと言った。

「ええ、ありましたね……」

女性誌の記者が受けた。

「たとえば、このところ何かおかしいなァ、というような点、具体的に思いあたるところはな
いんですか?」

横を見ながら福田が、

「うーん、それは僕よりも担当マネージャーの溝口が、ずっとそばについてたわけですから……」

カメラマンたちの視線が横にスライドする。

「どうでしょうか?」

溝口に向かっていっせいにフラッシュがたかれる。

「昨日の夜も、七時からの渋谷に試写会を見に行って、いちおうオフだったんですね。

ほんとは今日から、ドラマを開始するはずだったんですけど。それが準備の都合で明日からになりまして……本人はオフだったものですから、電話を夜の十時ごろにしたわけです。その時はひじょうに声も明るくて、『あッそう、残念ねえ』というような話をしてて。ものすごく明るいんですよね、声自体は……だから『じゃあ明日、また電話するから』ということで、十時ごろ、その電話を切ったんですけど……」

昨日、試写会に訪れた彼女の姿は何社かのカメラマンが撮っていた。

「女のともだちと二人で『ロッキー4』を見に行った、ということを聞いたんですが……それはどなたと行ったんですか?」

腕を組み直して溝口は、

「えーと、僕もよくわからないんですけど、前にドラマをやってまして、そこの共演した女の子だと思います。しょっちゅうコンサートも見にきてもらったし……」

福田に向けられた質問がくりかえされる。

「最近、なにか鬱だとか、そういうことを感じられたことはありますか?」

 一瞬、沈黙してから溝口は答えた。

「あのォ、最近はないんですが……。そういう部分では、すぐ考えちゃうところのある娘だったからね……そういう意味では僕たちにたいしてもあんまり自分を話してくれないというところがあったり……」

誰もが「なぜこんな自殺までして?」という疑問を解きたいと思っていた。そんな苛立ちが質問のどうどうめぐりを呼んでいた。

「マネージャーとして、いろいろな相談にのってたこともあると思うんですけど……」

 首をひねりながら溝口も応じる。

「直接相談するっていうことはなかったんですよね」

ふたたび福田が答えた。

「あのね、割に思い込むほうなんですよね。自分ひとりで仕舞い込むというところがあったわけです。ええ」
 梨元が質問の方向を変える。

「部屋には遺書とか、そういうものはあったんですか?」

もう一度、福田に向かってカメラが集中する。

「あのォ、病院にしか行ってませんし……当然そこには、警察の方も消防署の方もお入りになってるわけですから。えー、あったかどうかということはわかりません。いまの段階では……」

記者たちの鉛筆を走らせる音が重なる。

「あのォ以前に、たとえば死にかけたとか死のうとか、そういうことはあったんですか?」

質問者の梨元を見て、福田が応じる。

「全然ないです。初めてです。ましてや先程も言いましたように、仕事は順調ですし、高校までは社長の家にずっといたわけですから……。十八歳になって自分の城が欲しいというので、念願の青山に自分の城が持てたわけですから。そんな、まったく、死ぬような理由はないわけですよね」

同じ表情の上をカメラのフラッシュが何度も何度も捉えてゆく。

「家庭的な面で悩んでる、というようなことはなかったんですか?」

 福田はしばらく考えこんだ。

「……家庭的な面といっても、御両親もおじいちゃん、おばあちゃんも皆さん元気ですし、先日、名古屋に行った時も……、全然考えられないですね」

一拍、間があいたところで、また梨元が口火を切る。

「申し訳ないんですが、こういう場なんで確認したいんですが、たとえば男のともだちのこととか、そういうことで何か悩んでるみたいなことはありませんでした?」

 軽く座りなおして、今度は溝口が応える。

「だから、それがハッキリ言わないからね。そこまではちょっとわからないんですけどね」

スポーツ紙の記者が早口で聞いた。

「生活してるなかで、何か思いあたる部分ってなかったんですか?」

相沢のほうをちらっと見て、福田が代弁する。

「社長の家にいた時は、それは他人様の家ですし……やはり『ひとりで住みたい』という気持ちは皆ありますから。だけど自分で望んでこの道に入って、青山のマンションに入れて、生活の面でも充実してきたばっかりでしょう。ひとりになったのは四月の四日からです。土曜日の日は渋谷公会堂でコンサートがありまして、昼夜二回やりまして、どちらも満員だったんです。夜の部が終わりましてから、社長の家に引っ越しのあいさつに行ったんです。考えられないですね」

 誰かがするだろうと思われた質問が飛んだ。

「先日、アイドル歌手の遠藤康子さんの自殺ということがあったわけなんですけど、あの事件がいくらか影響してるとは考えられませんか?」

これには福田もきっぱりと応じた。

「立場がちがうと思いますね」

同じ記者がくりかえす。

「そのことについては、彼女自身が話したことなんかはない?」

そちらの方向を見て、もう一度きっぱりと福田は首をふる。

「僕は聞いてません」

彼の言葉を受けて、また梨元が聞いた。

「福田さんね。彼女、家庭的な面では、ひじょうに恵まれてた。そして明日からは『ドラマの仕事で主役をやる!』というような責任感もあったと思う。その直前でしょ。そういう中でひとつひとつ自殺の動機となる可能性というものを消してゆきますとね、男ともだちみたいなことが最後の理由として残ってくるんですけど、その辺はどうなんでしょうか?」

咳ばらいをひとつして、福田が答える。

「それは、事務所としてはまったく心あたりがないです」

さらに溝口が口を開いた。

「それは、ま、やはり十八歳の女の子だから、あこがれみたいなもの、そういう面ってあると思うんですよね。『誰々が好きだ!』というようなあこがれの部分はあったでしょう。ただ、おつきあいをしてどうのこうのというのは聞いてないですね。それはプライベートな部分で、自分の中で、そういうことになやんでたということはあるかもしれません。それを僕がわからなかったとしたら、ひじょうに残念に思いますけど。思いあたる部分と言われても……それは考え込むという部分が彼女にはありましたよ。自分がそういう点を汲んであげられなかっというのは、担当マネージャーとして大変に残念です。」

レッスンを休むとか、ふさぎがちになったとかいうことも一切なかったという。

「悩んでいるような時、溝口さんがついてらして、『なんで悩んでるんだろうな?』と想像されたりはしませんでした?」

梨元の質問に溝口が答える

「だから、担当マネージャーとしてそういうことっていろいろ考えますよね。考えるけれども、実際に彼女の頭の中で考えていることというのは、ほんとに話してはくれないですからね。それがいまも言ったように歯がゆいんですけど……」

質問もとぎれがちになってきた時、ひとりの記者がたずねた。

「さっき溝口さん、あそこに花を供えられてましたね。どんなお気持ちだったんですか?」

溝口の目に涙がうかんだように思えた。

「いや、ひじょうに残念です。今日、僕は、家のほうで子供の入学式があったものですから。実際に今日はオフだったんで、家のほうに連絡をもらって、『病院のほうに行ってる』ということでね。病院のほうへ行ったら、もうこちらのほうに向かったということで、車でこちらに来たわけです。それで交差点で信号待ちしている時に、僕も実際に上のほうから落っこちてくるのを見たわけですよ。その時はまさか、人間が落っこちてきたとは思いませんでしたよ。咄嗟になにかあったんじゃないかとは思いましたけど……」

次の瞬間、溝口の中でなぜか「有希子だ!」という思いが走ったという。

もちろん、この目で確認したわけではない。が、そんな直感が走った。

(有希子じゃない! 有希子じゃない!)

そんなことを心でつぶやいて、タクシーを降り、彼は現場に駆けよった。

彼の目に真っ先に飛び込んできたもの。

それはまぎれもなく、見慣れた彼女の腕時計だった……。

「有希子!」

「有希子!」

無意識のうちに、彼は二回叫んだ。

なにがなんだかわからなくなった。

いつものようにDPEの看板がくるくると回っている。入り口の弁当屋には昼時だというのにもう誰もいなかった。通行人が悲鳴をあげる。

「有希子、可哀相に……」

無言でうつ伏した遺体の前で、彼はふっと我に返った。

(毛布!)

