<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2013年度アルバム・シングル売り上げベスト10

★★2013年度年間アルバム売り上げランキング★★



●年間売り上アルバム・シングル売り上げベスト10

2004年度2005年度 ★2006年度 ★2007年度 ★2008年度 ★2009年度 ★2010年度

2011年度 ★2012年度 ★2013年度 ★2014年度 ★2015年度


第1位  LOVE (ラブ)
 (2013年10月23日発売)
b0033699_42022.jpg

アルバムチャートで初週67.0万枚を売り上げ、2004年の 『いざッ、Now』 から11作連続・通算12作目となる初登場首位を獲得。今作でアルバム首位獲得年数が10年となり、男性グループとしてはEXILEに続く史上2組目の記録。翌週にあたる11月11日付オリコンアルバムチャートでも6.2万枚を売り上げ、2週目となる首位を獲得した。嵐のアルバムで2週連続首位を獲得したのは 『僕の見ている風景』 (2010年)以来3年3か月ぶり。更に、嵐はこのアルバムで2年ぶりの年間1位を獲得し、第28回ゴールドディスク大賞の最高賞であるアルバム・オブ・ザ・イヤーも獲得した。



第2位 B'z The Best XXV 1988-1998 (ビーズ・ザ・ベスト)
 (2013年6月12日発売)
b0033699_4204669.jpg

デビュー25周年を記念してリリース。公式は 「オールシングル・ベストアルバム」 と紹介されている。本作は25周年にちなみ、1stシングル 「だからその手を離して」 から25thシングル 「HOME」 までのシングル25作品のA面曲全曲に、新曲 「HEAT」 「核心」 を加えた合計28曲で、原盤権の問題で未収録となっていた初期のシングル曲も全て収録されている。
チャートでは初登場1位を獲得。『B'z The Best XXV 1999-2012』 が初登場2位を獲得したため、2013年6月24日付週間ランキング1・2位を独占した。
自身の持つアルバム歴代1位記録の首位獲得数、総売上枚数記録も更新し、アルバム首位獲得数は通算26作目 (歴代2位は、松任谷由実の23作)、総売上枚数は4566.9万枚(歴代2位は、松任谷由実の3057.2万枚)となった。



第3位 B'z  The Best XXV 1999-2012  
(2013年6月12日)
b0033699_4213142.jpg

B'zのベストアルバム。 『B'z The Best XXV 1988-1998』 と2作同時発売。
本作は、26thシングル 「ギリギリchop」 から50thシングル 「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」 までのシングル25作品のA面曲全曲に、新曲 「Q&A」 「ユートピア」 を加えた合計28曲を収録。チャートでは初登場2位を獲得。『B'z The Best XXV 1988-1998』 が初登場1位を獲得したため、今作が2位となった。



第4位 FUNKY MONKEY BABYS フアンキーモンキーベイビーズ LAST BEST 
(2013年3月27日発売)
b0033699_422797.jpg

FUNKY MONKEY BABYS最後のベスト・アルバムにして集大成。「そのまんま東へ」 から 「ありがとう」 までのシングル曲全てと一部カップリング曲、アルバム収録曲を合わせて全39曲を収録。ただし 「風」 と配信限定シングル 「ふるさと」、およびDVDシングルとして発売された 「雪が降る街」 は収録されなかった。
オリコンチャートで2週目にして首位を獲得。アルバムチャートでの2週目にしての首位獲得はアヴリル・ラヴィーンの「ベスト・ダム・シング」以来5年11ヶ月ぶり。



第5位 NMB48 てっぺんとったんで
 (2013年2月27日発売)
b0033699_4224457.jpg

オリコン週間アルバムチャートにおいて初登場で1位にランクインした。NMB48はデビューシングル 「絶滅黒髪少女」 が同週間シングルチャートで初登場1位を獲得しており、本アルバムの初登場1位の獲得によりシングル・アルバムの両者でデビュー作の初登場1位を達成した。
推定売上枚数61,133枚を記録し1位、同じく「通常盤Type-M」が43,298枚で2位、同じく「通常盤Type-B」が35,291枚で3位となりトップ3を占めた。



第6位 安室奈美恵 FEEL (フィール)
 (2013年7月10日発売)
b0033699_4232256.jpg

40thシングル 「Big Boys Cry/Beautiful」 から 「Big Boys Cry」、TBS系日曜劇場 『空飛ぶ広報室』 主題歌の配信限定シングル 「Contrail」 に加え、リード曲 「Alive」、フジテレビ系 『めざましテレビ』 年間テーマソング 「Can You Feel This Love」 など全12曲を収録。収録曲のうち「Alive」、「Hands On Me」、「Heaven」、「La La La」、「Supernatural Love」、「Let Me Let You Go」、「Stardust In My Eyes」は全編英語詞である。
配信限定シングル 「Damage」 と同年にリリースされたSGの2曲目 「Beautiful」 はコンセプトの都合上未収録。ジャケットビジュアルは、『FEEL=感じる』 に込めた“心で感じて欲しい”という想いを反映し、目を塞ぎ、口を塞ぎ、耳を塞いだ写真を使用。オリコン週間アルバムランキングで、7thアルバム 『PLAY』 以来6作連続 (再発盤を除く)、ベスト・アルバムを含め通算11作目の1位を獲得。



