昭和の名曲シリーズ 1


管理人独断の昭和から受け継がれる名曲シリーズ

由紀さおり ルームライト
1973年3月1日  ルームライト/それは季節のかわりめに
1973年3月にリリースされたこの曲は、由紀さおりの隠れた名曲。ただ作曲者の吉田拓郎が婦女暴行事件の疑惑で放送自粛に追い込まれた不運な曲。この他にも 『夜明けのスキャット』 『生きがい』 『両国橋』 などの名曲がある。
b0033699_8381547.jpg

b0033699_964484.jpgb0033699_993186.jpgb0033699_9133610.jpg



ふきのとう  白い冬
1974年9月21日  白い冬/夕暮れの街
ふきのとうのデビュー曲。1973年にコンテストに多数出場し、ヤマハ・ポピュラーソング・コンテストで 「夕暮れの街」 が北海道大会入賞。 1974年に 「白い冬」 でデビュー (「夕暮れの街」はB面に収録)。デビュー曲「白い冬」は大ヒットしたが、その後数年はなかなかヒットに恵まれなかった。1992年5月8日の北海道厚生年金会館でのコンサートを最後に18年間続いたグループを解散した。
d0022648_6465594.jpg




上田正樹  悲しい色やね ~OSAKA BAY BLUES
1982年10月21日 悲しい色やね~OSAKA BAY BLUES/イエローページは閉じて
発売直後は全く売れる気配がなかったが、1983年6月6日付で初のTOP20入りの後は週を追うごとにランクを上げて、7月11日付でTOP5入りを果たした。上田正樹の代表曲となった。元々はアルバム用の曲だったという。
d0022648_6445840.jpg




 H2O  想い出がいっぱい
1983年3月25日 想い出がいっぱい/0%の雨予報
大学在学中であった中沢堅司と赤塩正樹により1976年に結成。フジテレビ系アニメ 『みゆき』 エンディング曲で、この5枚目のシングルの大ヒットにより一躍知名度を上げた。
その後はヒット曲に恵まれず、1985年に8枚のシングルと4枚のアルバムを残し解散。B面は同アニメのオープニング曲。最高位6位まで上った。
d0022648_4505156.jpg




かまやつひろし  我が良き友よ
1975年2月5日 我が良き友よ/ゴロワーズを吸ったことがあるかい
吉田拓郎とのドュエット 『シンシア』 でヒットしたことが縁で拓郎が提供したこの曲はオリコン1位を獲得する。かまやつひろし自身でも最大のヒットで代表曲となっている。拓郎自身がレコード化したのは23年後のこととなる。
d0022648_6461397.jpg




モップス たどりついたらいつも雨ふり
1972年7月25日 たどりついたらいつも雨ふり/くるまとんぼ・アンドロメダ
この曲も吉田拓郎の作詞作曲。67年に結成したGSのモップスがニューミュージックに挑戦した傑作曲。メンバーだった星勝は井上陽水のアレンジャーでも有名。1974年5月に解散。
d0022648_4481478.jpg




GARO 学生街の喫茶店
1972年月20日 学生街の喫茶店/美しすぎて
b0033699_18492.jpgGAROの最大のヒット曲。リリース時は 「美しすぎて」 がA面、「学生街の喫茶店」 がB面だった。そのジャケ写が → のもの。
  「学生街の喫茶店」 が有線放送やラジオを中心に人気が出たため、1972年12月前後からジャケット写真はそのままに、学生街の喫茶店のタイトルが、目立つように変更されたジャケット盤に切り替えられていった。
オリコンヒットチャートで73年2月19日から4月2日まで7週連続で1位を獲得。73年年間ヒットチャートで第3位を記録。

d0022648_446783.jpg




泉谷しげる  春夏秋冬
1971年9月20日 春夏秋冬(ライブバージョン) /ひねくれ子守歌
春夏秋冬のスタジオ録音源は1972年4月25日リリースのセカンドアルバム 『春夏秋冬』 に初収録。代表曲となった。
シングルで発売されたこの曲は、同名アルバムの音源ではなく、「野音 唄の市」 のライブバージョンでキャニオンからシングル化された。理由は、エレック関係者が 「アルバムの音源はシングル化の予定はない」 と言われている。後になって代表曲となるという皮肉な結果となった。
泉谷しげる 公式サイト
d0022648_4391259.jpg




はしだのりひことクライマックス  花嫁
1971年1月10日 花嫁/この道
はしだのりひこは、ザ・フォーク・クルセダース解散後、シューベルツで、「風」 のヒット曲を生み出した。が、メンバーの事故死をきっかけに解散。マヨネーズの坂庭省悟、藤沢ミエ、中嶋陽二と、クライマックスを結成。「花嫁」 をリリース。記憶に残る名曲となった。クライマックスで 「ふたりだけの旅」 「この胸に」 「沈黙」 とリリース。花嫁のヒットには及ばなかったがどの曲も名曲と言える。
d0022648_755546.jpg


b0033699_20265824.jpgb0033699_20255414.jpgb0033699_20273995.jpg



はしだのりひことエンドレス  嫁ぐ日

b0033699_1735995.jpg

1973年3月05日  嫁ぐ日/霜の音
メンバーは、はしだのりひこ、林竹洋子、和泉常寛、北村謙。エンドレスは、『嫁ぐ日』 の他に 『ひとり/明日の色は』 、『初恋物語/青春は涙の旅』 『時は魔法使い/海はきらいさ』 の3枚のシングルをリリースしたが 『嫁ぐ日』 のスマッシュ以外は低迷したまま解散となった。林竹洋子は解散後、ソロ歌手として活動した。
b0033699_17371485.jpgb0033699_17373299.jpgb0033699_1737535.jpg