彼は事務所にかけのぼり、毛布をとってきた。

「可哀相に……可哀相に……」

震える手で彼は遺体を覆った。

すべてが白昼夢のような出来事だった……。

岡田有希子の自殺事件は、芸能界とマスコミにパニックとなって広がった。テレビ各局は番組内容を変更して事件現場からの中継に切り替え、四谷四丁目サンミュージックの前には事件を知ったファンがはやくもつめかけた。まだ、チョークの跡と血痕がなまなましい現場を遠巻きにしている若者たちの表情は、一種異様な光景だった。

ここでもう一度事件の経過を振り返ってみる。岡田有希子にいったい何が起ったのだろうか。

東京都港区南青山六丁目にある「ロータリーマンション」の六階住人が、ガス洩れ臭に気づいたのは四月八日の午前九時ごろだった。そこで三階にある管理人の部屋に連絡。管理人がガスの臭いの発生場所をたどってゆくと、四〇二号室の岡田有希子こと「佐藤佳代」宅から洩れていることがわかった。

ドアベルを押してみたが中からの反応はない。管理人はあわてて自室に戻り、四〇二号室の鍵を持ちだし、ふたたび四階に駆けのぼった。震える手で鍵を開けたが、ドアチェーンがロックされていた。つまり、部屋の中に誰かがいることは確かだった。

「佐藤さん、佐藤さん、いますか? 聞こえますか? 大丈夫ですか!」

大声をあげたが中からの反応がない。

一一〇番に電話がかけられた。東京ガスにも通報された。警視庁通信指令センターから赤坂消防署レスキュー隊に出動要請が入ったのが十時九分。七分後には救急隊がマンションに到着した。

ドアチェーンを切断し、中に踏みこんだ署員が押し入れの下段でうずくまっている女性を発見する。激しいガス臭の室内で、シクシク泣いている彼女の左手首が五センチほど切れていた。

「自殺未遂の患者が行きますからよろしく……」

消防署の指令センターから北青山病院に連絡が入った。

十時二十分、マンションの管理人からサンミュージックの総務部に連絡がとられた。
「岡田さんが救急車で北青山病院に運ばれました。どうやら自殺未遂のようです」

連絡を受けた福田専務は付き人の山崎結美をともなって、事務所を飛びだした。

患者を乗せた救急車が病院に到着したのが十時三十三分。直ちに外科の縫合手術が行なわれ、彼女の左手首が四針縫われた。

「手首を動かしてごらん」

担当医の言葉に患者は素直に従った。彼女の袖口は鮮血で紅く染まっていた。投薬と同時にガス中毒反応をみるための問診が行なわれた。

「あなたの生年月日は?」

 シクシク泣きながらも相手は答えた。

「昭和四十二年八月二十二日……」

次に現住所の確認。これにもキチンと答えた。どうやらガス中毒反応はゼロ、後遺症もなく、担当医は「入院の必要ナシ」と判断した。

サンミュージックの福田専務らが到着したのは十一時十五分過ぎ。岡田有希子は興奮状態でわんわんと号泣していた。管理人の連絡からは「ガス自殺を図ったらしい」ということしか福
田たちにはわからなかった。「手首も切った」ということは病院に着いて初めて知ったわけである。しかし、傷口の手当はすでに済んでいた。本人はひとことも話さず、ただ激しく泣くばかりだった。

「後遺症はないので大丈夫ですよ。もう連れて帰ってもいいですよ」

担当医の言葉を受けて、福田は「とりあえず事務所に連れてゆこう」と判断した。社長の相沢秀禎が歯医者に出かけている間の出来事なので、そうせざるをえなかった。病院の前でタクシーを拾うと本人と山崎結美を後ろの座席に座らせ、福田は運転手の横に乗りこんだ。

本人も号泣という状態からシクシク泣きに変わっていた。やや落ち着きもとり戻してきているようだった。運転手がいる手前、車内では三者とも会話は交わさなかった。サンミュージックに着いたのは十二時を少しまわった頃である。本人の希望でトイレに行かせた。

「ちゃんとトイレの前に立ってろよ!」

万が一の場合を考えて、福田は付き人の山崎にそう指示した。

その後、社長室に入った三人は二、三の会話を交わした。もちろん「自殺」のことについては何もふれなかった。

「なんか食べるかい?」

本人の動揺を静めるために福田は聞いてみた。

「いや、何もいりません」

 下を向いたまま、彼女は答えた。

「じゃあ、コーヒーでも飲んで落ち着くかい?」

「何もいらない……」

「それじゃ冷たいものでも飲もうよ」

その言葉には彼女もややうなずいた。そこで彼は社長秘書を呼んだ。

「何か冷たいものをとってよ。有希子は何がいい?」

山崎結美が代わりに答えた。

「ストロベリージュースがいいわよね」

秘書はストロベリージュースと専務たちの分を注文した。

その時、事務所に急行している相沢秀禎から自動車電話が入ったという伝言がきた。本人の前では事情説明もしにくい。

「ちょっと待って」と告げて、福田は隣室の受話器を取るために社長室を出た。

ほんのつかのま、社長室には本人と山崎結美二人きりになった。

「ちょっと、ティッシュを……」

そう言った後、本人が姿をくらますまでの「一瞬」は、関係者の証言でも「空白」となっている。とにかく、ほんの一瞬、目を離したスキに彼女は部屋を脱けだしたのである。

「有希子がいませんッ」

福田のいる隣室に顔面蒼白の山崎が飛びこんできた。

「なにッ」

福田は受話器を落としそうになった。山崎はオロオロするばかりで、何を言ってるのかわからなかった。

とにかく捜した。捜し始めた福田の目に脱ぎ捨てられたスリッパが飛びこんできた。それは病院からそのまま本人が履いてきたものだ。右足の分が少し前方を向いて傾いている。彼女の両足を離れたスリッパは七階の屋上に向かう階段の下で、その肉体のゆくえを示していた。

「おい、屋上だッ」

四月のまばゆい陽光の中に、その扉は口を開けていた。駆けあがった屋上にも彼女の姿はなかった。屋上の表通りに面した方角は『クリナップ流し台』の大看板でゆくえを遮られている。

「こちらのわけがない!」と直感的に判断した福田は、裏通りのほうから眼下を覗いてみた。

その時、山崎結美があがってきて、その場にしゃがみこんでしまった。

「落ちたな……」

山崎の姿を見て、福田は事態を了解した。そして階段方向からざわめきが聞こえた。

注文した飲み物が届く前の、ほんの一瞬の出来事である。飲み手を失ったストロベリージュースの氷が溶けていった……。

この日全国のほとんどの学校では入学式が行なわれ、総数五百五十万六千六百六人の新入生が希望に胸をふくらませて校門をくぐった。

東京に桜の開花宣言が出されたのは二日後のことだった。。



b0033699_9223743.jpg

[PR]

by cress30 | 2004-12-22 08:58 | ●岡田有紀子

●中山美穂 全アナログシングル & CDシングル 1

Last Up Dated:2010.07.01

b0033699_19571122.jpg中山 美穂(なかやま・みほ) ▼本名 辻美穂▼1970年(昭45)3月1日、東京都小金井市生まれ。血液型O
85年TBS「毎度おさわがせします」でデビュー。同年 「C」 で歌手デビューも果たし、日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得。一躍人気スターに。その後も 「ツイてるねノッてるね」 「世界中の誰よりきっと」 などヒット曲多数。またTBS 「ママはアイドル」 「ラブストーリー」 フジテレビ 「FOR YOU」 「眠れる森」 「二千年の恋」 などドラマでも活躍。▼85年映画 「ビーバップ・ハイスクール」 89年 「どっちにするの。」 に主演したほか、96年に主演した 「Love Letter」 ではブルーリボン賞主演女優賞ほか多数の賞を受賞。