第7位 関ジャニ∞ JUKE BOX (ジュークボックス)
。(2013年10月16日発売)
b0033699_4235596.jpg

シングル曲 「あおっぱな」、「へそ曲がり」 「ここにしかない景色」 「涙の答え」 の他、ISEKI from キマグレン、Skoop On Somebody、童子-T、前山田健一など多彩な作家陣の書き下ろし曲に加え、錦戸亮・安田章大共作曲も収録。通常盤には、ユニット曲2曲と、安田が楽曲を書き下ろし、メンバーそれぞれが作詞を行った新曲 「All is well」 を収録。アルバムとしては初めて年間TOP10入りを果たした。



第8位 EXILE BEST HITS -LOVE SIDE / SOUL SIDE- 
(エグザイル・ベスト・ヒッツ・ラブサイド・ソウルサイド)

(2012年12月5日発売)
b0033699_772925.jpg

約4年ぶりとなるベストアルバムで、2008年に発表された3枚のベストアルバムを含めると通算5作目。LOVE SIDEは、通称「泣きザイル盤」。バラード曲を中心に収録している。SOUL SIDEは、通称 「アゲザイル盤」。アッパーチューンを中心に収録している。



第9位 Superfly Superfly BEST (スーパーフライ ベスト)
(2013年9月25日発売)
b0033699_4245884.jpg

2枚組みアルバムとしてもベスト・アルバムとしても初。これまでに発売されてきたシングル(配信限定含む)全24曲の他、トータス松本との共演による 「STARS」、映像作品 「Shout In The Rainbow!!」 の初回限定盤に収録されていた 「さすらいの旅人」 も収録。更に、現在・過去・未来を表した新曲が3曲収録されている。
『ベストアルバムには抵抗がありました。ずっと新しい作品を届けたかったからです。』 とブログで心情を明かしている。このアルバムでは、Superflyの現在・過去・未来を表している。



第10位 東方神起 time
(2013年3月6日発売)
b0033699_4253417.jpg

東方神起の海外グループ歴代1位の総売り上げ枚数を達成したシングル 「ANDROID」 や、ドラマ主題歌に起用された 「Catch Me-If you wanna-」 他、大ヒット曲を多数収録。



★★2013年度年間シングル売り上げランキング★★



第1位 AKB48 さよならクロール
 (2013年5月22日発売)
b0033699_3522997.jpg

発売前日(集計初日)のデイリーシングルチャートで推定売上枚数約145.1万枚を記録し、初登場1位を記録した。これにより、集計初日のみでミリオンセラーを達成したほか、自身の 「真夏のSounds good !」 が2012年5月22日付で記録した約117.1万枚を抜き、集計初日における推定売上枚数の最高記録を更新した。シングルCDの初日のみでのミリオンセラー達成はAKB48にとって 「真夏のSounds good !」 以来5作ぶり、通算4作目となった。
これにより累積売上は約187.2万枚となり、「真夏のSounds good !」 が記録した約182.2万枚を抜き、AKB48自身のシングルにおける最高売上枚数を更新。AKB48は史上初のオリコン年間シングルチャート4連覇を達成した。



第2位 AKB48 恋するフォーチュンクッキー
 (2013年8月21日発売)
b0033699_415877.jpg

センターポジションは指原莉乃。発売前日デイリーシングルチャートで推定売上枚数約109.6万枚を記録し、初登場1位を記録。AKB48のシングルのミリオンセラー達成は 「桜の木になろう」 から13作連続・通算14作目で、13作連続はB'zと並ぶ歴代1位タイ、通算でもB'zにあと1作差と迫った。その後、同年9月2日付オリコン週間シングルチャートにおいて初登場で1位にランクインした。初週売上は約133.0万枚に達し、オリコンシングルチャート歴代5位(AKB48自身の選抜総選挙の投票権付きシングルを除いた場合は、同じく自身の「フライングゲット」 に次ぐ歴代2位)のセールスとなった。本作はチャートインし続けるロングセラー作品となっている。



第3位 AKB48 ハート・エレキ 
 (2013年10月30日発売)
b0033699_21101788.jpg

センターポジションは小嶋陽菜。発売前日デイリーシングルチャートにおいて、推定売上枚数約102.1万枚で初登場1位を記録。これにより集計初日のみでミリオンセラーを達成した。その後、同年11月11日付オリコン週間シングルチャートにおいて、初週売上枚数約120.4万枚で初登場1位を記録した。
AKB48のシングルの1位獲得は 「RIVER」 から20作連続・通算20作目となり、松田聖子、浜崎あゆみに続いて女性アーティスト史上3組目となる20作連続首位を達成した。