来生たかお  Goodbye Day
1981年5月21日 Goodbye Day/ちょっと、ドギマギ
フジテレビ系ドラマ 『愛のホットライン』 主題歌。この曲の次のシングルが薬師丸ひろ子主演の 「セーラー服と機関銃」 の主題歌だが、『Goodbye Day』 は隠れた名曲として人気が高い。
b0033699_13351723.jpg




風  22才の別れ
1975年2月5日 22才の別れ/約束しようよ  
伊勢正三が伝説のグループ かぐや姫時代の1974年の 『三階建の詩』 でアルバムリリースした曲で解散後 「風」 を結成した際のデビューシングル。風の最大のヒット曲として歌い継がれている名曲。
d0022648_4351099.jpg



谷村新司  昴
1980年4月1日 昴/ What love is
アリスの活動と並行して、ソロ活動でリリースした谷村新司セカンドシングル。NHK紅白歌合戦では出場歴16回で5度選曲されている。
b0033699_13542468.jpg




欧陽菲菲  ラヴ・イズ・オーヴァー
1982年9月1日 ラヴ・イズ・オーヴァー/ラヴ・イズ・オーヴァー(カラオケ)
b0033699_18223051.jpg元々 『ラヴ・イズ・オーヴァー』 は、1979年7月発売の 「うわさのディスコ・クィーン」 のB面曲だった。 【そのジャケ写が→のもの】
欧陽菲菲本人が 「これはいい曲」 とコンサート等で唄い続けていた。1982年9月にポリドールがジャケットを一新して、A面曲として再発したものがこれ。
翌年の1983年に徐々に人気をはくし、ヒットチャート入りを果たした大ヒット曲となった。

欧陽菲菲 公式ページ
d0022648_4244265.jpg




因幡 晃  わかれ
1976年2月25日 因幡 晃 わかれ/夏
1975年、第10回ヤマハポピュラーソングコンテストに 『わかって下さい』 で出場し最優秀曲賞を受賞。また、第6回世界歌謡祭にて入賞。因幡 晃のデビュー曲で大ヒット。
d0022648_4451750.jpg



坂本スミ子 夜が明けて
1971年10月21日  夜が明けて/待ちわびて
1971年にリリースされたこの曲は、坂本スミ子の代表作。CBSソニーに移籍第一弾だったが耳に残る名曲と言える。この他にも 『たそがけの御堂筋』 『浮雲』 『離婚』 などの名曲もある。歌手で女優の石井聖子は娘。
b0033699_19362328.jpg

b0033699_1947161.jpgb0033699_19482868.jpgb0033699_19461587.jpg



及川 恒平  面影橋から

b0033699_17425176.jpg

1973年9月25日  面影橋から/忘れたお話
初発表は小室等と六文銭時代のライブバージョンだが、このシングルはソロになってから2枚目のスタジオバージョン。ソロ初シングルの 「雨が降りそうだなあ/何もしてあげられないよ」 や 「東京暮色/初めの頃」 坂本龍一、山下達郎、大貫妙子を迎えた 「懐かしいくらし/リエのこと」 と隠れた名曲も多い。活動休止後テニスのインストラクターに転職。近年ふたたびライヴ活動再開。ニューミュージックの先駆け的な叙情性をたたえた詞を、優しげなヴォーカルで表現している。
b0033699_17502743.jpgb0033699_17511475.jpgb0033699_17513961.jpg


ウイッシュ  御案内

b0033699_19432217.jpg

1972年9月1日  御案内/風はきまぐれ
1972年9月 「御案内」 がヤマハ主催ポプコンで入賞しレコードデビュー。74年に二年間で解散するが4枚のシングル 【★ 73.4.25 旅に出てみたら/私は風船 ★ 74..2.05 今は悲しいけれど/待ちぼうけ★ 74.6.05 六月の子守唄/そんなあなたが】 と2枚のLPをリリースした。
姉の礼子はヴォーカル講師として指導中。妹幸子は広告関係の会社に勤務の傍らヴォイストレーニングを続け、イベント企画・プロデュースと活躍中。
b0033699_19442498.jpgb0033699_19445236.jpgb0033699_1945152.jpg



次のページ ↓ ↓ ↓ へ
[PR]

by cress30 | 2006-09-13 21:30 | ◎昭和の名曲

<< 岡林信康 全アナログシングル    昭和の名曲シリーズ2 >>