1992年10月に中山美穂&WANDS名義でリリースした 「世界中の誰よりきっと」 が183.3万枚 (オリコン最高1位) の大ヒットを記録。1994年2月にリリースした「ただ泣きたくなるの」が104.8万枚 (オリコン最高1位) を記録し、自身単独名義での初ミリオンヒットとなった。 1995年に映画 『Love Letter』 (岩井俊二監督作品) に主演し、各映画祭で主演女優賞を受賞。

1996年11月にリリースした 「未来へのプレゼント」 はシンガーソングライター岡本真夜とのコラボレーション。40.9万枚 (オリコン最高6位) のスマッシュヒットとなった。 1997年公開の映画 『東京日和』 (竹中直人監督作品) がロングランヒットを記録。また、映画賞で主演女優賞を受賞。 1998年秋クールの連続ドラマ 『眠れる森』 (フジテレビ系) に主演。SMAPの木村拓哉と共演し、最高視聴率30.8%を記録。 1999年9月にリリースした 「Adore」 が、現時点での最後のシングル発表曲である。以後、歌手活動を休止している。

2004年1月に長男を出産。育児に専念していたが、2005年6月にキリンビバレッジ 「茶来」 のCMで久々のテレビ出演を果たした。現在もフランスに居住し、活動は主にCMのみ。2006年3月、シングルを全て収録したCDボックス 『Complete SINGLES BOX』 を発売。

2007年からは集英社の女性月刊誌 『LEE』 でエッセイの連載を開始した。同年コカコーラ社の缶コーヒージョージアや味の素のCMにも出演。また、夫の辻仁成とツーショットで女性誌にも登場した。 新たに化粧品会社ドクターデヴィアスのCMに出演。




デビューから1989

1st
1985.06.21 「C」/スピード・ウェイ
b0033699_0275150.jpg

2nd
1985.09.21 生意気/「U」
b0033699_0282855.jpg

3rd
1985.12.18 BE-BOP-HIGHSCHOOL/放課後
b0033699_0285539.jpg

4th
1986.02.05 色・ホワイトブレンド/ときめきの季節
b0033699_0291662.jpg

5th
1986.05.16 クローズ・アップ/瞳のかげり
b0033699_030201.jpg
b0033699_0304387.jpg

6th
1986.07.15 JINGI・愛してもらいます/Rishing Love
b0033699_0315185.jpg

b0033699_0323272.jpg

7th
1986.08.21 ツイてるねノッてるね/泣かないわ
b0033699_032582.jpg

b0033699_0332973.jpg

8th
1986.11.21 WAKU WAKUさせて/ハートのスイッチを押して
b0033699_0342766.jpg

b0033699_1232743.jpg

12inch
1986.12.10 
SIDE A WAKU WAKUさせて (ロングバージョン )
SIDE B WAKU WAKUさせて (ロングバージョン・インストロメンタル)
b0033699_10313782.jpgb0033699_03586.jpg


9th
1987.03.18 「派手!!!」/ジェラシー
b0033699_0361837.jpg

b0033699_1221675.jpg

10th
1987.07.07 50/50 /斜めな愛を許して
b0033699_0364736.jpg

11th
1987.10.07 CATCH ME/BAD BOY
b0033699_037116.jpg

12th
1988.02.17 You're My Only Shinin' Star/SHERRY
b0033699_0374290.jpg

13th
1988.07.11 人魚姫/In TheMorning
b0033699_12312157.jpg

12inch
1988.10.21
SIDE A
1.Funkey Marmaid
SIDE B
1.Catch Me In Euro
2.Dance With 「C」 
b0033699_19531494.jpgb0033699_040260.jpg


14th
1988.11.14 Witches/誓いを破って
b0033699_0434492.jpg



b0033699_2215480.jpgb0033699_2223155.jpg
1988.12.21
1.Stardust Lovers
2.Island Blue

Lo-D・日立家電 非売品
Lo-D・日立家電からデシタル移行に伴うCM使用に非売品としてCDプレーヤー購入者に配布された/センチCD。当時リリース元のキングレーコードはこれを機に数作品を8センチCDとして再発売した。



15th
1989.02.21 ROSECOLOR/YOU ANDI
b0033699_0441210.jpg

16th
1989.07.21 Virgin Eyes/サンクチュアリ
b0033699_0443539.jpg


d0022648_19133126.jpgd0022648_2164989.jpg
1989.12.21
1.Destiny
2.Virgin Eyes(Edit Version)

Lo-D・日立家電 非売品
本CDも Lo-D・日立家電からCDプレーヤー購入者に無料配布されたもの。一挙にデジタル化へのスタート時期となった。

17th
1990.01.15 Midnight Taxi /本気でも(最後のアナログ盤)
b0033699_0445449.jpg





次のベージ ↓ ↓ ↓ へ
[PR]

by cress30 | 2004-12-22 08:30 | ◆中山美穂

●中山美穂 全アナログシングル & CDシングル 2

中山美穂

1990から1999


d0022648_0224753.jpgd0022648_15381475.jpg
18th
1990.03.21  
セミスウィートの魔法
Save YourLove





d0022648_02543.jpgd0022648_1541832.jpg
19th
1990.07.11 
女神たちの冒険
Too Fast.TooClose





d0022648_0253047.jpgd0022648_15443941.jpg
20th
1990.10.17 
愛してるっていわない!
Without You





d0022648_0295168.jpgd0022648_15473089.jpg
21st
1991.02.12 
これからのI Love You
誰かが愛に…





d0022648_03730100.jpgd0022648_15494259.jpg
22nd
1991.07.16 
Rosa
Dream





d0022648_0375346.jpgd0022648_1552159.jpg
23rd
1991.11.01 
遠い街のどこかで…
Tell Me





d0022648_0464234.jpgd0022648_155642.jpg
24th
1992.04.01 
Mellow
Silent





d0022648_14491162.jpgd0022648_14552645.jpg
25th
1992.10.28 
世界中の誰よりきっと
世界中の誰よりきっと PARTⅡ

中山美穂&WANDS




d0022648_1622276.jpgd0022648_1624333.jpg
26th
1993.04.21 
幸せになるために
P.S.夏の国から




d0022648_0565517.jpgd0022648_1671087.jpg
27th
1993.07.07 
あなたになら…
Holiday




d0022648_14334728.jpgd0022648_1692462.jpg
28th
1994.02.09 
ただ泣きたくなるの
ただ泣きたくなるの (Another Edition)




d0022648_151086.jpgd0022648_154951.jpg
29th
1994.06.08 
Sea Paradise  (シングルバージョン)
何度でも愛せるから




d0022648_162292.jpgd0022648_165319.jpg
30th
1994.12.14 
HERO
HERO (アカペラバージョン)




d0022648_1193291.jpgd0022648_120790.jpg
31st
1995.05.17 
CHEERS FOR YOU
CHEERS FORYOU(DANCE MIX)




12インチ
1995.05.17
SIDE A
CHEERS FORYOU ロングバージョン(DANCE reMIX )
SIDE B
CHEERS FOR YOU (Re.MiX)

b0033699_11153148.jpgb0033699_0532756.jpg




d0022648_1205010.jpgd0022648_1211257.jpg
32nd
1995.07.21 
Hurt to Heart
I LOVEYOU




d0022648_1425466.jpgd0022648_18303945.jpg
33rd
1996.02.16 
Thinking about you
Angel




d0022648_1351788.jpgd0022648_1354457.jpg
34th
1996.06.07 
True Romance
不意のKiss




d0022648_143033.jpgd0022648_16115031.jpg
35th
1996.11.01 
未来へのプレゼント
Darlin'

中山美穂 with Mayo




d0022648_1432983.jpgd0022648_16143113.jpg
36th
1997.06.04 
マーチカラー
SHINIG FORYOU




d0022648_1441314.jpgd0022648_16174837.jpg
37th
1998.04.08 
LOVE CLOVER
empty pocket




d0022648_18413757.jpgd0022648_18415732.jpg
38th
1999.05.19 
A Place Under the Sun
「noon moon」




d0022648_18465960.jpgd0022648_18472541.jpg
39th
1999.09.16 
Adore
Sweetest Lover 


(最後の39th シングル)