第4位 AKB48 So long ! (ソー・ロング)
 (2013年2月20日発売)
b0033699_21104612.jpg

センターポジションは渡辺麻友。デイリーシングルチャートで推定売上枚数約81.8万枚を記録し、初登場で1位にランクイン。 その後、同年3月4日付オリコン週間シングルチャートにおいて初登場で1位にランクインした。AKB48のシングルの1位獲得は 「RIVER」 から17作連続・通算17作目。初動売上は約103.6万枚となり、初動のみでミリオンセラーを達成した。AKB48のシングルがミリオンセラーを達成するのは 「桜の木になろう」 から11作連続、通算では12作目で、初動のみでの達成は 「Everyday、カチューシャ」 から10作連続となった。



第5位 EXILE EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜
 (2013年4月3日発売)
b0033699_2111168.jpg

発売前日シングルチャートで推定売上枚数約54.1万枚を記録し、初登場で1位となった。初動売上は約56.5万枚となり、EXILEのシングルの初動売上を7年4か月ぶりに最高記録を更新し(それまでの最高記録は「ただ…逢いたくて」の約25.4万枚)、初動売上だけでシングル最高売上記録を更新した(それまでのシングル最高売上は「ただ…逢いたくて」の約56.2万枚)。
今作は7月15日付のオリコン週間シングルチャートで 前週の178位から一気に2位に急上昇し、売上は約15.7万枚を記録。本シングルがこの週に記録した売上枚数は約11.2万枚であり、この週までの累積売上は約91.6万枚となった。週間シングルチャートで、累計売上が100万枚を突破。2001年9月のデビュー以来、グループ初のシングルにおけるミリオン達成を成し遂げた。AKB48以外のミリオン達成は秋川雅史の「千の風になって」以来、6年ぶり。2013年第55回日本レコード大賞を受賞。日本レコード大賞史上初となる4回の受賞を達成。



第6位  Calling/Breathless (コーリング/ブレスレス)
(2013年3月6日発売)
b0033699_21114468.jpg

オリコン週間シングルチャートにおいて初登場で1位にランクインした。同チャートにおける嵐のシングルの1位獲得は 「PIKA★★NCHI DOUBLE」 から29作連続、通算36作目。また、このシングルで連続首位獲得年数記録が10年となり、これは史上6組目の達成である。初動売上は約75.6万枚となった。
男性アーティストで初動売上70万枚を突破したのはKAT-TUN 「Real Face」 以来6年11か月ぶりとなり、嵐としては 「果てない空」 の約57.2万枚を抜いてシングルの初動売上の最高記録を更新する結果になった。また、本作のCD売り上げは自身最大ヒット曲の 「A・RA・SHI」 の次に高い。



第7位 SKE48 チョコの奴隷
(2013年1月30日発売)
b0033699_21121231.jpg

センターポジションは松井珠理奈。オリコン週間シングルチャートで初登場1位にランクインした。同チャートにおけるSKE48のシングルの1位獲得は7作連続・通算7作目。
初動売上は約53.9万枚となり、前作 「キスだって左利き」 (約51.1万枚) に続き50万枚を突破。女性アーティストでシングルの初動売上が2作連続で50万枚を突破するのは、宇多田ヒカル、浜崎あゆみ、AKB48に続く4組目 (女性グループに限ると2組目) となった。



第8位 SKE48 美しい稲妻
 (2013年7月17日発売)
b0033699_21123964.jpg

センターポジションは松井珠理奈と松井玲奈。オリコン週間シングルチャートにおいて初登場で1位にランクインした。同チャートにおけるSKE48のシングルの1位獲得は8作連続・通算8作目となった。初動売上は約51.1万枚となり、SKE48のシングルでは 「キスだって左利き」 から3作連続で初動売上が50万枚を突破した。シングルの2週連続1位はSKE48にとって初であり、SKE48の属するAKB48グループの関連シングルとしても初となった。累積売上は約60.5万枚に達した。



第9位 NMB48  僕らのユリイカ
 (2013年6月19日発売)
b0033699_21131089.jpg

センターポジションは山本彩。デイリーシングルチャートで推定売上枚数約42.1万枚を記録し、初登場で1位にランクインした。これにより、本作はNMB48のシングルにおける初日売上の最高記録を更新したほか、「ナギイチ」 で記録したNMB48の週間チャートにおける最高枚数である約37.6万枚も初日の時点で更新した。
オリコン週間シングルチャートにおいて初登場で1位にランクインした。同チャートにおけるNMB48のシングルの1位獲得は3作連続・通算6作目となり、デビューした2011年から続くシングルの連続1位獲得年数は3年になった。累積売上約45.1万枚を初動のみで更新した。そして、発売から約2ヶ月が経過チャートで5位に上昇した。



第10位  Endless Game (エンドレス・ゲーム)
 (2013年5月29日発売)
b0033699_21133570.jpg

オリコン週間シングルチャートにおいて初登場で1位にランクインした。嵐の1位獲得は 「PIKA★★NCHI DOUBLE」 から30作連続、通算37作目となり、B'z、KinKi Kids、Mr.Childrenに次いで史上4組目となる30作連続1位を達成したほか、通算1位獲得数でB'zに次ぎ浜崎あゆみと並ぶ歴代2位タイを記録した。初動売上は約47.8万枚。




[PR]

by cress30 | 2013-12-31 23:59 | ●年度別売上アルバム・シングル