つぎのページ ↓ ↓ ↓ へ
[PR]

by cress30 | 2004-12-22 08:25 | ◆中山美穂

中山美穂 全アナログシングル 3



2006.02.06 COMPLETE SINGLES BOX

オリジナルシングル A面
 オリジナルシングル B面

ディスク:1
d0022648_16424943.jpg1. 「C」
2. 生意気
3. BE-BOP-HIGHSCHOOL
4. 色・ホワイトブレンド
5. クローズ・アップ
6. JINGI・愛してもらいます
7. ツイてるねノッてるね
8. WAKU WAKUさせて
9. 「派手!!!」
10. 50/50 (フィフティー・フィフティー)
11. CATCH ME


ディスク:2
1. スピード・ウェイ
2. 「U」
3. 放課後
4. ときめきの季節
5. 瞳のかげり
6. Rising Love
7. 泣かないわ
d0022648_1714339.jpgd0022648_172363.jpg8. ハートのスイッチを押して
9. ジェラシー
10. 斜めな愛を許して
11. BAD BOY


ディスク:3
1. You're My Only Shinin' Star
2. 人魚姫 mermaid
3. Witches ウィッチズ
4. Rose Color
5. VIRGIN EYES
6. MIDNIGHT TAXI
7. セミスウィートの魔法
8. 女神たちの冒険
9. 愛してるっていわない!


ディスク:4
1. SHERRY
2. In the morning
3. 誓いを破って
d0022648_1751299.jpgd0022648_1753974.jpg4. YOU AND I
5. サンクチュアリ~sanctuary~
6. 本気でも
7. Save Your Love
8. Too Fast,Too Close
9. Without You


ディスク:5
1. これからのI Love You
2. Rosa
3. 遠い街のどこかで…
4. Mellow
5. 世界中の誰よりきっと
6. 幸せになるために
7. あなたになら…
8. ただ泣きたくなるの
9. Sea Paradise -OLの反乱-
10. HERO


d0022648_1795018.jpgd0022648_17101540.jpgディスク:6
1. 誰かが愛に…
2. Dream
3. Tell Me
4. Silent
5. 世界中の誰よりきっと<PARTII>
6. P.S.夏の国から
7. Holiday
8. ただ泣きたくなるの<Another Edition>
9. 何度でも愛せるから
10. HERO<アカペラバージョン>


ディスク:7
1. CHEERS FOR YOU
2. Hurt to Heart~痛みの行方~
3. Thinking About You~あなたの夜を包みたい
4. True Romance
5. 未来へのプレゼント
6. マーチカラー
7. LOVE CLOVER
d0022648_1932464.jpg8. A Place Under the Sun
9. Adore

※Bonus Track
STARDUST
Lagrimas Negras
君がいるから


ディスク:8
1. CHEERS FOR YOU DANCE MIX
2. I LOVE YOU
3. ANGEL
4. 不意のKiss
d0022648_19354696.jpg5. Darlin’
6. SHINING FOR YOU
7. empty pocket
8. noon moon
9. Sweetest Lover

ディスク:9
1. FunkyMermaid<M.I.D. DANCE MIX>
2. CATCH ME In Euro
3. Dance with 「C」
4. From WAKUWAKUSASETE
5. From Rosa
d0022648_19375736.jpg6. From CATCH ME
7. From BE-BOP-HIGH SCHOOL
8. From mermaid
9. From COCKATOO

ディスク:10
1. ANGEL SOUL
2. 小さな太陽-CARROTRED
3. The Eternities
4. SHINING FOR YOU
5. You're My Only Shinin' Star
6. 遠い街のどこかで・・・
d0022648_19392320.jpg7. Love For You
8. Sea Paradise-OLの反乱-
9. Blue Stone
10. 付和電同-WHAT I DO-
11. I KNOW
12. Treasure

既発のシングル39枚の、A-SIDE、B-SIDEを 全て収録


BonusTrackと、2002年にSTARDUST TABLEよりネットのみで配信された「STARDUST」「Lagrimas Negras」「君がいるから」をCD初収録


●◆再発の要望が多い DANCE REMIX ALBUM 4タイトルを収録

Makin' Dancin'  (1988.10.21発売)


DANCE BOX  (1991.7.25発売)


THE REMIXES MIHO NAKAYAMA MEETS New York GROOVE (1997.12.3発売)


THE REMIXES MIHO NAKAYAMA MEETS Los Angeles GROOVE  (1998.1.9発売)


● 特典DVD封入:「Pure White Live '94」 からの未発表ライブ映像


● 本人最新コメントとシングルのジャケット写真を全て掲載したプレミアムブックレット封入


● 封入特典:復刻版デビューシングル 「C」 媒体向けパンフレット











2010.07.07 中山美穂 パーフェクト・ベスト
2010年7月1日 (更新日) の時点で最新ベスト。シングル39枚の中より34曲がおさめられている。タイトルは 「パーフェクト」 だがカットされたシングルは 34th 『True Romance 』 36th 『マーチカラー』 37th 『LOVE CLOVER』 38th 『A Place Under the Sun』 ラストシングル 『Adore』 の5曲 (参照・ジャケ掲載)

b0033699_192556.jpg1-1 (3:27) 「C」
作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:萩田光雄

1-2 (3:17) 生意気
作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:船山基紀

1-3 (3:50) BE-BOP-HIGHSCHOOL
作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:萩田光雄

1-4 (4:11) 色・ホワイトブレンド
作詞:竹内まりや/作曲:竹内まりや/編曲:清水信之
※「資生堂」CMソング

                                         ◎未収録シングルは ↓ 

b0033699_1182010.jpg1-5 (3:57) クローズ・アップ
作詞:松本隆/作曲:財津和夫/編曲:大村雅朗

1-6 (3:47) JINGI・愛してもらいます
作詞:松本隆/作曲:小室哲哉/編曲:大村雅朗

1-7 (3:41) ツイてるねノッてるね
作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:大村雅朗/編曲:船山基紀

1-8 (3:56) WAKU WAKUさせて
作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:船山基紀
※CX系ドラマ「な・ま・い・き盛り」主題歌

1-9 (3:59) 「派手!!!」
作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:船山基紀

b0033699_1201797.jpg1-10 (3:40) 50/50(フィフティー・フィフティー)
作詞:田口俊/作曲:小室哲哉/編曲:船山基紀

1-11 (4:10) CATCH ME(Single Version)
作詞:角松敏生/作曲:角松敏生/編曲:角松敏生

1-12 (4:39) You’re My Only Shinin’Star
作詞:作曲:角松敏生/編曲:大谷和夫/編曲:数原晋

1-13 (4:06) 人魚姫(mermaid)
作詞:康珍化/作曲:CINDY/編曲:Rod Antoon

1-14 (3:49) Witches
作詞:康珍化/作曲:CINDY/編曲:鳥山雄司

1-15 (5:00) ROSECOLOR
作詞:康珍化/作曲:CINDY/編曲:鳥山雄司
b0033699_1234249.jpg
1-16 (4:07) VIRGIN EYES
作詞:吉元由美/作曲:杏里/編曲:小倉泰治
※東宝配給映画「どっちにするの」主題歌

1-17 (4:49) Midnight Taxi
作詞:飛鳥涼/作曲:飛鳥涼/編曲:十川知司

1-18 (4:55) セミスウィートの魔法
作詞:松井五郎/作曲:CINDY/編曲:Rod Antoon/編曲:CINDY

1-19 (4:06) 女神たちの冒険<Single Vers.>
作詞:松井五郎/作曲:斉藤英夫/編曲:斉藤英夫

2-1 (3:43) 愛してるっていわない!
作詞:安藤芳彦/作曲:羽場仁志/編曲:樫原伸彦
b0033699_1282456.jpg※CX系ドラマ「すてきな片想い」主題歌

2-2 (5:55) これからのI Love You
作詞:松井五郎/作曲:崎谷健次郎/編曲:ATOM PROJECT

2-3 (5:11) Rosa
作詞:一咲/作曲:井上ヨシマサ/編曲:アトム

2-4 (5:54) 遠い街のどこかで…
作詞:渡邉美佳/作曲:中崎英也/編曲:中崎英也
※CX系ドラマ「逢いたい時にあなたはいない」主題歌

2-5 (5:50) Mellow
作詞:一咲/作曲:井上ヨシマサ/編曲:井上ヨシマサ

2-6 (4:04) 世界中の誰よりきっと
b0033699_1323359.jpg作詞:上杉昇/作詞:中山美穂/作曲:織田哲郎/編曲:葉山たけし
※CX系ドラマ「誰かが彼女を愛してる」主題歌

2-7 (4:14) 幸せになるために
作詞:岩里祐穂/作詞:中山美穂/作曲:日向敏文/編曲:日向敏文
※NHKテレビ・ドラマ「ええにょぼ」主題歌

2-8 (5:23) あなたになら…
作詞:中山美穂/作曲:久石譲/編曲:久石譲
※東宝配給映画「水の旅人 侍KIDS」主題歌

2-9 (5:00) ただ泣きたくなるの
作詞:国分友里恵/作詞:中山美穂/作曲:岩本正樹/編曲:岩本正樹
※TBSテレビ系ドラマ「もしも願いが叶うなら」主題歌

2-10 (6:15) Sea Paradise~OLの反乱~ シングルバージョン
作詞:中山美穂/作曲:KNACK/編曲:ATOM

2-11 (4:50) HERO
作詞:中山美穂/作詞:Walter N Afanasieff/作詞:Mariah Carey/作曲:Walter N Afanasieff/作曲:Mariah Carey/編曲:Robbie Buchanan

2-12 (4:43) CHEERS FOR YOU
作詞:小竹正人/作詞:中山美穂/作曲:久保田利伸/編曲:Camus Celli/編曲:Andres Levin

2-13 (5:10) Hurt to Heart~痛みの行方~
作詞:横山敬子/作曲:横山敬子/編曲:Jerry Hey
※TBSテレビ系ドラマ「ひと夏のラブレター」主題歌

2-14 (4:49) Thinking About You~あなたの夜を包みたい~
作詞:小竹正人/作曲:Maria/編曲:大谷和夫

2-15 (4:25) 未来へのプレゼント
作詞:岡本真夜/作詞:中山美穂/作曲:岡本真夜/編曲:十川知司
※CX系ドラマ「おいしい関係」主題歌
[PR]

by cress30 | 2004-12-22 08:21 | ◆中山美穂

広瀬香美 全シングル&アルバム

Last Up Dated:2011.11.23


d0022648_7184834.jpg←オリコンチャートデータ 画像クリックで拡大します
66年4月12日生まれ。福岡出身。4歳でピアノを5歳から作曲を習い始める。国立音楽大学を卒業。音大時代、米国Los Angelsに行き、ボビー・ブラウンやBABYFACEのコンサートを見てポップスに開眼。後、マイケル・ジャクソンのヴォイストレーナー、セス・リッグスより約3年間直接指導を受ける。92年7月アルバム「Bingo!」でデビュー。
93年 「ロマンスの神様」 が175万枚の大ヒット。冬は広瀬香美 と言うイメージの先駆けとなる。ニューヨーク在住。99年3月、映画『ゲレンデがとけるほど恋したい。』をきっかけに知り合った俳優大沢たかおと結婚。2006年11月28日離婚が報道され、同日「広瀬香美から」として「結婚生活に終止符を打つ事にいたしました」と離婚のコメントを掲載。08年10月28日、「私、広瀬香美は2008年10月12日に結婚いたしました」と、一般企業に勤めるイタリア系米国人男性との再婚を発表。

b0033699_19173915.jpgb0033699_19235257.jpg



1992.07.22 Bingo! (1st) 
d0022648_16481234.jpg01.I DON'T WANNA WORK~働きたくなんかない
02.幸せのリズム
03.DON'T GO AWAY
04.言えない気持ち
05.ぜったい信じない
06.13日の金曜日
07.We'll be together
08.MY HOME ALONE
09.HOW MUCH I NEED YOU
d0022648_15104327.jpg10.YOU'RE MY LIFE
シングル 『愛があれば大丈夫』 よりも前の5ヶ月前にアルバムでデビューした広瀬香美。その1st。1994年3月にジャケ写がリニューアル(下)された。


d0022648_11464599.jpgd0022648_12151151.jpg1992.12.02
1.愛があれば大丈夫
2.もう一度 もう一度
※ 最高位4位
1992年12月19日 公開 東映映画 『病は気から 病院へ行こう2』 (キャスト・小泉今日子・三上博史・真田広之・柄本明・木野花) の主題歌。最高位4位、累計売上枚数は70万枚近く売り上げるヒット作となった。


1992.12.21 病は気から~病院へ行こう2 (サントラ)
d0022648_1811030.jpg
※愛があれば大丈夫 (サントラ) 
小泉今日子主演の 『病は気から 病院へ行こう2』 の主題歌になった香美さんの1stシングルがオープニングに収録されたサントラ盤。三上博史、真田広之、柄本明らがキャステングされ92年に公開。ホスピスの患者や医師たちの姿を描くヒューマン・コメディ。「病院へ行こう」の続編。


1993.03.24 good luck! (2nd)  
d0022648_18201223.jpg01.Good Luck!
02.愛があれば大丈夫(アルバムヴァージョン)
03.幸せのはじまり
04.I Wanna Be Your Love
05.結婚のススメ
06.Still
07.もう一度 もう一度
08.あたしの財産
09.左手
d0022648_18235134.jpg10.NO World Without you
広瀬香美は当初からシングルリリースした楽曲をアルバムでは別アレンジで収録。映画 『病院へ行こう2』 主題歌 「愛があれば大丈夫」 は シングル(4分28秒)アルバム(5分15秒)。確固たる姿勢で臨む本格派アーティストだ。本作品も1994年にジャケット写真がリニューアル(右)された。


d0022648_11472944.jpgd0022648_11481138.jpg
1993.05.21 
1.二人のBirthday
2.愛があれば大丈夫 (28アカペラヴァージョン)
※ 最高位49位
TBS系『自然がいちばん!地球塾』テーマ曲。c/wは前作 「愛があれば大丈夫」 の別バージョンを収録。
広瀬香美はアルバムとシングルのトラックは別バージョンが多く、多数のシングルのみのカットが多い。



d0022648_1203228.jpgd0022648_1214445.jpg
1993.12.01 
1.ロマンスの神様
2.na na na…
※ 最高位1位
アルペンCMソング。このCMの影響でウィンターソングとして有名になり、広瀬が『冬の女王』と呼ばれるきっかけとなった。


1993.12.16 サクセスストーリー (3rd)
d0022648_18414290.jpg01.ntroduction~Make me smile
02.ロマンスの神様
03.SUCCESS STORY
04.How to Love
05.Dear
06.Make me smile (リプリーズ)
07.生きがい
08.二人のBirthday (アルバムヴァージョン)
09.恋人募集中
d0022648_18433688.jpg10.Tomorrow
11.お引越し
TBS系TV 『自然がいちばん地球塾』 テーマソングだった 「二人のBirthday」→ シングル(5分43秒)、アルバム(5分35秒)
『自然がいちばん地球塾』 は 1993年4月17日から同年9月25日までTBS系列で土曜日午後8:00放送されていた動物クイズ番組。わずか半年で終了。


d0022648_13244113.jpgd0022648_1325243.jpg
1994.05.11 
1.ドラマティックに恋して
2.言えない気持ち


1994.05.21  上を向いて歩こう! (サントラ)
d0022648_1934960.jpg01.オープニング~マンデー21のテーマ
02.青空のように~千晶のテーマ
03.Cool Guy~鮫島のテーマ
04.ドラマティックに恋して (シングルヴァージョン)
05.哀愁のキャリアガール~涼のテーマ
06.Trouble Makers
07.Dangerous
08.American Right~椿のテーマ
09.ドラマティックに恋して (サントラヴァージョンⅠ)
d0022648_1955015.jpg10.Give & Take~瞳のテーマ
11.青空のように(クラッシックヴァージョン)
12.Cool Guy?Jazzy Version?
13.To Be Continued
14.ドラマティックに恋して (サントラヴァージョンⅡ)
15.Trouble Makers (オルゴールヴァージョン)
フジテレビ系列月9枠で、1994年4月11日から6月27日まで放送されたテレビドラマ。全12回、平均視聴率15.5%。報道局に配属されたジャパンテレビ新入社員の千晶(西田ひかる)と鮫島(舘ひろし)の対立と、それを巡る周囲の混乱ぶりを描いたコメディ。キャステングは西田ひかる・舘ひろし・石田ゆり子・高橋克典・ともさかりえ他■本作品はドラマの全編を音楽プロデュースした広瀬香美の作品。シングルでリリースされた 「ドラマティックに恋して」 のオリジナル楽曲は本作品にのみ収録された。


d0022648_1315225.jpgd0022648_13152861.jpg
1994.12.01 
1.幸せをつかみたい
2.LUCKY GIRL~信じる者は救われる


1994.12.16 ハーベスト (4th)
d0022648_19484522.jpg01.Beginning
02.素敵なタイミング
03.フォーチュンクッキー
04.幸せをつかみたい (アルバムヴァージョン)
05.愛の力
06.MONEY
07.LUCKY GIRL~信じる者は救われる(ALヴァージョン)
08.春よ来い
09.ドラマチィックに恋して(アルバムヴァージョン)
d0022648_1950629.jpg10.Harvest

■「ドラマティックに恋して」シングル(4分33秒)、アルバム(4分32秒)、「幸せをつかみたい」シングル(4分34秒)、アルバム(4分57秒)、「LUCKY GIRL~信じる者は救われる」シングル(5分03秒)、アルバム(5分54秒)。


d0022648_1333353.jpgd0022648_13335736.jpg
1995.05.24 
1.愛はバラード
2.Beginning Part 2


1995.06.21 Beginning Part 2
d0022648_20155563.jpg
1.ビギニング・パート2 (フィーリン・グッド・ファンク・ミックス)
2.同 (クラシック・ハウス・ミックス)
3.同 (レイト・ナイト・ジャズ・ミックス)
4.同 (コウミズ・ビバップ・ミックス)
5.同 (インストゥルメンタル)
6.同 (オリジナルシングルヴァージョン)
ニューヨークで活躍中の名プロデューサー,デヴィッド・ダーリン
トンがシングル「愛はバラード」 のカップリングの同曲を、
d0022648_2020736.jpg様々なヴァージョンへとリミックス。
オリジナル楽曲の美味しいテイストだけを残し,ハウスからファンクまでと大胆に変貌させているミニアルバム。



d0022648_13413647.jpgd0022648_1342378.jpg
1995.12.01
1.ゲレンデがとけるほど恋したい
2.幸せのおすそわけ


1995.12.09  ゲレンデがとけるほど恋したい サントラ
d0022648_2044187.jpg01. ゲレンデがとけるほど恋したい
02. カット・バック~波をブッちぎれ!
03. HAB’IT
04. レイ・レディ・レイ
05. ホライズン
06. 永遠の友達
07. ターン!ターン!ターン!
08. 雨を見たかい
09. ちゃんちゃらおかしくてやってられなーい
d0022648_2046088.jpg10. ラヴ・チャイムが聴こえる時
11. イエスタデイ・イエス・ア・デイ
12. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ
13. アイス・ブルー
ドラマ性あるCMで一世風靡したアルペンが作った映画。ニュージーランドの壮大な銀世界を舞台に,スキーにスノーボードが盛りだくさん。
広瀬香美の曲はタイトルチェーンの1曲のみ。作品で同曲が使われたことが切っ掛けとなって結婚に至る。



1995.12.16 Love Together (5th)
d0022648_192611.jpg01.PRELUDE
02.ゲレンデがとけるほど恋したい (アルバムヴァージョン)
03.恋するギャンブラー
04.Love Together
05.HOME
06.A・Q ROCK
07.組曲 『人間ドック』
08.DESTINY
09.悲しい季節
d0022648_2114866.jpg10.愛はバラード (アルバムヴァージョン)
11.幸せのおすそわけ (アルバムヴァージョン)
12.SWEET LOVE SONG

■「愛はバラード」シングル(5分31秒)アルバム(5分43秒)、「ゲレンデがとけるほど恋したい」シングル(5分13秒)アルバム(5分09秒)、「幸せのおすそわけ」シングル(4分34秒)アルバム(4分11秒)。


d0022648_1354457.jpgd0022648_1355575.jpg
1996.11.11 
1.DEAR...again
2.みなさんのおかげです


d0022648_1464119.jpgd0022648_147774.jpg
1997.01.01 
1.真冬の帰り道
2.ライフワーク


1997.02.05 welcome-muzik (6th)
d0022648_2294139.jpg
01.Show Time!
02.真冬の帰り道
03.ふつうのラブソング
04.Photograph
05.秘密
06.DEAR...again(アルバムヴァージョン)
07.たまにはこんなあなたでいい
08.ロンリー渡り鳥(ライブヴァージョン)
09.Partyはつづく
d0022648_22115045.jpg10.バカンスの女神
11.愛してた
12.おやすみのうた
■「DEAR . . . again」 シングル(5分37秒)アルバム(6分06秒)


b0033699_1526451.jpg
1997.04.23
01. ごはんを食べよう
02. オフ

■ボーカルは室瀬美紀。NTV系「ダウンタウンDX」エンディング・テーマ。
作詞、作曲、編曲とコーラスに広瀬香美が担当。


d0022648_1482548.jpgd0022648_1484773.jpg
1997.07.24 
1.夏だモン
2.カリフォルニアの青い空


1997.08.08 映画  『ときめきメモリアル』 (サントラ)
d0022648_2231717.jpg01.セピアの夏のフォトグラフ(オーケストラヴァージョン)
02.働くキリギリス
03.幸せのリズム
04.誰もいない海 (Life & Days)
05.ときめきの朝
06.good luck!
07.幸せのはじまり
08.アベマリア
09.誰もいない海
d0022648_223389.jpg10.働くキリギリス(オーケストラヴァージョン)
11.誰もいない海(Cry&Sigh)
12.セピアの夏のフォトグラフ
13.セピアの夏のフォトグラフ(In Memories)

■新曲2曲を含むサントラ盤。太字の曲が本人ヴォーカル曲。
主演が榎本加奈子で、脇を中山エミリ、矢田亜稀子(画像クリックで拡大)らがかためた青春物。広瀬香美の音楽監修効果が映画を盛り上げた。下左は実写版 『ときめきメモリアル』。


1997.08.21 housands of Covers Disc.1
d0022648_19293237.jpg
01.シーズン・イン・ザ・サン
02.カルフォルニアの青い空
03.いとしのエリー
04.う・ふ・ふ・ふ
05.Cruising for Bruising
06.星影の小径
07.天空
08.大都会
09.ここに幸あり
d0022648_22524942.jpg10.真夜中のドア~stay with me (Dub Vox)
11.さよなら夏の日
■カバーアルバム。


b0033699_20135970.jpgd0022648_1442266.jpg
1997.11.27
1.プロミス
2.chocolate


b0033699_20114380.jpgd0022648_14431778.jpg
1998.01.15 
1.ピアニシモ
2.変身しましょう


1998.01.15 ラブソディ (7th)
d0022648_23323380.jpg
01.love link life
02.Digital Rhapsody
03.promise (アルバムヴァージョン)
04.地図を広げよう
05.ピアニシモ (アルバムヴァージョン)
06.僕がそばに...
07.くちづけ
08.So Far So Good
09.迷えるBOY ミラクルGIRL
d0022648_23331322.jpg10.夏だモン (アルバムヴァージョン)
11.YOYO
12.恋なんかしたくない(ウソ)
13.LOVE LINK LIFE

■「夏だモン」シングル (3分50秒)アルバム(4分27秒)、「promise」シングル(4分40秒)アルバム(5分37秒)、
「ピアニシモ」シングル(5分34秒)アルバム(5分31秒)


d0022648_19443683.jpgd0022648_1945977.jpg
1998.07.23 
01.夏はオーライ! (C.J.ルイス featuring 広瀬香美)
02.レイト・ナイツ


d0022648_14561896.jpgd0022648_14564211.jpg
1998.09.23 
1.Groovy! (カードキャプターさくら EDテーマ)
2.Groovy!(カラオケ)


1998.11.11 THE BEST Love Winters
d0022648_23513035.jpg
01.愛があれば大丈夫
02.二人のBirthday
03.ロマンスの神様
04.幸せをつかみたい
05.ゲレンデがとけるほど恋したい
06.DEAR…again (アルバムヴァージョン)
07.真冬の帰り道
08.promise
09.ピアニシモ
d0022648_2352637.jpg10.Groovy!
11.幸せになりたい(新曲)
12.Always I Need (新曲)

※「DEAR…again」はアルバムヴァージョンが収録されたため、シングルヴァージョンはアルバム未収録になった。新曲 「幸せになりたい」 と 「Always I Need」 以外の曲はシングルヴァージョン。初期リリースで200万枚を売り上げた。


d0022648_1571680.jpgd0022648_1574053.jpg
1998.12.02
1.ストロボ
2.No Reason


1998.12.19
カードキャプターさくら ― オリジナル・サウンドトラック 2

b0033699_2032651.jpg
※ Groovy!
※ Groovy!  (TVバージョン)
CLAMP原作による人気アニメのサントラ盤の第2弾。広瀬香美、根岸貴幸によるBGMは,従来の魔法少女もののイメージにとらわれない多彩な曲が多い。ボーナス・トラックには,アイ・キャッチや予告用の曲などが収録されており,広瀬香美のパートは 『Groovy! 』 の2曲。


d0022648_1457338.jpgd0022648_14575350.jpg
1999.01.21 
I Wish
R.P. Genius


d0022648_15154833.jpgd0022648_1516910.jpg
1999.11.20 
1.恋のベスト10
2.higher and higher


1999.12.16 Music D. (8th)
d0022648_01275.jpg01.Love Communication
02.恋のベスト10 (アルバムヴァージョン)
03.リバース
04.I.C.E
05.ストロボ (アルバムヴァージョン)
06.School Days
07.Rest of Your Heart
08.NIGHTMARE
09.ムーンロケット
d0022648_021252.jpg10.パリパラ
11.BEGIN (アルバムヴァージョン)
12.I Wish (アルバムヴァージョン)
13.dance with me
■「ストロボ」シングル (5分03秒) アルバム(5分59秒)、「I Wish」シングル (4分58秒) アルバム(4分24秒)、 「恋のベスト10」シングル (4分27秒) アルバム(4分55秒)、「BEGIN」シングル (5分06秒) アルバム(4分05秒)■アルペンのCM曲「BEGINE~」やストリングスを大きくフィーチャーしたり、アカペラを加えたり、中にはHIP-HOP調の曲などもあり、かなり実験的かつバラエティーに富んだ充実作。音楽的才能が随所に感じられる。


d0022648_0325337.jpg
2000.01.13
01.BEGIN ~いくつもの冬を越えて
02.同 (Over Grund Mix)
03.Moon-Rocket
04.同 (S.W.Mix for Halfpipe)


d0022648_0341530.jpg
2000.03.23 
01.Only One
02.Only One(インストゥルメンタル)
03.Only One(カラオケ)
04.Only One(オルゴール)


d0022648_0352069.jpg
2000.11.22
01.More More Love Winters
02.Crystal Winters
03.Winter Love Songs


d0022648_0362588.jpg
2001.01.24 
01.サーチ・ライト
02.Rising New World


d0022648_15125853.jpg
2001.09.21 
01.黄昏
02.easy


2001.11.07 THE BEST Love Winters~ballads
b0033699_19143122.jpg
01. ロマンスの神様[a cappella]
02. 愛はバラード
03. promise[soul bossa flavor]
04. 誰もいない海
05. いとしのエリー
06. ピアニシモ[Mix on Basis]
07. Dear
08. Don't Go Away
09. 僕がそばに…
d0022648_0462459.jpg10. I Wish
11. Harvest
12. Search-Light
13. School Days
14. 黄昏
15. Ave Maria



2001からは 次の ↓↓↓ページへ
[PR]

by cress30 | 2004-12-21 18:07 | ●広瀬香美

広瀬香美 2

広瀬香美2001~2012

d0022648_2022428.jpg2001.12.05 
01.Velvet
02.follow me
アルペンのCMソングで、数少ないアルバム未収録の広瀬香美のシングル。ベスト盤にも収録されていず、このCDでしか聞くことが出来ない。


d0022648_20232521.jpg
2002.01.23 
01.月の下で逢いましょう
02.振り向かないで
アルペンのCMソングで、アルバム未収録の広瀬香美のシングル。このCDでしか聞くことが出来ない。


d0022648_16303873.jpg2004.11.17 
01.日付変更
02.日付変更 (中国語ヴァージョン)
03.日付変更 (日付変更)
04.涙腺のバブル


2004.12.16 LOVEBIRD  (9th)
d0022648_16503374.jpg
01.明日に向かって架ける橋
02.The Shining Story (サークルKサンクスCMソング)
03.白いブーツ
04.日付変更線(日本語ヴァージョン)
05.失恋日和
06.sayonara
07.冬の色
08.歌いたいの
d0022648_16513088.jpg09.What a hot winter!!
10.眠れぬ夜の小夜曲
11.日付変更線(アコースティックヴァージョン)
オリジナル・アルバムとしては5年ぶり。
ポジティヴで押しが強いメロディ・ラインとヴォーカルは健在。そのパワー量は圧巻




d0022648_16315045.jpg
2006.02.15 
01.GIFT
02.愛は特効薬
03.甘いお話 part3



2006.11.22  GIFT+ (10th)
d0022648_1634406.jpg
01.サッカーボールみたいに転がって
02.甘いお話し part3
03.情熱+
04.GIFT
05.茜
06.サプライズ未来
07.Silent Night Candle Light
08.愛は特効薬(type2)
09.西暦2010年
d0022648_16352873.jpg10.No More Sad
11.Happy Valentine Day
12.sometimes・・・




2007.02.21
THE BEST LOVE Winters & ballads

b0033699_19184175.jpg
1998年11月 THE BEST Love Winters
2001年11月 THE BEST Love Winters~ballads
の2枚を期間限定で2007年3月まで販売


2007.12.05 Alpen Best
d0022648_2002586.jpg01 ロマンスの神様
02 幸せをつかみたい
03 ゲレンデがとけるほど恋したい
04 DEAR...again (Ver.2.05)
05 真冬の帰り道
06 promise
07 ピアニシモ
08 ストロボ
09 I wish
10 恋のBEST10
11 BEGIN?いくつもの冬を越えて?
12 Search Light
13 Velvet
14 月の下で逢いましょう
15 ロマンスの神様?弾き歌いVersion?



d0022648_16421297.jpg
2008.01.30
01.サタデー☆ラバーズ
02.甘いお話 part3



d0022648_1643797.jpg
2008.07.23
01.愛があれば大丈夫 - 08' Remastering
02.ロマンスの神様 - 08' Remastering
03.GIFT - 08' Remastering



2008.12.03   Making My Life Better (11th)
d0022648_19371128.jpg
01.冬のモチベーション
02.サタデー☆ラバーズ
03.ビコーズ
04.ロマンスの神様 (弾き歌いVersion)
05.恋人を作る方法
06.Love Award
07.ミュージカル~Winter
08.ニュービコーズ
b0033699_19274014.jpg09.ブランケット プリーズ
10.曇りガラス(Live)
11.叱ってちょうだい


b0033699_19294451.jpg
2009.11.18
クリスマスキャロルの頃には
稲垣潤一&広瀬香美名義


b0033699_19305237.jpg
2009.12.16
1.とろけるリズム
2. ビバ☆クリスマス~君への贈り物




2009.12.16 広瀬香美タイアップコレクション
b0033699_1933421.jpgb0033699_19315741.jpg


タイアップコレクション広瀬香美のテレビで聴いたあの曲。
1stシングル「愛があれば大丈夫」から最新シングルまで。
タイトル通り歴代のCMソングやドラマ&映画主題歌などを厳選した、究極のベストアルバム。
恐らく、1曲も知らないって人は皆無なのでは?



01.愛があれば大丈夫  《映画「病は気から~病院へ行こう2」主題歌》
02.ロマンスの神様  《'93アルペンCMソング》
03.二人のBirthday  《TBS系TV「自然がいちばん!地球塾」テーマソング》
04.ゲレンデがとけるほど恋したい 《'95アルペンCMソング/映画「ゲレンデが・・。」主題歌》
05.愛はバラード  《住友生命CMイメージソング》
06.DEAR…again (アルバムヴァージョン) 《'96アルペンCMソング》
07.promise  《'97アルペンCMソング》
08.夏だモン 《TBS系TVドラマ「金のたまご」主題歌》
09.ストロボ 《'98アルペンCMソング》
10.Search-Light  《'01アルペンCMソング》
11.甘いお話 part3  《ブリヂストン「ブリザック」NO.1篇CMソング》
12.GIFT  《日本テレビ系全国ネット ドラマコンプレックス》
13.冬のモチベーション  《'08アルペン・スポーツデポCMソング》
14.とろけるリズム  《'09アルペン・スポーツデポCMソング》


b0033699_2032679.jpg2009.12.19
1.ビバヒウィッヒヒー
2.ビバ秋葉原
3.ビバダイエット
4.ビバオリンピック
5.ビバクリスマス~君への贈り物




2010.01.20 DRAMA Songs
b0033699_1558332.jpg1990年代ドラマ黄金期の高視聴率“冬ドラ”主題歌を“冬の女王”広瀬香美が歌うアコーシティック・アレンジのカヴァー・アルバム。1990年代は、日本ドラマの黄金時代。なかでも、1月放送開始クールの“冬ドラ”は例年高視聴率をマークしたほど人気の高い作品が続出。その“冬ドラ”主題歌の中でも、オリコン年間チャート上位をマークしたお茶の間で、耳馴染みの曲が収録された広瀬香美THE90'sカヴァー。1997年8月リリース 「housands of Covers Disc.1」 以来のカヴァー・ベストになる。

01.空も飛べるはず (スピッツ) 1996年フジテレビ系「白線流し」主題歌
02.悲しみは雪のように (浜田省吾) 1992年フジテレビ系「愛という名のもとに」主題歌
03.ラブ・ストーリーは突然に (小田和正) 1991年フジテレビ系「東京ラブストーリー」主題歌
04.Time goes by (Every Little Thing) 1998年:フジテレビ系「甘い結婚」主題歌
05.YAH YAH YAH (CHAGE&ASKA) 1993年フジテレビ系「振り返れば奴がいる」主題歌
06.今すぐKiss Me (LINDBERG) 1990年:フジテレビ系「世界で一番君が好き」主題歌
07.名もなき詩 (Mr.Children) 1996年:フジテレビ系「ピュア」主題歌
08.CRAZY GONNA CRAZY (trf) 1995年フジテレビ系「我慢できない」主題歌
09.優しい雨 (小泉今日子) 1993年TBS系「愛するということ」主題歌
10.OH MY LITTLE GIRL (尾崎豊) 1994年:フジテレビ系「この世の果て」主題歌
11.All I Want for Christmas Is You (マライア・キャリー) 94年CX29歳のクリスマス主題歌
12.If We Hold On Together (ダイアナ・ロス) 1990年TBS系「想い出にかわるまで」主題歌



2010.12.15 名曲アルバム
(12th)
b0033699_1722124.jpg
1. 僕がそばに...
2. LOVE-MEETING
3. Don’t Go Away
4. You’re My Life
5. 幸せのはじまり
6. How To Love
7. Dear
8. Tomorrow
9. Harvest
10. HOME
11. ふつうのラブソング


b0033699_1643261.jpg
2011.04.22

笑顔の女神様



2011.6.21  Friday Kohmi 1st Year Compilation
b0033699_16463049.jpgFriday call me
バ☆フェイスブック
ハッピーターンの歌
セブンネットショッピングの歌
Friday call me (アンプラグド)
Ulalala?Love
Friday call me (カラオケ)
Ulalala?Love(カラオケ)


2011.11.23 SINGLE COLLECTION
待望のシングルA面コレクションがリリース。多数のアルバム未収録シングル初収録バージョンがベスト化になった。デビュー曲から最新シングルまでのセット。今回CW曲でアルバム未収録がまだあるので、完全とは言えない利が残念。今期ALPEN CM曲で使用される新曲 「フリーダム」 と前期のCM曲 「LOVE-MEETING」、さらに配信のみでリリースされたチャリティ・ソング 「笑顔の女神様」 を加えた全29曲2枚組の豪華盤。
DISC1
b0033699_1584675.jpg01 愛があれば大丈夫
02 二人のBirthday
03 ロマンスの神様
04 ドラマティックに恋して
05 幸せをつかみたい
06 愛はバラード
07 ゲレンデがとけるほど恋したい(シングルバージョン)
08 DEAR...again (シングルバージョン)
09 真冬の帰り道
10 夏だモン
11 promise
12 ピアニシモ
13 Groovy!
14 ストロボ

DISC2
01 I Wish
02 恋のベスト10
03 BEGIN~いくつもの冬を越えて~
04 Only One~オンリー・ワン~
05 Search Light
06 黄昏 (アルバム初収録)
07 Velvet (アルバム初収録)
08 月の下で逢いましょう (アルバム初収録)
09 日付変更線
10 GIFT (アルバム初収録)
11 愛は特効薬 (アルバム初収録)
12 とろけるリズム (アルバム初収録)
13 LOVE-MEETING (アルバム初収録)
14 笑顔の女神様 (with Friday Kohmi合唱団)
15 フリーダム(新曲)




2011.11.23 Love X'mas (13th)
世界的に有名な名曲ばかり。冬の女王と呼ばれる彼女の作るクリスマス・アルバムは街角に輝くクリスマス・ツリーのようなゴージャスな仕上がりとなっている
b0033699_15133160.jpg1. POTAGE
2. HAPPY XMAS (WAR IS OVER)
3. LAST CHRISTMAS
4. WHEN YOU WISH UPON A STAR
5. THE CHRISTMAS SONG
6. WHITE CHRISTMAS
7. WINTER WONDERLAND
8. BLUE CHRISTMAS
9. FROSTY THE SNOWMAN
10. LET IT SNOW LET IT SNOW LET IT SNOW -
11. SLEIGH RIDE



2012.12.05 And. Love. Again. (14th)
デビュー20周年(2012年時)を迎えた広瀬香美のアルバム。原点回帰となるL.A.レコーディングを実施。スペシャル・ゲストに、サックス界のスター・プレイヤーであるデヴィッド・サンボーン他、L.A.の豪華ミュージシャンを迎えた“大人のための音楽”を収めた作品
b0033699_7343095.jpg01 Love again
02 冬の恋がスピードアップ
03 サビよ来い
04 サヨナラカラ
05 Message
06 アイスクリームとおでん
07 3S~スリル・スピード・サプライズ~
08 好きで好きで
09 キャリーバッグ
10 You're my hero



2012.12.18  冬のCMベスト
b0033699_7352276.jpg01 ロマンスの神様 - 08' Remastering
02 幸せをつかみたい
03 ゲレンデがとけるほど恋したい
04 DEAR . . . again
05 真冬の帰り道
06 promise
07 ピアニシモ
08 ストロボ
09 I Wish
10 恋のベスト10
11 BEGIN~いくつもの冬を越えて~
12 Search-Light
13 Velvet




★インタビュー (クリック)
[PR]

by cress30 | 2004-12-21 18:00 | ●広瀬香美